腹痛には、女性にしか現れない種類の腹痛というものがあります。代表的なのは、月経中に起こる月経痛ですが、その他にも考えられる原因はさまざまです。

女性は腹痛に慣れていて、少々腹痛を感じたくらいでは月経前かと放置しがちですが、それは危険なことかもしれません。ここでは心配する必要の無いものから危険なものまで、女性特有の腹痛の原因についてまとめてみました。特によくお腹が痛くなる方や、生理中でもないのに腹痛を感じる女性必見です。

女性特有の腹痛の原因

月経前、月経中、排卵期の下腹部痛

前述の通り、月経前や月経中にはお腹が痛くなる女性は多いですが、これに関しては耐えられる痛みであったり、痛み止めでどうにかなる場合は特に心配する必要はありません。

冷えると痛みが酷くなりますから、お腹をあっためるようにしておきましょう。また、月経前や月経中の他に排卵期にも下腹部にちくちくとした痛みを感じる事がある方もいらっしゃるようです。排卵期に下腹部痛を感じても、原因が思い当たらず不思議に思うかもしれませんが、日頃から自分の月経・排卵周期をチェックしておけば安心ですね。

子宮内膜炎

下腹部痛の他に不正出血や、月経血量が増加したりなどの症状がある場合は、その腹痛の原因は子宮内膜炎かもしれません。いつもより月経痛が酷い場合も、その原因として子宮内膜炎が考えられます。

女性はストレスで不正出血をしたりするので、経験がある方はストレスが原因かと判断してしまうかもしれませんが、不正出血をした時は産婦人科で診てもらった方が無難でしょう。

子宮内膜炎は放っておくと不妊の原因になることもあるので、将来的に妊娠を望んでいるのなら早めに発見し、治療することが重要です。

子宮筋腫

子宮筋腫はよく聞く病気なのでは無いでしょうか。小さいものであれば経過観察を行い、特に治療などはされませんが、あまりに大きい場合には切除の手術が必要となります。

時期を問わず下腹部痛があったり、月経痛が酷い、血量が多い、どんどん症状が重くなるなどの症状がある場合は注意が必要です。

卵巣腫瘍

卵巣腫瘍は無症状の場合がとても多いのですが、下腹部痛・腹部膨満感なども症状としてみられます。その他に便秘や頻尿なども症状として挙げられます。

それらの症状は、便秘の症状と似ていますから解り辛いかもしれません。これについては、日頃から定期健康診断をちゃんと受けておく事が重要でしょう。

上記の他にも、女性特有の子宮や卵巣、骨盤などの病気が原因の下腹部痛は存在します。また、子宮外妊娠などでも激しい下腹部痛を感じる事があります。

さすがにそこまでの激しいお腹の痛みを放置することはないでしょうけれど、いずれにしても普段と少しでも違う症状が現れたら、産婦人科での検査を受ける事をおすすめします。

お腹痛いけど生理が来ない時の原因

予定どおりであれば生理が来てもよさそうで、お腹も痛いのに何日経ってもなかなか生理がこない・・・そんな経験をしたことがあるでしょうか。

そんな時に考えられる理由をまとめてみました。そういう事態に陥った時に、適切に対処ができるように予習しておきましょう。

超妊娠初期症状かも・・・

生理痛のような痛みを感じるのに一向に生理が来ない場合、真っ先に考えられるのが妊娠です。妊娠の初期症状は生理前のそれととても良く似ているので、超初期であれば生理と誤解してしまう人も少なくありません。

大体性交後から2週間で生理痛のような痛みが起こる場合があります。生理開始の予定日を1週間過ぎても生理が来ないようであれば、妊娠検査薬などで一度検査をしてみましょう。そのまま産婦人科に直行されても勿論問題ありません。

生理不順

生理前のような症状が続くのに、生理がこなく、そして妊娠でもない場合は生理不順です。女性の体はとてもデリケートですから、強いストレスなどを感じた時に、そういうことが起こる場合もあります。

ストレスなどの影響で排卵が遅れた場合は、排卵痛を生理痛と誤解してしまう場合もあるでしょう。産婦人科での検査の結果、生理不順であるということになれば、生理を起こすホルモン剤が処方されることもあります。

生理不順も1度や2度位であればそんなに大きな問題ではありませんから、薬に抵抗がある方は、まずは生理不順になった原因の方をどうにかするといいでしょう。

生理が来ないのに生理前症状が続いて辛い・・・といった場合には、思いきってホルモン剤を飲んでみる事をおすすめします。副作用などはしっかりと医師に聞いて、理解しておきましょう。

何か他の病気の可能性も・・・

生理前や生理予定日以降に下腹部痛を感じると、殆どの方が生理を連想されると思います。ですが、下腹部には他の臓器もありますし、その痛みが生理とは関係ない可能性も十分に有り得ます。

たまたま何かの病気から起こるお腹の痛みと、生理前が重なってしまうと、なかなか病気に気づけない場合もありますから、どうも何か違うかも?と少しでも思ったら、取り敢えずは病院に行ってみては如何でしょうか。

まとめ

あまり生理を気にして待ちすぎると、生理前症状によりお腹は痛いのに、却って生理が来ないまま・・・ということも有り得ます。望まない妊娠を恐れている場合にもそういうことはあります。

心配するより、さっさと産婦人科に行く事でそういう心配からくる不調も解決しますから、生理が来ないと悩んだときは、産婦人科に行くのが一番の解決策と言えるのではないでしょうか。

おすすめの記事