PMSは女性の生理前に発生する不快感をさし、人によっては性格が変わるほどの症状の変化になります。そしてなかなかその苦しみや症状に関して理解されず悩む人も多いのが現状です。今回は、PMSの症状に関して解りやすく解説します。加えて、自分がなっている可能性があった場合は的確に対処することが大切です。

PMSとは何なのか?

PMSは最近病気として治療の必要がされる、女性の特有の生理前の体の不調全般を指します。
今まで認知されてこなかったのは、傷や急性の病気ではなく、目に見える疾患でも無いため、心身的なその人の問題と位置づけられてきました。

しかし、現在うつ病含む心身的な病気の理解が進んだお陰で、この症状に関して病院レベルの治療が必要というケースも出てきています。

このPMSの最大の特徴は生理前に起こることと、生理痛同様症状が人によって大差がある点です。その為、全員がなるわけではなかったために認知がされて来なかったのです。現在では現れる症状の種類によって、治療がされるようになり、その方法も多岐に渡っています。

PMSで起こる症状はどうして人によって違うの?

PMSの症状は多岐に及んでいます。そして人によってその症状が違うがために、多くの人が病院に行かず悩んでいます。その症状の幅の広さはまさに更年期障害レベルと考えて良いのです。

まずは、発生時期です。PMSが発生する時期は基本的に、生理前10~3日と言われています。そして生理になると症状が治まるのが特徴です。それ以外の時期に下記のような症状がある場合は基本的に他の婦人病を疑っていいと思います。出血がある場合はPMSで出る症状では無いので注意が必要です。

具体的な症状は以下の症状で、大きく身体的、心身的に分かれます。

身体的症状

  • 胸の張り
  • 腰痛
  • 頭痛
  • 体の怠さ
  • むくみ
  • 体重増加
  • ニキビ

心身的症状

  • 集中力低下
  • イライラ
  • 怒りを抑えられない
  • 眠気
  • 不眠

これらが症状になります。しかも、人によってその発生する症状が非常に多岐に渡っており、心身的症状のみ出る人もいれば両方の症状が同時に発生する場合もあります。

その為、他の人はこれだけ苦しいから自分は大したことないと悩んでいる人も少なくは無いのです。自分が辛いと思ったら尋ねることが何よりも大切な点になります。PMSの解消のためには、このような症状の中から自分が出やすい症状を把握することが理解の一歩につながります。

PMSを悪化させる要因は生活習慣

PMSはホルモンのバランスの乱れによって上記のような症状が発生します。ですが、ホルモンの乱れが女性の中では普通の事になります。その中で症状がひどい人とそうでない人がいるのはどうしてなのでしょうか?

PMSの症状が発生するしないは、実はその人の生活習慣も大きな関係を持っています。生活習慣によって、より発生しやすい環境と作ることも抑制することもできます。その為、ホルモンのバランスが乱れる世の中のすべての女性がPMSの症状が出るわけでは無いのです。

PMSが出るのは、女性ホルモン等でカバーできないほどの体の体内物質の分泌系の乱れがあったり、不調の原因になることで発生します。その中で代表的な物を紹介します。

まず、生活嗜好品含めた話を紹介します。PMSの発生の原因なのは、人間の体内に不要な水分が溜まっている状態や老廃物が溜まりやすい環境、活性酸素の増加が大きな原因になっています。

その為、喫煙者やアルコールを良く飲む人、糖分たっぷりお菓子を食べる人は要注意です。特に喫煙は肌の美容関係を考えても大敵であり、PMSの症状が悪化する血行不良と活性酸素の発生が増加するので辞めるべきです。さらに、PMSの時期だけ控えることもできないので、禁煙をおすすめしたいのです。

また、睡眠不足と言った体内時計を乱す行為もPMSの症状を悪化させるには大きな要因になります。

PMSの時期を快適に過ごす

PMSはホルモンのバランスが崩れたことによって体内伝達物質が変動することによって、発生します。ですが、特に知っておく点にそのホルモンの変動を抑えてくれる栄養分が更に不足すると起こりやすい事を知っておくべきなのです。

PMSの症状に現れやすい、不足してしまうと駄目な栄養分を紹介します。最初に、ビタミンEです。ビタミンEは血管の筋肉を柔らかくする作用を持っている為、血管の幅が拡がり血流が非常に良くなります。その為、冷え性が改善されて、体の体内物質の行き渡りが非常に良くなります。

次にマグネシウムです。マグネシウムは特にPMSは偏頭痛や腰痛にある人にとってほしいビタミンであり、血管の収縮や過度な緊張を抑える効果があります。

最後に、ホルモンの分泌量の制御を担うビタミンB6です。PMSで過剰にホルモン分泌が多くなってしまう場合はこのビタミンの消費が非常に高くなります。その為、摂取をしておくことで、適量のホルモン分泌を維持できるようになります。

必要な栄養分を摂取して快適に過ごすことも工夫であり、その工夫で対処できない場合は病院に行く選択も取ることが大切です。

おすすめの記事