テキスト現代の女性のほぼ全員が悩むという生理痛、実は本来の生理のみには痛みは伴いません。ではその痛みの原因とはどのような事が原因で起こっているのでしょうか?今回は、知っておきたい生理痛の原因に関して解りやすく解説します。

そもそも生理とは?

生理とは、人間の子宮内膜にある厚くなった不要な血液や子宮内膜が剥がれる現象になります。子宮内膜が剥がれることで、月に一回排卵される卵子がくっつきやすい新鮮な、内膜に再生させるのが大きな目的なのです。

生理によって、人間の子宮は常にいつも元気な状態になり、受精卵がくっつきやすく、生育がし易い環境を整えています。しかし、剥がれる現象が生理であり、痛みを伴うことがないのです。この時、人間の子宮の筋肉は収縮して、子宮内膜と不要な血液を排出するのが生理の目的なのです。

生理痛とはどうして発生するの?

生理痛が発生している時、人間の体の中では一体何が起こっているのでしょうか?そもそも、先程生理痛は発生しないと言いましたが、痛みが発生する理由は、スムーズに子宮内膜や血液の排出が進まないことで、痛みが発生します。

人間の子宮内膜は、子宮の筋肉の収縮によって発生します。この収縮がキツければ、キツイほど、痛みの原因になります。生理痛の症状は、子宮をぎゅっと縮めたような痛みが長時間続きます。この痛みは、子宮内の血液と内膜で不要な物を排出するために、収縮しているのです。

収縮によってスムーズに剥がれることができれば、生理痛は発生しません。ですが、痛みによって、この収縮がスムーズに行っていない場合、生理痛が発生します。

生理痛の痛みがひどければひどいほど、子宮内の血液の排出が悪かったり、不要な子宮内膜が剥がれにくい環境であることがいえます。その状態を改善することで、痛みの緩和につなげることができるのです。

子宮の収縮以外の痛みの原因

子宮の収縮以外にも痛みの原因があります。それは、プロスタグランジンという物質です。人間の痛みを増強する物質であるプロスタグランジンは、生理痛の痛みをより強く伝えてしまう大きな原因になります。つまり、生理がある時にプロスタグランジンが多いと、痛みが更に増強されてしまうのです。

その為、生理になる、もしくは近い時点から、プロスタグランジンを減らすような、生活習慣をしておくだけでも生理痛の痛みの原因を減らすことが出来ます。この方法は、多くの人があまり知っておらず、薬だけではあまり効果がないという人も効果的な方法です。

プロスタグランジンを減らすには、プロスタグランジンが生成される材料になる食材を食べることを避けることが大切です。

プロスタグランジンの材料とは、動物性の肉類が原因とされています。注意点は、肉が入っていなくても、動物性の脂が入っている物は避けるのが基本です。2~3日避けるだけでも非常に大きな効果があります。

痛みの原因にプロスタグランジンが増強をすることで、生理痛が非常に痛いとされている理由です。食事で痛みを増強する物質をしっかり減らすことも生理痛の緩和の大きな対策になるのです。

血流の悪化も生理痛の原因

先程紹介した生理による不要な血液の排出は、基本的に、簡単に緩和することが可能です。それは、血流が悪化することで、子宮内の血液の排出が悪化するからです。解りやすく言うと、血流がいい場合は、基本的にサラサラしているので、排出がスムーズになります。どころが血流が悪い場合は粘度があるため、スムーズに排出することが出来ないのです。

ドロドロとした、血液は子宮の中にこびりつき、剥がれるまで阻害します。しかし、子宮内膜は、一定の厚さまで剥がれる必要があります。その為、子宮の筋肉の収縮がひどくなり、生理痛が発生してしまうのです。例えるなら、床についた粘度の低い汚れた水なら簡単にこすることで、綺麗にすることが出来ます。しかし、べとついた泥ならこする必要があります。このように粘土によって排出のスピードに差が出てしまうのです。

生理痛の発生の原因は子宮の収縮が大きな関係を持っているとされていますが、この収縮がひどくなる原因が血流の悪化なのです。

更に、血流が悪化してしまうと、子宮内膜や園周辺の筋肉が固くなり、スムーズな収縮ができなくなります。硬くなった筋肉によって、無理やり子宮を収縮させる必要があるので、痛みを伴い生理痛の原因になるのです。血流の悪化によって本来の筋肉の性質も変わってしまうので、痛みがたいへんひどくなってしまうようになります。痛みを抑えたい場合は、この筋肉の収縮がスムーズに行くような環境を整えることが大切です。

生理痛に、血流の悪化で、排出と痛みの発生の原因になります。その為、体を冷やすと言った行為は痛みをよりひどくする原因なので、避けることが何よりも大切なことなのです。

おすすめの記事