喉の痛みと鼻水の症状が併発するということは、珍しくありません。単なる風邪でも、そういった症状はありますし、アレルギー性のものなどでもそういった症状があるため、喉の痛みと鼻水くらいでは、そんなに心配にはならないかもしれませんね。

ですが、この症状は重篤な病気の症状でもあるということはご存知でしょうか。ここでは、喉の痛みと鼻水が併発するときに考えられる病気についてまとめてみました。

風邪

風邪を引くと、喉の痛みや鼻水の他に、咳や熱、関節痛、頭痛なども症状として出てきます。喉の痛みは風邪の引き始めの頃から出て来る症状で、喉が痛いと思ったら、他の症状が現れるということも多いでしょう。

風邪の種類により、喉の痛みが比較的早期に治まる場合と、長引く場合とにわかれます。風邪のときには、喉に負担がかからないようにすることが重要です。

インフルエンザのときも、同様に喉と鼻の症状が併発することがよくありますが、通常の風邪と違うのは、インフルエンザは突然高熱が出ると言う点です。

風邪で喉が痛い時はどうすればいい?対処法をご紹介!

アレルギー

ハウスダスト、花粉、動物の毛などにアレルギーのある方は、アレルギーの症状が出ると鼻水が出ることが多いでしょう。目がかゆくなり涙が出るというのもよくある症状です。そして、喉が痛くなり咳が出るという症状も珍しくありません。特にハウスダストに反応する方には、喉と咳の症状が出る方が多いようです。

花粉症だと、喉が痛いというよりはかゆいという症状の方が多いでしょう。また、初めて花粉症を発症した方は、風邪だと思って放置してしまうこともあります。

通常、アレルギー性の場合鼻水と喉の症状だけということはあまりなく、目が充血していたりします。目の充血を感じたら、それは恐らく風邪ではありませんから、アレルギーを疑って病院に行きましょう。

喉の痛みとアレルギーについて!対処法もご紹介!

上咽頭ガン

鼻水と喉の痛みの併発で一番怖いのは、この病気でしょう。上咽頭ガンとは、鼻の奥あたり(上咽頭)にできるがんで、場所柄、鼻水と喉の違和感や痛みが併発してしまいます。

鼻水の他にも、鼻血や頭痛、耳のつまり等も症状として見られます。また、眼にも何らかの症状が及ぶこともあり、咽頭ガンの中では考えられる症状が一番多いと言えます。どちらかというと、喉の症状よりも他の症状の方が起こりやすいでしょう。

できれば、これらの症状が進行するよりも先にがんを発見し、治療を行えると理想的です。喉と鼻の症状以外にも、頭痛、耳の症状などを感じた場合には、すぐに病院での検査を受けましょう。

喉が痛い時に考えられる病気はいったい何?

喉の痛みの原因と対処法 | 喉が痛い時に見るサイト


おすすめの記事