喉の痛みの症状がある病気と言えば、代表的なものは風邪ですが、他にも色々な病気が考えられます。中には、危険な病気もありますから、ただの喉の痛みだと思って放置するのはおすすめできません。

ここでは、喉の痛みの症状を伴う病気について、風邪以外のものをまとめてみました。

咽頭炎

咽頭炎はその名のとおり咽頭に起こる炎症のことで、風邪やインフルエンザのときにも起こりますが、それ以外でも他のウイルス感染、刺激性ガスの吸引なども原因となります。これらは、急性咽頭炎といいます。発熱を伴うこともあります。

急性咽頭炎が長引いたり、慢性的に喫煙や飲酒をして喉を刺激してしまう方は、慢性咽頭炎になってしまいます。

扁桃炎

急性扁桃炎とは、のどちんこの横の口蓋扁桃という部分が赤く腫れたり、うみで覆われたりして、喉に痛みを感じる炎症のことです。細菌感染とウイルス感染が原因となっていて、風邪やインフルエンザのときにも起こります。

喉の痛みの他に、発熱や全身倦怠感、嚥下痛(食べ物やつばを飲み込む時に感じる喉の痛み)などを併発します。

上記の急性扁桃炎を繰り返すようになると、慢性扁桃炎となります。慢性扁桃炎になると、喉の痛みは軽くなり、症状を感じないこともありますが、急性扁桃炎とは違い皮膚や腎臓、関節などに障害を起こしてしまいます。こういった場合には、扁桃を摘出する手術が行われることがあります。

急性喉頭蓋炎

主にB型インフルエンザ菌によって発症します。喉頭蓋が急激に腫れ、重症のときには窒息してしまうかもしれない危険な病気です。

初期症状は風邪のときの喉の痛みと同じような感じですが、その後呼吸困難を伴うようになります。ぜーぜー息をし始めたら、すぐに病院での治療を受ける必要があります。この状態を放置しておくと、窒息してしまう恐れがあるからです。

扁桃悪性リンパ腫

これはその名の通り、扁桃周辺にあるリンパ組織に悪性腫瘍ができる病気です。初期症状ではあまり強い痛みはなく、のどの異物感やちょっとした痛みを感じるでしょう。その後、腫瘍が広がると嚥下痛や難聴まで現れることがあります。

咽頭ガン

咽頭ガンは、その部位により上咽頭ガン、中咽頭ガン、下咽頭ガンにわかれます。どの部位の場合でも、喉の痛みや違和感、嚥下痛などを感じます。

その他にもその周辺(鼻、眼など)にさまざまな症状が起こります。治療は、その症状により手術が必要な場合とそうでない場合がありますが、いずれにしても早期発見が重要な病気です。

喉の痛みの原因と対処法 | 喉が痛い時に見るサイト


おすすめの記事