生理痛で多いのはみんなも自分と同じぐらいの痛さだと思い、生理痛を我慢しすぎているケースです。仕事に支障や生活に問題が出ている場合は病院に行くべきなのです。今回は、そんな生理痛で病院に行くケースとその必要性に関して紹介します。

生理痛で病院に行かない理由

生理痛程度で病院に行かないと思っている人がいます。生理痛は、みんな持っているし、痛みなんてと油断している人が多く、病院に行くべき痛みなのか判断が出来ない事になります。また、市販薬でも生理痛に効果がある薬剤の販売によっても行かないで済むと考えている人も多いのが現状です。

その為、生理痛は生理痛薬で問題は無いと考えている人が多く、行かなくても平気と考えてしまっている人が実際には多くいます。生理は、人間の子宮組織の健康状態のバロメーターです。その為、生理痛がある、ひどいという場合は病院に行くべきなのです。

特に行くべき人は、生理によってひどい貧血や動くのが困難な程の痛みがある場合、自己流で我慢をしないことが大切です。

生理痛で病院に行く目安と注意点―出血量・血の形状-

生理痛で病人に行く目安は、出血量が大きな関係を持っています。人間の体の中にある血液量ですが、この出血が人よりも酷いケースがあります。これは、出血過多の状態を指し、生理の中でも異常な部類になります。

出血量が多いということは子宮内膜の箇所が増えている可能性があり、子宮内膜症という病気の危険性があります。これは、本来の子宮内膜じゃない箇所に、子宮内膜みたいに剥がれが発生する症状になります。この場合は、痛みも激しいのが特徴ですが、気づかないケースが多いのです。

理由は症状が徐々に進行するため、血液量が異常水域になっている自体気付かないケースが多く、病院に行った時には症状が悪化している事があります。

一日目、二日目の出血量が多いのも大きな問題点です。これは急激な出血によって貧血になるケースも多く、出血量が多い場合は仕事に支障をきたします。一度病院での診察をすることが大切になります。

知っておいて欲しいのは、一日の出血量が大型の27cmのナプキンを使用して一時間で真っ赤になってしまう場合は、出血過多をみなす目安になります。その為、同様の出血量がある場合は病院に行くことが賢明になります。また、塊があるのも注意点で、本来の子宮の機能が維持できていない可能性もあるのです。

生理痛の痛さが異常

異常な生理痛の痛み、これも病院に行く理由になります。ですが、病院に行くレベルとはどれくらいのレベルを指すのでしょうか?

生理痛の場合で病院に行くレベルは、ロキソニンが効果がない場合の強い疼痛です。本来人間の生理に生理痛はありません。痛みの原因は血流の悪化や冷え性、また、血液の質の低下に夜、痛みによって発生します。その為、痛みが発生してもアセトアミノフェンといった、弱い力価の痛み止めでも効果があるはずなのです。

ロキソニンは現状、販売している使用している医薬品の中でも、非常に効果が高いとされている痛み止めになります。この痛み止め以上の痛み止めは現在販売されていない状態であり、非常に強力な痛み止めです。

この痛み止めを服用しても効果が無いという事は何が起こっているのか?本来の生理とはかけ離れた痛みが発生している可能性があります。つまり、子宮の病気の危険性があるのです。

また、ロキソニンを飲んでも消えない疼痛の場合は、体質の改善レベルでは無い異常の発生の可能性があり、症状によっては早急な手術が必要なレベルになります。ですから、痛み止めを以前から飲んでいたが、ロキソニンに使用しても止まらないレベルは赤信号レベルなのです。

痛み止めの使用の頻度が増えたり、より強いものを使用するようになった場合は、病院に行く症状のレベルになっている事が多いのです。

生理痛で病院に行くメリット

生理痛で病院に行くと大きなメリットがあります。そのメリットを解りやすく解説します。まずは、原因が判ることによるストレスの改善です。実は生理痛の症状は人間の持っているストレスも大きな関係を持っています。ストレスがあると人間の体の血流がひどくなります。

その為、必然的に経血の排出がひどくなります。診察されることによって、症状の改善の為の方法や痛みの原因を知ることで症状を改善することができるのです。また、効果が高い薬剤を、三割で処方してもらえるというメリットもあります。医師の処方箋が無いと処方できない薬剤も使用できるので、とても効果があります。

特に生理痛の改善に効果があるとされているピルの処方は、現在日本の場合は、病院での処方が必要になります。そして、自分が気づかない生理痛の症状の悪化の生活習慣や要因も判るのでとても大きなメリットが有るのです。我慢をせずに症状がひどい場合は行くことを勧めます。

おすすめの記事