PMSはいつから発生するのか?その目安がわからないとその症状が発生したとしても悩ましいという人もいます。また、対策と言うのはどれくらいやって効果があるのかも疑問に思う人も少なくないのが現状です。今回はそんなPMSの発生と対策に対するいつからの疑問に関して解説します。

PMSはどうして起こるのか?

最初にいつからはじまる、対策を立てるという疑問を解説する前に知っておきたいことがあります。PMSに関してどうして起こるか?それを知って対処をするべきなのです。

女性の体は常にホルモンの分泌によって支配されています。そのわかりやすい例が月経です。月経になるにはホルモンの量が変化することで発生します。しかも、女性の場合はエストロゲンとプロゲステロンという2種類のホルモンの分泌が絡んでいます。

PMSはこの2種類のホルモンの変化によって発生します。その変化が人間の体の調子が良いときよりも急激に量が変化することで、体内のあらゆる分泌系中心に変化を引き起こすため、PMSは発生するのです。

PMSはいつから発生するの?

PMSの症状の発生は、ホルモンのバランスの変動でエストロゲンが減少し、プロゲステロンの量が大幅に増えるとされている、生理前10~3日頃を指します。この頃の場合は、プロゲステロンが大幅に増えることで、体の不調が発生するのです。

プロゲステロンは、人間の女性にとって子供を育てる上ではとても重要なホルモンになります。PMSで一番多いのが、このプロゲステロンが多く極端にエストロゲンが減少したりすると体の不調が発生します。

つまり、好調の時のホルモンの量から急激に変化することで体の状態を維持できないのがPMSなのです。

この時期は水を飲んでも体に水分をためやすくなったり、油物を食べても太りやすく時期になります。また、イライラしたり頭痛やお腹の張りが発生するのもこの時期になります。排卵から生理までの間がプロゲステロン優位の時期になり、この時期が基本的にPMSの発生の時期になります。その為、PMSだと思ったら、自分の生理周期を思い出して確認することが何よりも大切になります。

この時期以外に体の不調が発生する場合は、何かしらの女性疾患の可能性があるので、婦人科への相談が大切になります。

PMSの対策っていつからしたら良いの?

PMSの対策をいつからしたら良いのか?一番症状が悪化する時期の食事や常日頃サプリと取ることで対策をすることが出来ます。

長期戦で、最低でも2~3ヶ月かかる場合は、サプリを使用した対策になります。サプリを使用するとPMSの対策を行う場合には、体調を整えて効果を得るまでかなり時間がかかります。ハーブやビタミンが中心となっているサプリの場合は、基本ゆっくり土台を整える系で人間の健康状況を対策をしているので、PMSの場合は長い期間が必要です。

漢方の場合は最低でも一ヶ月を見るようにしてください。漢方で対策をする場合は、薬であるものの、即効性よりも体調を整えることによって改善するのがメインとなっています。つまり、漢方の場合で体の状態を整えることを考えている場合は、基本的にPMSの原因になっている体の冷えや虚血といった症状を改善するのが大きな目的となっています。その為、PMS以外の生理痛にも効果がありますが、時間は長めなので、それを目安に対策を立てるのがポイントです。

PMSの時期になって症状がひどくなる2週間前で対応できるのが、西洋医薬のPMS対策になります。西洋医薬の場合は、低用量ピルを使用する場合は即効性が無いので、最低でもそれぐらいの期間は必要です。また、副作用もある危険性を考えると直前よりもホルモンの乱れが少ない時期からの治療のほうが様子を見ることが出来ます。

PMSの時期に手軽にできる手段は、肉類を食べない、コーヒーを飲まないといった生活習慣の改善になります。生活習慣を改善することで、いらいらやPMSによって失われる危険性のあるビタミンの消費を抑制する効果があります。

PMSだと気づいたら記録を取るべし

もしかして、PMSだとかも知れない、PMSだとなのかなと思ったら記録をすることが大切になります。なぜなら、PMSは時期によって発生する症状なので、他の病気との区別をつけやすくなります。

それに、食事によって症状のコントロールをする場合は、大体生理のいつぐらいがひどいということも把握することが大切です。また、病院に行く場合もいつの時期の症状がひどくなるのか、知っておく時点でも、PMSだと気づいた場合は、対処する目安になります。

また、漢方と食事両方対処する場合も食べ合わせという事を確認する項目になります。
いつからどのような対処をしたら症状が軽くなるのか、PMSが始まっている時期の目安を知って初めて対策をすることができるのです。その為、PMSだと気づいたら、対策を練るための時期を知るためにも記録を取ることが大切なのです。

おすすめの記事