生理前にもお腹が痛くなるという女性もいらっしゃるでしょう。生理中であれば理解もできますが、何故生理前にも生理痛のような痛みが起こるのでしょうか。また、生理痛のような痛み以外にも胃痛や下痢のような腹痛を感じる方もいらっしゃるようです。

また、生理前に痛みが起こったら、どう対処するべきなのでしょう。ここでは、生理前の腹痛の原因とその対処法をご紹介します。

生理前の腹痛はPMSが原因

PMSという言葉をご存知でしょうか。日本語では月経前症候群といい、月経前に起こる体や心の不調の総称です。殆どの女性が経験したことがあるのではないでしょうか。

PMSはホルモンの影響により起こるのですが、その症状の中に胃痛や下腹部痛が含まれます。また、生理中に分泌されるホルモンもPMSと深く関わっており、そのホルモンの作用の中に子宮を収縮させる働きがあるようです。

月経血が出てなくても、体は生理になっている場合もあり、そのホルモンの子宮を収縮させる作用で、生理前にも生理痛を感じることもあるようです。

生理前の腹痛への対処法

PMSを起こさないことで、その殆どが予防できます。PMSの予防は毎回PMSが起きる方ではなかなか難しいかもしれませんが、ストレスや生活習慣の乱れがとても深く関わっているようです。

日頃からストレスを溜めず、健康的な食生活と睡眠などで体の調子を整えておく事が大事です。それでもどうしても生理前にお腹が痛くなってしまったらどうしたらいいのでしょうか。

まずはお腹を冷やさない事が重要です。胃痛であっても、下痢の痛みであっても、生理痛であっても、冷えは一番よくありません。痛みを感じたら、まずは痛いところとその周辺を暖めることから始めましょう。

胃痛を感じている場合は、消化の良い胃に優しい食べ物を食べましょう。食欲がないのなら、スープなど食べやすいものがいいでしょう。生理中はとても体力を使いますから、生理前は食べれるなら食べた方が生理中の体調不良の予防にもなります。

下痢のような痛みがある場合は、本当に下痢ではない限りは暖めておく位でいいでしょう。生理前は多くの方がどちらかというと便秘になりやすいですから、便秘からくる腹痛の可能性もあります。そういう場合は出せればいいのですが、そうもいかない場合は、おなかのマッサージをしてみましょう。お腹を「の」の字になでる程度でいいでしょう。

生理中の時のような痛みがあるのでしたら、生理痛の時と同じ対処法が有効です。お腹を暖める他に、ストレッチをしたり、お腹の締め付けを緩めたりしてみましょう。

生理痛でお腹が痛い時の原因と対処法

毎月来る生理痛に苦しめられている女性は少なくないでしょう。痛み止めで抑えられるときはまだいいですが、痛み止めがなかなか効かなかったり、効くまで時間がかかったりする時に、少しでも痛みを緩和できたらいいですよね。

また、薬を飲むのがそもそも嫌いな方は、薬を飲まなくても痛みが酷くならないようにしたいとお思いでしょう。どうすれば、あの痛みが和らぐのでしょうか。

お腹周りを温かくする

お腹を冷やすと、生理痛は酷くなります。冷え性の方は特に気をつけた方がいいでしょう。お腹や腰回りはなるべくあっためるように、そして夏でも生理中は極端に冷たいものを飲んだり、クーラーをガンガンに効かせるようなことをしない方がいいでしょう。

冬でしたら、カイロやヒートテックの下着などを使ってお腹周りは冷やさないようにすることで、生理痛を緩和できます。

お腹を締め付けるものは身につけない

生理痛があるときに、お腹を締め付けるようなものを身につけていると、もっとお腹が痛くなるでしょう。制服などで仕方ない場合もありますが、その場合でも座っている間はボタンを外す等して、お腹の締め付けを緩めることで、生理痛がよくなる場合もあります。

ストレッチをする

ヨガのポーズで、生理痛を緩和するようなポーズがあります。外出中には難しいと思いますが、そのポーズをとることで、骨盤や腰周りの緊張がほぐれ、生理痛が緩和されます。

一番おすすめなのはバタフライポーズといって、両足の裏をくっつけあぐらに近い状態で座り、両手で足を押さえたまま前に倒れるだけ倒れる・・・というポーズなのですが、これがとても生理痛に効きます。

恐らく生理痛があるときは、骨盤や股関節が緊張してしまい、それがより痛みを増加しているのではないでしょうか。その他にも生理痛に効くストレッチやヨガポーズがありますから、興味があればインターネットで検索してみましょう。「ヨガ ポーズ 生理痛」のように検索すれば、沢山でてくるでしょう。

横になってゆっくりする

可能であれば、生理痛が酷いときは横になれたほうがいいでしょう。座っていると腰のだるさも増すでしょうし、痛くて辛いのに無理をすることはありません。

特に仕事が体力的にハードだったりする場合は、休んでしまってもいいのではないでしょうか。無理をするともっと酷くなることもありますから、生理で辛い時はお腹をさすりながら横になってゆっくりできるのが一番いいでしょう。

まとめ

色々な対処をしても生理痛が我慢出来ない程酷い場合は、子宮関連の病気の可能性もありますから、いつもと違うお腹の痛みを感じたら、産婦人科での検査を受けるようにしてください。

おすすめの記事