生理が始まっていないにもかかわらず、生理痛のような重い痛みに悩む人が実際にいます。この症状はどのような体調不調が原因なのでしょうか?今回は妊娠初期に発生する生理痛のような痛みと妊娠の関係に関して解りやすく解説します。

生理と、妊娠は女性の一大イベント

最初に、妊娠初期の痛みの原因ではなくて、生理と妊娠はどうして似たような症状が起こりやすいのかを解説します。

生理と妊娠の大きな共通点は、女性ホルモンが著しく変化するという事実です。妊娠をすることによって女性ホルモンのバランスが大きく乱れるようになります。生理も妊娠もエストロゲンの量が著しく減少する傾向があり、エストロゲンが分泌が減ることで体調不調の原因になるのです。

女性にとって、この大幅なホルモンの分泌の変化によって、体の変化が起こりやすくなり、エストロゲンが共に減少する傾向があるので、似たような症状が発生しやすくなるのです。

通常の女性の体の状態を維持するホルモンの変化によって、不調や違和感が現れるのは、普通であり神経質にさほどなることでは無いのです。むしろ、あることで自分の体の状態を知ることが出来ます。

妊娠初期はどの地点を指すのか?そして妊娠した初期の症状は?

妊娠初期とは、受精卵が着床して2週間ぐらいの時期から2~3ヶ月のいわば安定期の手前までの時期を指します。ここではいわば、産婦人科に行く前に、生理が来ないからどうしてかなと気づき始めるぐらいの時期の症状と違和感に関して解説します。

この時期は、ホルモンが大幅に変化する時期でもあるので、様々な体の不調が発生しやすい時期なのです。先程紹介した、エストロゲンの量が減少し、減少状態が、一週間以上続くようになります。通常の月経なら分泌量が増えても良い頃に戻らないと言った特徴があるのです。

妊娠初期は、更に妊娠の状態を維持するためのホルモンが大幅に分泌されるようになります。その為、いつもと同じ食事をしても太りやすくなったり、体の不調が発生しやすくなるのもこのためです。

更年期障害のような、体のだるさ、いらいら、のぼせと言った症状も発生することもあります。人によって妊娠初期の体調不調は様々ですが、一番辛いとされているのが生理痛のような痛みが続くケースです。この場合は日数が続くこともあり、ひどい場合には生活に支障をきたすので、病院に行くことも大切になります。

生理痛のような痛みが妊娠判明前にある時の体とは?

生理痛のような痛みが妊娠発覚前にある場合は、人間の体ではどのようになっているのでしょうか?解りやすく言うと、妊娠になったことで、人間の子宮の筋肉や周辺組織に大きな変化が現れるようになります。

それは、人間の女性の体が持つ、受精をした卵子が寄り育ちやすい環境を整えなければならないと子宮が大きくなろうとすることで周辺臓器が圧迫されたりすることが発生するためです。

ですが、この痛みは、一時的な物であることが多く、お腹の過剰な張りや重さ、生理になったときのような症状の程度であり、薬を飲まなくても済む程度の場合は、心配することはありません。また、睡眠不足やストレスによって、お腹の違和感の症状がひどく感じる、胃腸の調子が悪くなって下腹部に違和感があると言ったケースもあります。

妊娠したてで人間の体が適応していると考えて、適度な睡眠を取りつつ、ストレスが無いようにすれば安心して過ごすことが出来ます。しかし、病院に行くレベルや妊娠の2~3ヶ月の時にこのような痛みが続く場合は状況が違うので必ず病院に行くのが賢明です。

2~3ヶ月期の初期の生理痛のような痛みには注意

2~3ヶ月期の妊娠初期に生理痛のような痛みがある場合には注意が必要です。この時期に生理痛のような痛み、下腹部の疼痛がある場合は早急に病院に行くようにしてください。

痛みがあるから平気ではなくて、妊娠が維持できない状態になっている可能性があります。実は生理痛は、子宮の中の子宮内膜や血液を体外に出す効果があります。収縮して、子宮内の血液と子宮内膜を出すのが目的なのです。これが妊娠初期に発生する場合は、流産の可能性があります。流産の時の子宮の収縮と生理痛の時の子宮の収縮は同じ部位の筋肉を使います。そのため、少しだけなら大丈夫と言っても大事になるケースが有るのです。

流産も一度の痛みで流産になるわけではなくて、だんだん強い痛みになっていって、流産になるケースが殆どです。つまり、妊娠の2~3ヶ月期に生理痛のような痛みがある、そこまでなくても長時間ズキズキした感覚があるというあ場合は早急な対処が必要な事があります。流産はバランスを崩したり、刺激があると発生すると思われがちですが、体の違和感を無視したことによって発生する件数も実は多いのです。
大切な命を守るためにも、早めの対処と的確な処置が非常に重要とされています。

おすすめの記事