風邪を引くと、体にさまざまな症状が出ます。頭が痛いというのも、風邪の主な症状の1つです。ただでさえ風邪で体が辛いのに、頭痛まであると、動くのがとても大変ですよね。

風邪を引くと、なぜ頭痛が起きるのでしょうか。また、この頭痛にはどのように対処をすれば良いのでしょうか。

風邪の時に起こる頭痛

風邪の時に起こる症状には、頭痛の他にも発熱や鼻水、咳、痰、吐き気、腹痛など、さまざまなものがあります。この中でも頭痛は比較的症状を和らげやすいものだと言えます。風邪の時に頭が痛くなる原因は、いくつか考えられます。

まずは、発熱が原因で頭が痛くなるパターンです。これは、発熱すると血管が広がり、高温の血液を全身に送ろうとする身体のはたらきが始まるのですが、この血液の流れにより、神経が刺激されたり、筋肉が緊張したりするため、頭痛が起こります。

発熱すると、関節が痛いのもこのはたらきによるものです。ちなみに、この発熱はウイルスや細菌から自分を守ろうとする身体の防衛機能により起こる現象です。鼻づまりがひどくて、頭痛が起こる場合もあります。

これは、鼻づまりを起こしている部分の炎症が目や前頭部にまで響いてしまうパターンです。また、鼻づまりによって呼吸が乱れることも、頭痛を引き起こす要因ともなり得ます。

風邪を引いたときに、一時的に自律神経が乱れてしまうのも、頭痛の原因です。風邪を引いているときは、自律神経は交感神経という活動をつかさどる神経の方が優位になります。

そのため、ずっと交感神経がはたらいてしまうために、自律神経が乱れてしまうのです。このように、風邪の状態というのは、あらゆる方面から頭痛になりやすいと言えます。

風邪で頭が痛いときの対処法1:冷やす

風邪を引いているときの頭痛はどのように対処をしたらいいのでしょうか。まずは、痛む部分を冷やしましょう。通常時の頭痛は、冷やすことがおすすめできないタイプの頭痛もあるのですが、風邪のときの頭痛というのは、血管の拡張が原因になっているので、冷やすことで血管を収縮でき、頭痛が和らぎます。

痛みを感じる部分にアイスノンなどを当ててください。特に発熱時には、これが効果的です。このときに、痛む部分だけを冷やすということを心がけましょう。別の場所にまでアイスノンを当ててしまうと、風邪による寒気を増長しますし、ウイルスや細菌が繁殖しやすい状況を作ってしまいます。

風邪で頭が痛いときの対処法2:よく寝る

風邪で頭痛がするときは、しっかり睡眠をとることが重要です。よく寝ていれば、頭が痛いという症状だけではなく、他の症状も改善されます。

寝ている間に熱が下がって、頭痛も消えていたり、鼻づまりも和らいでそれに伴って頭痛もなくなるという風に、頭痛を引き起こしている原因自体が改善されます。ぐっすりよく寝ることは、風邪を治すためにも必要なことなのです。

風邪で頭が痛いときの対処法3:薬を飲む

とりあえず、頭の痛みだけでも取り除きたいという方には、消炎鎮痛剤を服用することをおすすめします。消炎鎮痛剤とは、ロキソニンなどのお薬のことです。

ただし、市販の風邪薬をすでに飲んでしまっている場合には、消炎鎮痛剤の服用はやめておきましょう。もしも、併用したい場合は、医師や薬剤師の指示のもとに行ってください。思わぬ副作用が出てしまうおそれがあるからです。

風邪で頭が痛いときの対処法4:マッサージをする

風邪のときの頭痛の中でも、首や肩が緊張してしまっている場合の頭痛におすすめなのは、マッサージです。体が辛ければ寝た態勢のままで構いませんから、肩や首を優しくマッサージして緊張をほぐしましょう。

痛めてしまわないように、強くマッサージをするのは控えてください。すぐに頭痛が消えたりはしませんが、この後寝ていれば、頭痛が軽減しているでしょう。

おすすめの記事