下痢の症状がウィルスや病気によるものではなく、ストレスや不規則な生活習慣のために引き起こされている場合は、ツボをマッサージすることも対策になります。

ツボマッサージは、身体の調子を整える効果がありますので、下記でご紹介する下痢に効くツボ以外のツボも、調べてみると面白いかもしれません。

取り敢えずここでは、下痢の時や腹痛がある時にマッサージすると良いツボと基本的なマッサージ方法をまとめてみました。

下痢や腹痛に効くおすすめのツボ

下痢に効くツボ

下記のツボは、下痢の症状があるときにその症状を緩和させる効果があります。

関元(かんげん)

おへそから約9センチ下がったところ。

天枢(てんすう)

おへその両側の、左右それぞれ指1本分離れたところ。

梁丘(りょうきゅう)

両ひざのお皿の外側の上角から上に約6センチの部分。

裏内庭(うらないてい)

足の裏の、人差し指と中指の付け根の間の、少し膨れている部分。

下痢点(げりてん)

手の甲の中指と薬指の骨の付け根の少し上くらい。押すと痛みを感じるので、押して探すといいでしょう。

腹痛、胃痛に効くツボ

下記のツボは、お腹が痛いときに痛みを和らげる効果があります。また、胃痛にも効くようです。

中かん(ちゅうかん)

へそとみぞおちの真ん中あたり。息を吐きながら押し込んでください。

合谷(ごうこく)

手の甲の親指と人差し指の骨の付け根部分から少し外側。押す時は強く長めに刺激してください。

足三里(あしさんり)

向こうずねの縁の少し外側。親指をすねに当てたときに小指が当たる部分。親指の先で強くすり込むように押し込んでください。

下痢の原因を改善するツボ

冷えや暴飲暴食などが原因の場合

温溜(おんる)・・・ひじを直角に曲げた時にできる皺と手首の親指側にある骨の中間。腹部の血や気のめぐりが滞っている場合に、それを改善するツボです。

ストレスが原因の場合

上巨虚(じょうこきょ)・・・前述の「足三里」というツボから、指3本分下に位置する。ストレスなどの神経性の腹痛を感じている場合、このツボが腫れていることもあります。両手の親指でマッサージをしてください。

ツボマッサージの仕方

ツボの位置が解ったら、そこをぐっと3~5秒指圧し、離す・・・というのを3分程度繰り返すのが基本的なツボマッサージのやり方です。ツボそれぞれに効果的なマッサージの方法もありますが、基本は上記のようにマッサージをすれば効果を得られるでしょう。

ツボマッサージは確かに効果的なのですが、ツボだけでは下痢はすぐに回復・・・とは残念ながらなりません。ツボ以外の下痢対策も同時に行うことをおすすめします。また、症状が長く続く場合はツボだけに頼らず、病院に行き検査を受けるようにしましょう。

おすすめの記事