PMS対策のサプリには多くの有効成分が配合されています。その有効成分を上手く利用することでPMSの症状の改善につなげることができるのです。今回は、そんなPMS対策に効果のある有効成分を紹介し、どれが良いのと悩んでいる方にピッタリの種類を紹介します。

PMSってそもそも何が原因?

PMSは生理前の体の不快感を指します。PMSの直接の原因は判明していないものの、体の不快感が女性ホルモンの分泌に非常に大きな関係を持っていると言われています。

女性ホルモンはほぼ一ヶ月の周期の間に分泌量に大きな変化をもたらせます。ホルモン自体が微量でも女性の体調に大きな影響を与えるので、体の不調の大きな原因になるとされているのです。

特に、女性のPMSで多いとされているのがプロゲステロンの過多やエストロゲン不足による鬱の症状が多いと言われています。こうしたホルモンのバランスが崩れることで脳内物質の分泌も変化するので、生理前に不調が発生すると言われている理由です。

プロゲステロンの分泌を整える有効成分

プロゲステロンの状態を整える有効成分を紹介します。このハーブが入っていたら、間違いなくプロゲステロンの量を整える効果があると知っておくべきです。

チェストベリーはPMSのサプリには必ず配合されているという程有名な成分になります。特に人間の体のバランスを整える上では非常に重要な成分なのです。プロゲステロンは人間の妊娠を司るために重要な成分ですが、この成分量のバランスが崩れると、体の不調を引き起こします。

PMSの場合で過度に分泌される場合は、肌のニキビの原因やイライラと言った症状が発生しやすくなります。プロゲステロンが分泌が多いと太りやすくと言った部分でも大きな影響を与えます。つまり、プロゲステロンの量が多ければ多いほど生理前の体の不調が出やすいと言うわけです。

また少ない場合は、気分の落ち込みや涙もろいといった性格になります。

チェストベリー両方のバランスを整えてくれる効果があるので、少ない人でも多い人でも、対応ができる優秀なハーブです。その為、初めて飲むという人はまずはチェストベリーが入っているサプリを選ぶことを勧めます。

また、チェストベリーは医学的にもその有効性が認められているので、病院で婦人科系の病気になっている場合は相談することが大切です。医療用の有効成分も入っている大きな成分はチェストベリーと覚えておくべきなのです。

PMSでエストロゲンの量を調整する成分

PMSでエストロゲン過剰タイプと、少ないタイプがいます。多くの商品はエストロゲンに類似の働きをする有効成分です。量を調整するよりもエストロゲンの成分を増やすといった働きがあります。

  • 大豆イソフラボン
  • ブラックコホシュ
  • ワイルドヤム
  • レッドクローバー

この4つが代表的なエストロゲンに類似した骨格を持つ有効成分になります。エストロゲンと骨格が似ているので、エストロゲン受容体に結合して、類似の働きをすることによって体の機能をととのえると言う作用があるのです。ブラックコッシュ・ワイルドヤムは北アメリカに自生しており、古代から利用されてきたハーブになります。

レッドクローバーに関しては、古代ローマから利用されてきたとあって、非常に歴史のある薬草です。

その為、一見エストロゲンの有効成分が多い人はかえって過多になって症状がひどくなると思う人もいると思います。しかし、エストロゲンの中で悪さをするのがエストロンという成分であり、この成分を増やさないために良い働きをしているエストロゲンを増やすことで症状の緩和があるケースがあります。

その他の有効成分とはじめの人は何が良いのか?

PMSのサプリに配合されている有効成分の中で、他に入っているもので有名な成分を紹介します。

  • ビタミンB6
  • ビタミンE

ビタミンB6が不足するとPMSになりやすいとされています。これは、B6 自体がエストロゲンのアミノ酸の代謝によって過剰に使われてしまうためです。B6 自体が女性ホルモンを整えるビタミンにもかかわらず、アミノ酸代謝に使用されることで、本来のバランスを整えることができる機能が低下してしまうことになります。

ビタミンEは血流を良くする機能を持っています。その為、ホルモンの分泌に関わる卵巣の機能を良くする効果を持っています。ビタミンEは血流も良くするので、PMS以外の生理痛を改善する効果も持っています。その為、冷え性で生理痛の症状が悪化してしまっている場合は、ぜひとも摂取すべき成分になります。

初めてPMS対策を取る場合は、チェストベリーが入っているもので、このビタミンが多く入っているものを摂取することを勧めます。エストロゲンが多いことによる不調があると、人によっては生理の出血が多くなることもあります。また飲み始めて不調があった場合は相談することが大切になります。

おすすめの記事