常にストレスを感じているという方は、昨今少なくないですよね。私たちの体は、ストレスからの影響をとても受けやすく、ストレスがたまると体のさまざまな機能に不具合が出たりします。

頭が痛いという症状は、その中でもメジャーなものの1つです。ストレスで頭が痛くなったとき、どういう風に対処をしたらいいのでしょうか。

とりあえず痛みを緩和する

何らかのストレス下にあるとき、頻繁に起こる頭痛に悩まされることがあります。それが強い頭痛ではなかったとしても、頻繁に起こると厄介なことには変わりありません。

ストレスからくる頭痛は、頭痛の原因となっているストレスを解消することで改善できるのですが、ストレスというのはすぐに解消できるものではありませんから、それに伴って、頭痛も長引いてしまうでしょう。

そして、その頭が痛いという症状がまたストレスになってしまったりします。ストレス下にあるときに、さらなるストレスがかかることを防ぐためにも、とりあえず痛みを取るというのは非常に有効です。

このときに頼りになるのが市販でも購入可能な頭痛薬たちです。とりあえず、頭が痛いと感じたら、頭痛薬を飲めば、その後長時間頭痛に悩まされることはありません。ですから、仕事をしたり、友達と遊んだり、勉強をしたりということも快適に行うことができます。

ただし、頭痛のタイプや体質によって効く頭痛薬とそうではない頭痛薬があります。そのため、購入した頭痛薬が効かないという場合、他のタイプの頭痛薬を試してみるか、医療機関に相談して頭痛のタイプに合った薬を処方してもらう必要があります。

自分の体質や頭痛タイプにあった頭痛薬を見つけることができれば、それをいつもお守りのように持ち歩いていれば、頭が痛いことで感じるストレスからは逃れることが可能です。

全身ストレッチやマッサージをする

ストレス下にあるとき、私たちの体は緊張してしまっています。知らないうちに体に力が入っていたりして、筋肉が疲労しやすい状態です。そうすると、緊張型頭痛という頭痛が起こりやすくなってしまいます。緊張型頭痛は、筋肉の疲労や緊張、コリを改善することで解消することが可能です。

また、血行をよくすることも頭痛の改善につながります。ですから、ストレス下にあるときに頭痛がよく起こるのであれば、全身ストレッチを日課にしたり、気づいた時に肩をまわしたり、優しくマッサージするようにしましょう。特にストレッチは、リラックス効果もあり、ストレス解消にも一役買っています。

根本的なストレスを解決する

今あなたがストレスを感じているのであれば、その原因を探ってみましょう。そして、原因がわかったら、なるべくそれと関わらなければ、ストレスは軽減するでしょう。ですから、可能であればストレスの原因から距離をとるようにしましょう。

とはいえ、ストレスの原因が仕事や学校であったりすると、なかなかそういうわけにもいきません。そういった場合は、1日の中で心身ともにリラックスできる時間を、最低1度は作るようにしてください。心が疲れきっている場合は、軽い運動も効果的です。

リラックスの方法はさまざまですが、なるべく何も考えないということが重要です。座ってぼーっとしたり、リラックス効果のある音楽を聴いたりするのもいいでしょう。お風呂にゆっくりとつかることは、血行促進の効果もありますから、特におすすめです。

そのときに重要なのは、ストレスの原因となっていることについて、なるべく考えないということです。せっかくのリラックスタイムにまでそのことについて考えてしまうと、ストレス発散にはなりません。

ストレスとうまく付き合っていくことで、ストレスからくる頭痛は改善できます。そのうち薬も飲まなくていいようになりますから、気長に改善を目指しましょう。

おすすめの記事