生理痛で一番多いのが耐え難いお腹の腹痛です。この腹痛は本来の生理ではないものですが、多くの方が悩む痛みの原因になっています。耐え難い痛みを実は生活習慣の中で増やしていることで、症状が悪化しているケースがほとんどなのです。今回はそんな、腹痛の原因とその対策を中心に紹介します。

そもそも生理の痛みの原因ってなんだろう?

生理痛の原因は大きく2つが関係しています。まずは、生理になった時に子宮内膜と血液を排出する機構が働きます。人間の子宮内膜は、一ヶ月ごとに新しいものにする必要があるので、一回の排卵につき、新しい子宮内膜を用意する必要があります。また子宮内膜と共に血液も含まれます。

この子宮内膜と血液の排出が上手く行かないと痛みの原因になります。これは子宮と子宮周辺の筋肉が収縮する必要があるためです。

他には、体内に痛みを増強させるプロスタグランジンが多くあることで痛みが増強します。生理痛は本来の子宮内膜と血液の排出がうまく行かず、痛みを増強させる物質があることで発生し、子宮の他に、胃や小腸があるため、周辺全体に痛みが走ることで腹痛となるのです。

生理痛の腹痛をひどくさせている原因―血流の悪化―

生理痛の腹痛の原因で一番の要因であり、なおかつ、あらゆる意味でもひどい症状の原因になっているのが血流の悪化です。生理にとって血流の悪化は、まさに腹痛自体をひどくさせていることになります。腹痛が原因の理由に血流の悪化が非常に関係している理由は以下の2点です。

  • 子宮内膜と血液の粘性が上がる
  • 体温が下がる

最初に記載した「子宮内膜と血液の粘性が上がる」は、人間の生理痛の腹痛の症状が非常に悪化すると言っても過言ではないのです。人間の血液の粘性が上がるということは、子宮内膜と血液が子宮内から出にくい環境となっています。

人間の子宮は生理の時に、一定の厚さまで、子宮内膜の厚さを戻す必要があります。その状態になるために、人間の子宮は力を入れて押し出す必要があると言うわけです。その押し出す力が強ければ強いほど、周辺の筋肉や臓器を巻き込んだ痛みの原因になります。故に、生理痛の症状が必然的に悪化するという訳です。

ですから、生理痛の腹痛の症状を改善するにはこのような血液の粘性を下げることが大きな前提になります。次の要因の「体温が下がる」は更に深刻です。

人間の血液の粘性が上がるだけではなくて、子宮周辺の筋肉の動きも非常に悪くなってしまいます。その為、こわばりが生じるので無理やり収縮するようになってしまうのです。故に、生理痛の症状が悪化してしまいます。また血流も悪くなってしまうので、注意が必要になります。

生理痛の腹痛の原因―プロスタグランジンー

プロスタグランジンは痛みの原因を更に酷くする物質です。人間の体の体内には、ホルモン等を含む様々な伝達物質があります。その中でもプロスタグランジンという物質は、痛みを増強させる効果がある成分です。

日本人は昔は生理痛に悩まされることはあまりないと言われてきました。その一因が食事と関係しています。日本人の昔の食事は、プロスタグランジンが増える要因と言われている、飽和脂肪酸が多く入っている食事をあまり摂らないとされてきたためです。この飽和脂肪酸とは、肉類を指します。

加えて、飽和脂肪酸が入っている食事を多く食べることで症状が悪化するのです。バターやゼラチンも飽和脂肪酸が多く入っているもので、普通に食べるインスタント食品には必ずと言っていいほど入っています。

飽和脂肪酸はプロスタグランジンの材料になるので、多く摂取することで、生理痛をより酷くする物質が豊富に入っていると言うわけです。故に、プロスタグランジンが多くなることで、腹痛がひどくなります。

冷やさない、油物を食べないが基本腹痛の対策

生理痛の腹痛の対策には、まずは冷やさないことが大切です。下半身や腰回りと言った箇所の血流がひどくなることで症状が悪化します。その為、その周辺の体を温めることが非常に大切なことです。制服等によって調整ができない場合でも、腹巻きやホッカイロ、ストールと言ったアイテムを使用して、冷やさないことが大切になります。

また、体を温める効果がある物を飲むことも大切なポイントです。注意点は、カフェインは体を温めるよりも冷やす効果があることと、水分を飲んだ以上に排出するので、血流の悪化の原因になるので避けることが大切です。

油物に関しては、生理直前、生理中は避けましょう。一番痛みが酷いとされている1日~2日目で摂取を避けることで症状を大幅に改善することが出来ます。

その状態で薬を服用することで、症状が軽くなったり、吐き気の危険性も減らす事が出来ます。薬の痛み止めが弱いと嘆く前に、生活習慣を見直すことで、腹痛を防ぐことができるのです。

おすすめの記事