40歳を超える頃から、老眼が始まる方が出てきます。一般的には、遠視だったり視力が良い方の方が早く老眼の症状が出ると言われています。老眼になると、それまで見えていたものが見えなくなるため、目が疲れやすくなります。

それに伴い頭が痛くなることもあるのです。老眼で頭が痛くなったときには、どう対処をすればいいのでしょうか。

老眼とは

老眼は老化に伴って現れる体の症状です。小さな文字が読みづらくなったり、近くのものが見えづらくなったりして、細かい作業が困難になります。

老眼の方は、虫眼鏡を使って新聞紙を読んだりしますが、老眼鏡での視力矯正も可能です。高齢者向けの携帯電話やスマホの文字が大きいのは、老眼に配慮しているからです。

老眼で頭が痛くなる理由

老眼になると、見えないものを見ようとしてしまって、目が疲れてしまいます。また、老眼はあらゆる目の機能が低下し、血流も悪くなってしまった状態です。血流が悪いことも、眼精疲労につながります。その目の疲労から、頭痛が引き起こされるため、老眼によって頭痛持ちになってしまったという方もいるのです。

老眼状態で、無理に目を使ってしまうと、若い方よりもずっと眼精疲労が発生しやすくなります。それに伴い頭痛も生じてしまいますから、老眼の方は、若い方よりも目を休めるということを意識しなければなりません。

老眼による頭痛を予防する

前述のとおり、老眼とは頭が痛くなりやすい状態です。ですから、老眼になってしまった方は、意識して気をつけることで頭痛を予防できます。まずは、パソコンやスマホの画面を長時間継続して見続けることは避けましょう。少なくとも1時間に1回は休憩を入れ、目を温めて休ませたり、全身のストレッチをして疲れをほぐしましょう。

見えづらい状況で目を使うことは、目の疲労だけではなく、筋肉疲労もたまってしまいますから、全身ストレッチが有効なのです。

また、何かの作業中に、どうも見えづらいということであれば、虫眼鏡や老眼鏡を使って、見えやすい状況を作るようにしましょう。見えづらいのに無理矢理見続けることは得策ではありません。

無理をしないということが、一番の頭痛予防策になります。老眼鏡を持っていない方は、小さい字をどうしても見なければならなかったり、細かい作業をする場合には、老眼鏡を使うといいでしょう。

すでに近眼でメガネを使用している方にも、遠近両用メガネというものがあります。はじめのうちは、見え方に慣れずに大変かもしれませんが、慣れてしまえば快適になるでしょう。

頭が痛くなったら

老眼の影響で頭痛が起こってしまったら、とりあえず目を休めるようにしましょう。光の刺激も目を疲れさせてしまいます。特に白い光は目が疲れやすいですから、暖色系の光に照明を切り替えるか、間接照明などを用いて、暗めの環境を作りましょう。

目は、横になってホットアイマスクなどで温めると、楽になります。可能であれば、一眠りすると起きた時には頭痛が解消されているでしょう。ゆっくり休むことができない場合でも、5分くらいは目を使わない時間を取れると、負担が小さくなります。

目をつぶって休むことができない場合は、鎮痛剤の服用も考えましょう。ただし、目の疲れから頭痛が起きている場合、鎮痛剤を飲んでも根本的な目の疲れという問題は解消されないかもしれません。ですから、前述の予防策も併せて行う事をおすすめします。

目の周りのマッサージ、首や肩のストレッチも効果的です。目の疲労は、首や肩の凝りを誘発しがちで、その影響で頭が痛くなることもあります。首や肩を動かしても、違和感がなかったり、頭痛が増幅するような感じがしないなら、首や肩まわりの筋肉をほぐすと、頭痛がやわらいでいきます。

おすすめの記事