「ロキソニン」という鎮痛剤をご存知でしょうか。これは、頭痛薬として用いられる、かなり名の知れている鎮痛剤で、医療機関の他、ドラッグストアなどでも手にいれることができます。

ドラッグストアでは、頭痛薬として販売されているロキソニンですが、本当に頭痛に効果はあるのでしょうか。ここでは、この「ロキソニン」について、その効果などをご紹介していきます。

ロキソニンは頭痛に効く?

頭が痛いというとき、頭痛薬をすぐ飲むという方は多いでしょう。ドラッグストアには、さまざまな頭痛薬が販売されています。ロキソニンも、その中の1つです。

ロキソニンの成分は「ロキソプロフェンナトリウム」と言います。これは、痛みをしずめ、腫れや炎症、熱を抑える効果がある成分です。そういった効果から、医療機関で消炎鎮痛剤として処方されることも多く、ロキソニン配合の湿布なんていうものもあります。

結論としては、ロキソニンはあらゆる痛みに効果を発揮するお薬で、もちろん頭痛にも効果があるお薬です。効きも良く、頭痛だけではなく、さまざまな痛みに効果があるため、高熱で体の節々に痛みがある場合や、整理中に生理痛で苦しんでいる場合などにも、服用可能です。

ただし、他の薬と併用する場合には、医師の指導のもと服用しなければなりません。また、15歳未満の子どもは服用できませんから、例え子どもが頭痛を訴えたとしても、飲ませてはいけません。

ロキソニンがよく効く頭痛と効かない頭痛

前述のとおり、ロキソニンは頭が痛いときの特効薬と言えるほどに、よく効くお薬なのですが、全く頭痛が消えない場合もあります。それは、ロキソニンが効く頭痛と効かない頭痛の種類があるからです。ロキソニンがとてもよく効くタイプの頭痛は、緊張型頭痛など、一般的な頭痛です。

これは、緊張方頭痛が肩こりや首のこりなどの筋肉の緊張から引き起こされるためです。ロキソニンの消炎作用は、こういったタイプの頭痛によく効きます。ですが、逆に偏頭痛にはほとんど効果がありません。これは、偏頭痛が血管の拡張によって引き起こされる頭痛で、ロキソニンには血管を収縮させるような効果はないからです。

そのため、偏頭痛を抱えている方は、偏頭痛に効くようなお薬を服用しなければなりません。ですから、特に普通の頭痛と偏頭痛どちらもよく起こるという方は、自分の症状を観察して、ロキソニンが適切な薬であるかどうかを判断しなければなりません。

なぜロキソニンが良いのか

ロキソニンは、頭痛持ちにはとても評判の良い薬ですが、これは一体なぜなのでしょうか。答えは、ロキソニンのバランスの良さにあります。ロキソニンの他にも、全く別のタイプの鎮痛剤は存在しています。しかし、それらのほとんどがロキソニンより効きが弱いか、副作用が強く出るかという性質を持っています。

ロキソニンは副作用の少ないお薬で、飲み合わせが出来る薬も多いため、飲みやすいお薬でもあります。そういうわけで、ロキソニンは医療機関でも処方されることが多いのです。

ロキソニンを飲む時の注意

ロキソニンは確かに服用しやすく、頭が痛いときにもよく効くお薬です。ですが、注意しなければならない点もあります。まず1つはロキソニンは、胃にとても悪いということです。ですから、空っぽの胃にロキソニンを入れることは避けておきましょう。どうしてもその必要があるなら、医療機関で飲み合わせ可能な胃薬を紹介してもらってください。

また、ロキソニンを飲んで頭痛が引かないからといって、安易に他のタイプの頭痛薬を飲むのもやめておいてください。少なくとも6時間は時間を空けましょう。ロキソニンには、飲み合わせの相性が悪い頭痛薬がありますが、これを一緒に飲むのは危険です。どうしてもその必要がある場合は、必ず医師や薬剤師の方に相談するようにしてください。

おすすめの記事