日常的にタバコを吸う方は、喉の痛みを感じやすいかもしれません。喫煙者の方で、日常的に咳をしている方も多いですよね。そういったことから見られるように、タバコは喉に悪影響を及ぼします。では何故、タバコはよくないのでしょうか。

ここでは、タバコが喉に与えるダメージについて掘り下げていきましょう。

タバコを吸うと喉が痛くなる原因

タバコの煙は有害な化学物質で出来ていると言っても過言ではありません。その有害な化学物質の種類は、200を超えると言われています。この体にとても悪い有害な化学物質を長期間吸い続けていると、当然喉にはよくありません。タバコの煙は、喉の粘膜を傷つけたり汚したりします。特にヘビースモーカーの方は喉の不快感を感じやすいのではないでしょうか。

タバコの煙は前述のとおり有害物質が多量に含まれているため、喉や気管支などに炎症を起こしやすくなります。ひどくなると、慢性気管支炎を引き起こすこともあります。こうなってしまうと、常に咳や痰が出るという症状が起こるでしょう。

また、タバコの煙で喉の粘膜が弱ると、風邪なども引きやすくなります。喫煙者の方は、風邪を引きやすいという方も少なくないでしょう。

喉の痛みを和らげるために

タバコの影響で喉が痛くなることが多い方は、タバコを止めれば症状は次第に改善されていきます。特に、常に喉が痛く咳や痰が出るというような方は、禁煙をするべきです。

どうしてもタバコを止めたくないという場合でも、1日に吸う量を減らすことで症状を緩和することができます。

喉に違和感や不快感があるときにはタバコを吸わないことも重要です。殆どの方は喉に不快感がある程度ならタバコを吸ってしまうのではないでしょうか。違和感や不快感があるとき、確実に喉は弱っている状態ですから、そんな時に喉を痛めつけるようなことをしてはいけません。

受動喫煙について

タバコを吸う方が理解しておかなければならないことの1つに、受動喫煙はとても有害だということがあります。

喉の痛みのことで言うと、タバコは周りの方々の喉も傷つけることがあります。特に風邪を引いている方なんかだと、例え少しだけしか近くにいなかったとしても、喉の痛みを訴える可能性は十分にあります。

非喫煙者の前ではあまりタバコを吸わないようにするのは、タバコを吸う方のマナーでしょう。特に、抵抗力の弱い子供や高齢者、風邪などの体調不良を訴えている方々の前では、絶対にタバコを吸わないようにするべきです。

喉の痛みの原因と対処法 | 喉が痛い時に見るサイト


おすすめの記事