頭が痛いときには、頭痛薬が大活躍してくれます。特に頭痛持ちであるという方は、頭痛薬が手放せないという方も多いでしょう。頭痛薬にはたくさんの種類がありますから、どれを選んでいいか迷ってしまいますよね。ここでは頭が痛いときに飲むと良い薬について、特徴をまとめてみました。

ロキソニン(ロキソプロフェンナトリウム)

医療現場でも使用頻度の高い、痛みによく効くお薬である「ロキソニン」は、以前は市販で購入はできないお薬でした。現在では市販薬としても販売されています。

痛みによく効くため、頭痛薬としてだけではなく、生理痛や手術後の痛み、関節痛、筋肉痛などにも用いられます。欠点は、胃に悪いというところでしょう。そのため、病院では胃薬と一緒に処方されることもあります。

市販薬を購入する場合は、飲み合わせを薬剤師の方に訊いたりして胃薬も購入しましょう。胃薬を飲まない場合でも、空腹時に使用することはなるべく避けるようにしてください。

頭痛のときにロキソニンは本当に効くの?

イブプロフェン

イブプロフェンは、古くから頭痛薬として流通している薬です。イブプロフェンがふくまれている頭痛薬には、イブ、ナロンエースなどがあります。ロキソニンが胃に悪いことが気になる、もしくはロキソニンがあまり効かないという場合は、イブプロフェンを使用してみましょう。

ただし、イブプロフェンも胃に優しいわけではないので、空腹時の使用はおすすめできません。海外でも広く流通しているお薬ですから、海外に行っても手に入りやすいことも特徴です。抗炎症作用が強いので、頭痛の他になんらかの炎症がある場合にも、おすすめです。

注意点としては、イブプロフェンは服用すると眠気が出てしまうこともあります。そのため、車の運転をするときや精密機器を扱う際にはおすすめできません。そういったことをする必要が日常的にある方は、別の頭痛薬を使用しましょう。

アスピリン

アスピリンは、鎮痛剤の中でも世界的に歴史の古い薬です。アスピリンが配合されている薬で一番有名なのは、みなさんご存知のバファリンです。効き目の強さは、ロキソニンやイブプロフェンほどではありませんが、その分胃に優しくできています。そのため、胃が弱い方には一番おすすめできるお薬です。

効き目は弱いのですが、そもそも元々薬が効きやすい方、日常的に薬を飲むことがあまりない方には、十分な効力を発揮します。胃が弱い方は一度は試してみてもいいでしょう。ただし、アスピリンは喘息がある方には危険な薬す。喘息の方はアスピリン系の薬は避けるようにしましょう。また、15歳未満の方も使用禁止です。

市販薬VS病院から処方された薬

市販薬でも、病院で処方される薬でも、鎮痛剤なら頭痛に効き目はあります。ですが、市販薬は病院処方の薬よりも、効き目が弱い傾向にあります。病院に行って薬を処方してもらうのであれば、頭痛についても診察を受けることになりますから、自分の頭痛タイプに合った薬を処方してもらえるでしょう。

わざわざ自分に合った薬をあれこれと探す必要もありません。たまに頭が痛いことがある、生理の時に頭痛と生理痛を抑えたいということでしたら、市販薬を使っても問題ないでしょう。

頭が痛い時におすすめの市販薬まとめ

しかし、頭痛の程度がひどく、頻繁な場合は、一度は病院に行って診察を受け、症状に合った薬を処方してもらうことをおすすめします。ひょっとすると、その頭痛はただの頭痛ではなく、何かの病気の症状として出ているかもしれません。そういった場合は市販薬を飲み続けていても、意味はありません。

忙しくて病院に行く暇がないときには、とりあえず市販薬。それで治らないようなら病院で診察を受ける・・・という風に対処できれば安心です。

また、15歳未満の子どもに対しては、市販薬を使うよりも、病院で薬を処方してもらった方が安全ですから、市販薬はなるべく避けましょう。

おすすめの記事