生理痛を引き起こしたことによって吐き気の原因になることがあります。実は、生理痛には吐き気の原因になることはありません。吐き気の症状の原因を知れば、その発生の頻度や症状も緩和することが出来ます。今回は、知っておきたい生理痛の吐き気の原因を解説します。

意外に多い生理痛で吐き気になる女性

生理の時にいつも吐き気がする、胃の調子が悪い、食欲がないという症状は生理と一見関係ないと思っている人が現在多く見られます。その為、生理の対策をしないで、単なる吐き気の対策を中心に行ってしまうので、症状が悪化する人も少なくないのが現状です。

生理の時は実は、体の不調によって、胃腸の調子が悪くなりがちになります。その為、吐き気の症状が発生しやすくなるのです。故に、生理で吐き気がある場合は、普通の対策ではその症状を緩和することが出来ません。生理の吐き気に対しては、それ専用の吐き気の対策をすることが大切です。

生理痛がある時期の空腹はNG!

生理痛がある時吐き気がある場合、良くやりがちな対策として、多いのがその時期だけ食事を抜くと言った方法です。胃の中に吐く原因になる食べ物が入っていない場合は、吐き気を催すきっかけになるものがないので、対策になると思っている人も少なくないようです。

また、飲み物ですまそうとする人も実際にいますが、この対策の方法は吐き気の対策にはならないのです。吐き気の対策に有効ではあるものの、この対策をしてしまった場合は、貧血の原因になります。

貧血の症状がひどい場合は、人間の活動自体が損なわれ、場合によっては意識不明になる可能性も否めないのが現状です。ですから、生理痛がある場合は、空腹はとても危険な行為であり、吐き気対策としても取るべき方法ではないのです。

正しい知識を知って、吐き気がある場合は生理になる数日前から体質を整える等、必要になります。

生理痛が吐き気を引き起こす理由

生理痛が吐き気を引き起こす理由は、生理痛を引き起こす神経の信号と、人間の嚥下や消化に関わる神経伝達と密接な関係があります。

生理痛が起こっている場合は、人間の子宮と子宮周辺の筋肉が一気に収縮する事によって発生します。人間の子宮周辺には、多くの臓器があります。子宮の上には、小腸や胃と言った消化に関わる臓器があります。この周辺の筋肉も巻き込んで収縮してしまうので、生理痛が発生すると、その臓器を潰す形で収縮が起こるのです。

臓器を潰すほど収縮が起こると、人間の体は、自分の体内の胃や小腸に十分なスペースがない、そのため、食べ物を入れる制限を行います。もしくは、入っている食料を外に出すといった方法を取るようになります。生理痛の場合は、生理が始まる前は正常であるものの、はじまった途端に、収縮が始まるので、急激な臓器内の食べ物を出す必要があるため、結果として吐き気の原因になるのです。

また、生理痛の痛みの信号が、胃や小腸に伝わると、食べる事自体が痛みを増強させる原因にもなるので、プロスタグランジンの分泌が多くなるので、強い吐き気の原因になります。人間の体を不快にさせない防御機構が働くことによって、吐き気が発生するのです。

知っておくべき吐き気の対策

生理痛が発生することによって吐き気を引き起こすのは、強い子宮周辺の筋肉と子宮の収縮が原因と言いました。その為吐き気を引き起こします。その対策を取るために必要なのは2つ手段があります。

最初の手段は、収縮しても食べ物を吐き出す分入っていなければ、吐き気を引き起こすことはありません。生理があるときや基礎体温で日にちのめどが付く場合は、その周辺の食事の量を少し減らすと言った方法を取ることで吐き気を減らすことが出来ます。

同時に、胃や腸が潰れていても消化がし易い食べ物を食べるのも、吐き気の対策になるのです。吐き気の対策や、痛みを弱くさせる対策のために油物を食べる方向を避けて、和食を中心とした出汁が多く含まれている物を食べることも食事による、生理痛の対策にもなります。

次に、薬によって吐き気の対策になります。ここで注意してほしいのが、生理痛によって発生するので、普通の吐き気用の薬では効果がないのです。吐き気の原因はあくまで、子宮周辺の筋肉の収縮によって発生します。ですから、生理の時にこの収縮を弱くすれば改善することが出来ます。

一番効果があるのは、腹痛の時の収縮による腹痛の薬の成分のブスコパンという成分が効果があります。ブスコパンは通常のプロスタグランジンによる痛みの増強を弱める生理痛薬には入っていないのです。もし、痛み止めを使用しつつ服用する場合は、ブスコパンを別に購入するか、エルペインと言った配合されている薬剤を服用することで、吐き気の対策になります。

ブスコパンは市販薬で、ドラックストアでも販売しており通常の生理痛薬で効果がないという人におすすめです。

おすすめの記事