生理痛はサプリで改善することが出来ます。正しい、知識を使えば、生理痛を改善することができるのです。サプリを使用することで、生理痛の原因になっている要因を改善する事が出来ます。今回はそんなサプリと生理痛の関係と、オススメすべきサプリを紹介します。

サプリで何故生理痛が改善できるのか?

最初にサプリでどうして生理痛が改善することができるのでしょうか?それは、人間の生理痛が発生する要因を取り除くことができるからです。

生理痛薬みたいに即効性が無いものの、痛みを改善することは可能になります。それはゆっくりであるものの、痛みの発生原因になる栄養の偏りを取り除くことができるので、必然的に改善につながるのです。

知ってほしいのは、自分の今の体質にあったサプリを使用することが大切であり、生理痛があるからといって、すべての人が一律にこれを飲めばいいという理由では無いのです。そして、飲んだからといって効果がある理由では無いので、適量を守ることが大切です。

摂取したいサプリー貧血対策系―

生理痛を改善するサプリの栄養素の種類として、まずあげたいのが貧血対策に効果があるビタミンが多いサプリです。

このサプリの特徴は、飲むことによって造血細胞の効果を活性化する、元ある血球の骨組みになるための対策にもなると言った特徴があります。入っている栄養分で多いのが、鉄分・銅・亜鉛と言ったミネラルを含むものです。

実は、生理痛が悪化する原因に貧血の症状があります。貧血になると必然的に生理痛の症状が悪化するようになります。その要因に、血液の量が減少することで、必然的に子宮に供給される血液の量が著しく減少します。減少することで子宮周辺の温度が低くなってしまうので、必然的に冷え性になりやすくなってしまうのです。

冷え性になると、子宮周辺の血流が悪くなり生理痛の症状が悪化します。そして、生理による出血によって更に、貧血がひどくなるというスパイラルになりかねないのです。故に、貧血がある場合は生理痛の症状が悪化すると言えるのです。

つまり、生理痛の症状がある場合は痛みの症状の改善が不可欠であり、注意が必要になります。そして、知っておくべき理由に、生理痛の症状が悪化する要因として、貧血を考えていない人が多いので、生理の3~4日以降も体がフラフラする人は普段から貧血の傾向があるので、対策も踏まえて貧血対策のサプリの摂取が非常に有効なのです。

血管の系を広くするビタミンをサプリで摂取

生理痛の症状を改善するものとして、知っておきたいのが人間の血管の系を拡げるビタミンを摂取することも改善につながるポイントになります。

人間の毛細血管の幅自体が必要以上に狭い場合は、人間の体の末端まで十分な血液を運ぶ必要があるのですが、この機能が低下していると血行不良になります。

生理が重く、普段から血流が悪い症状がある場合はまさに、その症状がひどく悪化している事が原因で血行不調となっているので、血管の系を広くするビタミンを摂取することはとても大切なメリットになります。

摂取すべきビタミンはビタミンEやマグネシウムです。この2つはそれぞれ別のメカニズムで、血管の系をひろくして血流をより良くする効果があります。

ビタミンEは毛細血管の筋肉を柔らかくする効果を持っているので、必然的に症状の改善につながりやすいのが大きな特徴になります。冷え性に効果があるとされているビタミンで有名なので、他の体の不調にも効果があるビタミンなのです。

マグネシウムの場合は、人間の神経の過度な緊張を取り除く効果があります。毛細血管の径が狭い場合は必然的に、体の過剰な緊張が原因になっています。この緊張を取り除く効果があり、偏頭痛にも効果があるのが大きな特徴なのです。

サプリは薬と併用ができる

生理痛の改善につながるサプリは基本的に薬と効果をダブることが無いので、薬で症状を緩和している間でも使用することが出来ます。

生理痛の症状が改善しないと思っていても、薬と併用してみたら良くなったというケースも実際にあります。それは、飲み続けていることによって薬でカバーできるだけの体質になったと考えても良いのです。

つまり飲み続けるということは、その分人間の体を根本から良くする効果があるので、摂取をしっかりすることは大切です。

ただし、数日で効果を出そうとビタミンを摂取する量を急激に増やしてもあまり良いことがありません。こつこつしっかり治すこの根本を忘れずに、サプリと賢く付き合っていくことが何よりも大切な点になります。

病気等の治療をしている場合は、服用する前に相談することが大切です。サプリでも減弱をする薬剤があるため、確認をする必要があります。

それ以外は賢く付き合えば遭うほど、生理痛の改善の効果があるのがサプリなのです。

おすすめの記事