「気管支炎」という言葉を耳にしたことはあるでしょうか。気管支炎とは、その名のとおり、気管支に炎症が起こる病気です。急性と慢性がありますが、急性のものは風邪やインフルエンザと同時に発症する場合が多いでしょう。

気管支炎の症状は風邪によく似ていて、咳や痰、喉の痛みを感じます。ここでは、その気管支炎で喉が痛い時の改善方法をまとめてみました。

気管支炎について

気管支炎は、ウイルスや細菌で起こる場合と、空気の汚染(タバコを含む)により起こる場合があります。風邪と併発して起こることもありますが、風邪は数日で治っても気管支炎は服薬をしても長引くことがあり、数週間にわたって咳が続くこともあります。

また、乾燥や空気の汚染により症状が激しく出やすい病気です。咳以外の症状としては、のどの痛みや痰がありますが、咳のしすぎでのどの痛みが増すこともあり、大変辛い病気です。

また、咳の所為で筋肉痛や嘔吐、呼吸困難も引き起こす恐れがあります。あまりに酷いと夜中に何度も咳で起きてしまうということもあるでしょう。

気管支炎による喉の痛みの改善方法

気管支炎で喉が痛いとき、まずは喉の痛みを抑えたいということであれば、鎮痛剤が有効です。ですが、鎮痛剤は気管支炎を根本的に治療することはできません。

気管支炎を治すためには、気管支炎に効く薬が必要となります。市販薬でもありますが、できれば医療機関で処方してもらったほうがいいでしょう。

させたいときには、のど飴が有効です。気管支や喉の粘膜を保護出来ますから、痛みが和らぐでしょう。食べ物だととろろ芋なども、粘膜の保護に役立ちます。

喉が痛い時にトローチはお勧め?市販と病院のトローチに違いはあるの?

勿論、炎症を刺激するような辛いものなどの刺激物は食べてはいけません。塩分の強いものなども、喉を刺激してしまう恐れがありますので、味つけは薄めがおすすめです。早く気管支炎を治すには、栄養のある食べ物を食べましょう。食生活や睡眠で体力を蓄えることも重要です。

勿論、空気の乾燥や汚染を防ぐことも必要になってきます。換気や湿度対策は忘れないようにしましょう。喫煙者の方は、気管支炎が治るまではたばこは控えるようにして下さい。喉の痛みも、気管支炎も治らないどころか悪化してしまいます。

外に出るとき、特に人が多い場所に行くときには、マスクをして出掛けましょう。乾燥対策にもなりますし、汚れた空気を吸わずにすみます。

気管支炎は長引きやすいですが、対策を怠らなければ早めの回復が見込めます。喉の痛みも、気管支炎が治れば徐々に良くなっていくでしょう。

喉の痛みの原因と対処法 | 喉が痛い時に見るサイト


おすすめの記事