下痢とそれによる腹痛に吐き気まで感じたら、多くは単なる食あたりを疑うことでしょう。しかしそれは「感染性胃腸炎」かもしれません。

「感染性胃腸炎」とは、ウィルスや細菌などが原因となり、下痢・吐き気・腹痛などを引き起こす病気です。あまり聞き慣れない病気かもしれませんが、以下にその種類や原因、治療法などをまとめてみました。

感染性胃腸炎の種類

ウィルス性のものと細菌性のものに分かれており、ウィルス性はロタウィルス、ノロウィルスなどで夏場よりも冬場に多く見受けられます。細菌性のものは、サルモネラ菌、病原性大腸菌、腸炎ビブリオなどがあり、ウィルス性のものとは逆に主に夏場に見受けられます。

主な症状

症状としては、上述の下痢・吐き気・腹痛などの他に、発熱や全身倦怠感などの症状も見られます。激しい下痢を伴う場合も多いのですが、血便も見られることもあります。ノロウィルスなどで見られる水様便、所謂「水下痢」の症状がある場合には、脱水症状にも注意が必要です。

また、発熱に関しては高熱になる場合もあります。ウィルス性のものでは、咳・鼻水など風邪のような症状を併発する場合もあります。

感染経路

ロタウィルスは経口感染です。手指についた病原微生物が口から侵入した際などに感染します。ノロウィルスで代表的な物は、生牡蠣やホタテ貝などの二枚貝からの感染でしょう。食べ物や調理人の手などを介して感染します。

また、ノロウィルスに侵された糞便を触った手でドアノブなどを触り、そのドアノブを介し、家族へ感染するということも見受けられます。細菌性では、食品に付着した細菌により感染するものなので、人から人への感染はそれほどではありません。

治療方法

ウィルス性の場合は、有効な抗ウィルス薬がないため、対症療法が主となります。細菌性では抗生物質の投与により、治療が行われます。対症療法とは、吐き気に対しては吐き気止め、下痢に対しては下痢止め・・・といったように、それぞれの症状に対して薬を投与されることです。

強い下痢止めよりは整腸剤などの方が勧められています。通常は3、4日で自然に治癒しますので、症状が治まるまでは安静にし、脱水症状に対する対策のみを行うまでにしておいても問題ありません。但し、老人や幼児などでは重篤化するおそれがあるため、注意が必要です。

治療中の飲食について

腹痛があるうちは基本的に絶食となります。脱水症状などの予防の為に、ポカリスエットなどのスポーツドリンクを少量ずつ飲むといいでしょう。お腹を冷やすと腹痛が悪化するおそれがある為、温度は室温にしておきましょう。

水分も飲めない位の嘔吐や吐き気がある場合は、病院での点滴が必要です。胃腸に刺激があったり、消化に悪い飲み物は避けましょう。

症状が少し落ち着いて来たら、おかゆや具が小さいスープ、うどんやヨーグルトなどで栄養補給をしましょう。寛解後暫く落ち着くまでは、胃腸に刺激のある食べ物は避けた方がいいでしょう。

お腹の痛みと下痢が続く時に考えられる4つの疾患

毎日お腹が痛くて下痢をしている方、不安だけど病院に行く時間がないと放置してはいませんか?若しくは、お腹の痛みがそこまでひどくなければ、「たかが下痢」だとか「そういう体質だ」と思って大して気にしていない場合もあるかもしれません。

しかし、毎日腹痛と下痢が続く場合は、やはり一度検査をしてみることをおすすめします。そういった場合に考えられる疾患をご紹介しましょう。

過敏性腸症候群

過敏性腸症候群は、腹痛関連のトピックではよく聞く疾患でしょう。自律神経失調症の一種であると考えられており、症状にはさまざまなものがありますが、その中に毎日のように下痢をするという症状もあります。

その症状が、過敏性腸症候群によるものでしたら、重篤な疾患ではありませんので命の心配することはありません。ただ、完治がし辛く、症状も日々感じるでしょうから、徐々にストレスがたまっていくことは否めません。そのストレスが別の病気に発展することも十分考えられますし、やはり快適な日々を過ごすためには治療は必要と言えるでしょう。

潰瘍性大腸炎

毎日継続して下痢をする場合、潰瘍性大腸炎であることも考えられます。潰瘍性大腸炎とは、大腸に慢性の炎症、潰瘍、びらんなどが出来る病気です。主な症状は血便で、その他には発熱や吐き気・嘔吐、貧血などもあります。

症状が殆どない寛解期もあるので、比較的軽症の場合はその寛解期に慢性下痢が治ったと思ってしまうかもしれません。血便があることが多いため、病院には行かれる方が多いでしょうが、稀に血便に気づかない場合もあるでしょうから、下痢が続く時には要注意です。

クローン病

クローン病とは小腸や大腸などに炎症を起こし、びらんや潰瘍などができる疾患のことです。腹痛や下痢の他に、発熱、全身倦怠感なども症状として挙げられます。下痢の他になんだか怠い気がする・・・という方は要注意です。

潰瘍性大腸炎と似ている気もしますが、炎症が起こる可能性があるのが消化管全体(口腔から校門まで)という点が異なります。原因はまだはっきりと解明されていませんが、薬物療法や食事療法が必要となり、また継続した治療が必要です。

大腸がん

腹痛がないか若しくは軽いものの、毎日下痢をしているという方は、大腸がんの可能性があります。大腸がんは部位により症状が異なりますが、直腸がんの場合に強い便意と下痢という症状が出ます。

大腸がんは初期ではなかなか自覚症状がないため、症状として出て来た時には進行している場合もあります。なるべく早くがんを発見するためには、このような症状が出始めたらすぐにでも検査を受けるべきでしょう。

おすすめの記事