多くの人が悩むPMSの治療法ですが、実は多彩な種類があります。PMSをどのような病気として捉えるかで、その症状の改善法のアプローチが大きく異なるのです。今回は、PMSの治療法を解りやすく解説します。

PMSの治療レベルになる目安とは?

PMSの症状が発生した場合、治療レベルになるにはどれくらいの症状があった場合治療すべきなのでしょうか?その目安を知っておくことはとても大切な点になります。

PMSの治療レベルになる場合は、生理がない時期とそうでない時期で、生活に支障が出るレベルと考えるべきなのです。実際の例では、毎月うつ病レベルの症状に見舞われたり、イライラによって人間関係等に支障が出るレベルと考えて良いのです。

このような症状がある場合は、PMSの治療が必要になります。治療の際に行くべきは、婦人科で対応をしてくれます。また、最近は女性の生理痛やPMSを専門に扱うクリニックも増えています。行く前に問い合わせをすることが大切です。

PMSの西洋的アプローチ

PMSの症状は西洋的なアプローチと漢方の治療では大きく違いがあります。もし、治療を受ける際にはこの2点を確認して、自分にあった病院に行くことが大切になります。最初に、PMSの西洋的アプローチの場合は、症状によって処方される薬剤が異なります。西洋医学は、ピンポイントに出ている症状を手早く改善することに向いています。その為、通常とアプローチが違うのはこうした部分が関係しています。

一般的にホルモンのバランスが崩れることで、症状が悪化する場合は、低用量ピルが処方されます。低用量ピルの場合は毎日服用することでホルモンのバランスを整えると言ったメリットがあります。その為、プロゲステロンの過度な増加を抑制する効果があるので、PMSの症状が緩和されるということになります。

極度なうつ症状の場合は、鬱に効果があるとされている鎮静剤や睡眠剤の処方がされます。また腰痛がある場合は鎮痛剤が処方され、痛みの原因を根本的から取り除く治療が中心になります。

その局所的な症状に対して、消し去るというのが西洋的アプローチの症状になります。
西洋医薬の場合は、ピンポイントで効果がある即効性と言った部分で長所がありますが、短所もあります。短所は副作用が激しいと言った部分もあるので、飲んだ薬剤で体質に合わない場合は速やかに相談することが大切になります。

漢方医学とPMS

漢方医学の場合PMSのアプローチは大きく異なります。漢方の場合はPMSの症状は人間の体の血流やバランスが崩れたことによって発生するものと言った考えが根幹にあります。つまり、漢方の場合はPMSの症状は人間の体の気や水分の循環が不十分であることによって発生する病気と考えているのです。

その為、漢方医学の場合は治す速度は遅いものの、人間の体の不調自体を改善する効果があるので、体質改善としてのレベルが高いのが特徴です。加えて、生理痛の体質の改善も望めます。

PMSで処方される漢方薬の種類は20種類以上あります。これは、その人のPMSの症状が多彩であること、実際の症状以外の体の異変に合わせて処方をするためです。

一番処方される薬剤は加味逍遥散と当帰芍薬散です。ですが、この2つは同時に処方される理由ではなくて、精神症状(イライラ、鬱)の症状が強く、更年期障害に近い症状がある場合は、加味逍遥散が処方されます。リラックス効果が高く、人間の脳の血流を特に良くする漢方薬です。当帰芍薬散の場合はむくみがある場合の方に処方されます。PMSの他、生理痛の症状が強い場合は、この当帰芍薬散が処方されることが多いです。当帰芍薬散の場合は、冷え性の改善も見込め、その人の血流が悪化したことによる体の不調を改善する効果があります。

この他、桃核承気湯、桂枝茯苓丸も処方される代表的な漢方になります。漢方薬の場合でも注意すべき点は副作用があることです。

むくみやちょっとしただるさ、のぼせと言った生活に支障が出る場合は、服用を一旦止めて
医師への相談が大切になります。

PMSの治療が専門性がある病院やクリニックの長所

PMSの治療に単なる婦人科に行くよりも、専門を掲げている病院やクリニックに行くほうがメリットがあります。そのメリットの点は、非常に解りやすく言うと以下の点があげられます。

  • 西洋的アプローチと漢方医学的アプローチ両方のいいとこ取りができる
  • 何気ない症状でもPMSだと診断してもらえる
  • 心理ケアがとても優れている

最初の西洋的なアプローチと医学的アプローチ両方のメリットが受けられるのはとても大きなメリットです。西洋的アプローチと漢方薬のメリット・デメリットに関しては先程解説しましたが、両方を同時に使用しても拮抗さえしなければ併用はOKなのです。専門的な医院の場合はこの治療に関して問題なく対応することが出来ます。

何気ない不調と思っている症状もPMSの事がありますが、専門的な医院の場合は診断の症例数が多いので対処していただけます。

臨床心理士と言った方も、在中しているので対処をしてもらえる確率が非常に高いのも大きなメリットです。

おすすめの記事