喉の痛みは、風邪の代表的な症状ですから、喉が痛いとまず風邪を疑うのではないでしょうか。ですが、明らかに風邪ではないのに、喉が痛いということも起こり得ます。ここでは、風邪以外で喉の痛みを感じる原因についてまとめてみました。

アレルギー

ハウスダスト、花粉、動物の毛等に対してアレルギーのある方は、アレルギー反応が出た時に喉の痛みを感じることがあります。また、アレルギーの症状から咳をしすぎて、それが喉を痛めるということも考えられます。

喉の痛みとアレルギーについて!対処法もご紹介!

ストレスなど

ストレスで自律神経のバランスが崩れると、喉の不快感や違和感、痛みなどの症状がでます。喉に何かつっかえている感じがするなどの他、自律神経のバランスが崩れたことにより喉が乾燥してしまい、喉の痛みを引き起こすことがあります。

これは本当!?喉の痛みや違和感の原因はストレスにあった!

乾燥や空気の汚れ

空気が乾燥していたり汚れていたりすると、粘膜を傷つけてしまい、喉が痛くなることがあります。タバコで喉が痛くなるのも、タバコの煙という汚れた空気を吸い込んでいるからです。
乾燥については、乾燥させないための対策をすることで、症状が和らぎます。

刺激物の摂り過ぎ

香辛料、カフェイン、アルコールを含むものを大量に摂取すると、喉を痛めてしまうことがあります。特に乾燥する季節は、乾燥と二重に喉を痛めてしまうので、注意が必要です。

お酒を飲むとなんで喉が痛くなるの?原因はコレ!

タバコを吸うと喉が痛くなる原因と痛みを和らげる方法

甲状腺に関する病気

甲状腺は器官の前という喉に近い部分にあるため、甲状腺に関する病気になったときには喉に不調を感じます。甲状腺に関する病気とは、バセドウ病、橋本病、甲状腺腫瘍、甲状腺がんなどがあります。

そのどれにも、喉に違和感などを感じる症状が現れます。単なる違和感だけではなく、喉が腫れて痛いという症状もあります。これらの甲状腺の病気は通院や入院での治療が必須となります。

口腔内のがん

咽頭がん、舌がんなど、喉に近い場所にできるがんでは、喉に痛みを感じやすいでしょう。咽頭がんには、上咽頭がん、中咽頭がん、下咽頭がんという場所によって分けられた3種類のがんがありますが、全ての咽頭がんで、喉の痛みの症状が起こり得ます。

舌がんでは、口腔内に痛みを感じるのですが、それが喉にまで響くということもあります。風邪でもないのに喉が痛いというとき、殆どの場合は重篤な病気ではありません。

しかし、甲状腺の病気やがんなどの重篤な病気でも、喉が痛いという症状が起こることがありますから、少しでも不安を感じる場合は、病院での検査を受けることをおすすめします。

喉が痛い時に考えられる病気はいったい何?

喉の痛みの原因と対処法 | 喉が痛い時に見るサイト


おすすめの記事