PMSとはどんな症状なのでしょうか?この言葉を知らないで、体の不調や不快感に悩まされている人は少なくありません。また、何が原因で起こったり、症状が悪化するのかも理解することで、症状を緩和することが出来ます。今回はそんなPMSの症状に関して解りやすく解説します。

PMSとはいつ起こるの?

PMSは生理の4~5日前の高温期の時期に起こる体の不調の総称を指します。このPMSの特徴は、生理になるとその不快感がなくなるような感じになるのです。つまり、生理前の不快感がある場合でも、生理になると起こっていた症状がなくなります。

この生理前の特有な不快感をPMSと呼びます。このPMSは最近、病気の治療として上がってきました。その理由として、この不快感によって、日常の生活が送れないと言った事態の発生につながるというケースが多く見られるようになったからです。

一人で抱え込まず相談することが何よりも大切になります。

PMSが起こる原因ってなんだろう?

PMSの起こる原因は明確な理由ははっきりわかっていないのが現状です。その為、検査をしたことによってPMSだと判断できる材料が不足しているため発見が遅れる理由になります。

有力な説は女性ホルモンのプロゲステロンが関係していると言われており、プロゲステロンの急激な増加が不調の原因とされています。そもそもプロゲステロンは、分泌される水分や脂肪を体内に溜め込む効果があります。このプロゲステロンが分泌が多くなることで、本来の人間の体のバランスがホルモンによって崩されることによって発生する説が有力です。
また不足をすると精神的に鬱になりセロトニンの量が減少すると言った点も特徴になります。

その説が非常に有力な理由は、プロゲステロンの増加による体の不調が、他のホルモン系の分泌が減少したことによる発生する病気に類似した症状になるからです。

その為、プロゲステロンが分泌されることによって、起こる体の不調を助長するような生活習慣をしている場合は、特にPMSの症状が悪化すると言うわけです。その為、PMSになりやすい人は、その症状を改善する生活習慣も取り入れる必要があるのです。

PMSの症状とは?

PMSの症状に関して解りやすく解説します。PMSの症状は種類を分けると以下の種類になります。

  • めまい
  • いらいら
  • ニキビ
  • 眠気

この4つの症状の頻度が高いのとされています。そして、単独ではなくて、複数の症状が発生することも多いのが特徴です。他にも、肌の木目が悪くなる睡眠の質が低下する人もいます。女性ホルモンのプロゲステロンが急激に増加し、生理の当日になるまで量が減少しないのが特徴です。他の病気の場合は、生理になるとたんに改善すると言った事が無いので、区別することが出来ます。

PMSの場合は非常に厄介な理由に症状が人によって大きく変わるという症状が厄介と言われる理由になります。

また、PMSだとわかっていない、理解をされないが為に非常に大きな精神的ダメージを引き起こし、鬱の症状になる人も少なくないのです。そして、生理自体が来るのを嫌う様になってしまい、生理痛の症状が悪化しやすくなる要因を作ってしまうのです。

PMSで生理自体にトラウマを持ってしまうと、女性の場合一週間自分の体調で不調の時期が続くようになってしまうのです。その為、PMSでの時期を快適に過ごすために工夫をすることはとても大切な事になります。

PMS時期の症状を緩和する

PMSの症状を改善するためには、自分がまずPMSだから、無理はしないという心構えが大切です。つまり、PMSの場合はその症状を緩和するために日常の生活で無理や我慢を強いるような生活習慣を改めることをおすすめします。

睡眠不足に悩む例から実際にその症状の改善のポイントを解説します。眠いから徹夜のスケジュールではなくて、眠いから早く寝ると言った生活習慣に切り替えることです。
PMSの場合は我慢をするとかえってその症状が悪化する傾向があります。その為、PMSの場合の症状が出始めたら、我慢をしないでしょうがないと割り切ることです。

PMSの場合は、症状が重い場合はカフェインが多く含まれている飲み物を摂取するのは症状が悪化すると言われています。カフェイン自体がPMSのと相関関係があると言われてはいませんが、カフェインを摂取することで、血行が悪化すること、冷え性の症状が発生することが知られています。

つまり、人間の血流を悪くすることで、PMSの症状がより強く現れる傾向があります。その為、PMSになった場合は冷え性の症状になる、悪化させる食べ物を避けることは非常に有意義な方法なのです。また、コーヒーの他にも、お茶、特に玉露を飲む場合はカフェインが非常に多いので注意点が必要です。生理痛の対策にもなるので生理に近い時期の飲むのは危険なので避けることが大切なPMSの症状を悪化しないですみます。

PMSは市販の薬で治すことが出来ません。もし、症状がひどい場合は月経前の月経困難症の可能性があるので、病院に行くことをおすすめします。

おすすめの記事