生理痛で悩んでいる人は、飽和脂肪酸の摂取が多いことで、症状の悪化の原因になっているケースがあります。飽和脂肪酸は生理痛の敵であり、摂取をすることで生理痛の悪化の原因になっています。摂取をなるべく減らすことで改善をすることが可能です。今回は、飽和脂肪酸の摂取を減らす方法やポイントを紹介します。

飽和脂肪酸は生理痛の敵

生理痛の原因に過剰な飽和脂肪酸の摂取によって痛みがきつく発生しています。飽和脂肪酸は生理痛の中でも体を冷やすと同等にやってはいない方法なのです。

飽和脂肪酸は、陸上動物の肉類に含まれている脂肪酸で、この脂肪酸は人間の血液の粘性をあげてしまう作用があります。中性脂肪と言った言葉を聞いたことは無いでしょうか?過剰にあることで、血液自体の粘性が上がってしまうのです。生理の場合は子宮内膜と血液の排出の期間です。この時の血液の粘性が上がることで、生理痛が発生してしまうのです。

更に、飽和脂肪酸はプロスタグランジンという物質の材料になります。プロスタグランジンは人間の情報伝達に関わる物質ですが、過剰に存在すると人間の体の信号を多く伝わってしまいます。

プロスタグランジンは痛みの信号の伝達に関わっており、特に疼痛に関して強い信号にする特徴があります。プロスタグランジンの材料が飽和脂肪酸なので、多量の摂取があると生理痛の痛みを更に強くしてしまうのです。ですから、飽和脂肪酸の摂取はなるべく避けるのが賢明なのです。

生理痛対策の為にいつから摂取を控えたら良いの?

飽和脂肪酸が含まれている食材は多くあります。食べるのを避けようとしたらかなりの労力です。インスタント品はもちろんお菓子にも含まれているため、年中避けるには限度があります。飽和脂肪酸の摂取を避けたほうが良いとされている時期は、排卵が終わった時期から、行うのが良いとされています。

人間のエストロゲンが減少すると人間の体内の飽和脂肪酸を分解する機構に劣化が発生するためです。その為、同じ量の食事をしていても、体内に多くの飽和脂肪酸が残ることで、生理痛の発生の原因になるプロスタグランジンの材料がある状態を減らすことが出来ます。

また、高温期はプロゲステロンの影響で、体内の水分や脂肪がつきやすい時期とされています。この時期に飽和脂肪酸の摂取量を減らすことで、生理痛対策だけではなくてダイエットの対策にもなります。人間の体で、妊娠した際の体の準備をしているので、必然的に太りやすくなるのです。

毎日、基礎体温を測っている場合は、排卵が終わって生理直前の3日前から量をへらすことで、生理痛の症状をかなり緩和することが可能です。

飽和脂肪酸が入っている食べ物

飽和脂肪酸を避けるには、入っている食べ物の種類を知って避けることがポイントです。では入っているものを簡単に列挙し紹介します。まずは肉類です。肉類に含まれている脂肪酸は、飽和脂肪酸です。生理の時、肉類を食べると吐き気がしたり、痛みがひどくなる原因はまさにこれが関係していると言っても過言では無いでしょう。脂肪の部分を退けたとしても、筋肉の部分に脂が入っているので、生理の当日には食べないほうが良いのです。

次に、揚げ物で使用した油です。植物の油や魚の油は不飽和脂肪酸と言って、人間の血液をサラサラにする効果があります。ですから、逆に摂取することで、生理痛の緩和効果があります。しかし、調理で過度の熱を加えてしまうと飽和脂肪酸になってしまいます。特に、揚げ物の場合は酸化力が強く、多量の飽和脂肪酸が生成してしまうので、生理痛がひどくなってしまいます。

更に、注意すべきはお菓子類です。飽和脂肪酸の油のバター、組に含まれているゼラチンは元は飽和脂肪酸の宝庫になります。生理の時食欲が無いからとうっかり食べてしまうと症状が悪化するので、避けることで生理痛の悪化の対策になります。

生理痛の時飽和脂肪酸が入っていないオススメの食べ物

生理痛がひどい時に食べたい飽和脂肪酸が入っていたい食べ物を紹介します。まずは和食です。特に、鮭の焼き魚やお茶漬けと言ったさらっと食べることができるものが一番生理痛にいい食べ物といえます。理由は飽和脂肪酸が少なく、血流を良くする要素が多く含まれているためです。
体を冷さず、飽和脂肪酸が入っている食材を避けることがポイントになります。インスタント食品の場合は、裏の表記を見て、動物のエキス配合の場合は、肉類のエキスが入っていない商品を選ぶことが大切です。

辛くてインスタントで済ませたい場合は、豆腐やわかめと言った海鮮系のエキス中心の味噌汁の元を選ぶと飽和脂肪酸が入っていない食事を選ぶことが出来ます。外食の場合は、お寿司がおすすめです。ただし、あがりはお湯にすることが大切です。カフェインを摂取することで、生理痛がひどくなるケースがあります。

おすすめの記事