生理前に何故かイライラする、どうしてそんなつもりではなかったのにと嘆いている方は意外に多く、生理自体よりも悩みにつながっているという方も実際に多くいます。PMSは非常にこうした意味でも悩む人が多くいる症状で現在では病院での治療も必要な症状です。今回は、PMSのイライラ対策に関して解りやすく解説します。

PMSはどうして起こるの?

イライラの原因となっているPMSはどのような症状なのか?知ることがPMSのイライラの大きな対策になります。PMSのイライラの症状の原因になっているPMSは女性の体の中に存在しているホルモン系が大きな関係を持っています。PMSの大きな特徴として考えるべき点は、この女性ホルモンのバランスの乱れが大きな原因です。

直接的な原理は現在では判明していないものの、ホルモンのバランスが乱れる事によって体内の伝達物質の量が減少することによって発生することが力説とされています。特にプロゲステロンの量が変動すると、症状が悪化することがPMSで判明した事実なのです。

PMSのイライラはいつから起こるの?

PMSのイライラはいつから発生するのでしょうか?発生する時期は、基本的に生理の開始、10~3日頃に起こることが多いとされています。これは、エストロゲンの量が減少してプロゲステロンの量が増える時期と同じ時期になります。

プロゲステロンが増えるのは排卵が終わった後の時期であり、妊娠に向けて女性の体が整える時期に該当します。プロゲステロンの本来の作用は子宮内膜を厚くして十分な栄養分と蓄えるという大きな役割があります。水分や栄養分を溜め込むため、必然的に子宮内膜が厚くなるのです。

その為、この時期になると肌荒れや顔の皮膚が脂ぎると言った症状、痩せにくいと言った時期になります。

ところがPMSの場合は、プロゲステロンの量の変化が急激に増えたり、減少したりすることで体の不調が発生してしまうのです。つまり、生理周期の排卵後から一気に量が変化するため、イライラの症状が発生します。

一般的には、生理に近づけば近づくほど症状が悪化する傾向があります。生理に近づけば近づくほど、プロゲステロンの量に変化が出るためです。

また、この症状が出るかどうかは個人差が激しく、排卵後以降からイライラが強い人もいれば、3日前ぐらいで終わるという人もいます。またPMS自体の症状が殆どないと言った個人差があるため、時期に関して個人差が激しいという結論になります。

みんなと違うと言って比較するのではなくて、いつの時期にPMSの症状が起こりやすいか自分の症状を知ることが大切なのです。

PMSのイライラ対策―食事以外―

PMSのイライラの対策とは食事以外にもあります。まずは食事以外でできる習慣を取り入れつつ、行うことが大切なのです。

食事を我慢するのが辛いという人はまず取り入れることをおすすめします。最初は有酸素運動です。有酸素運動とは、マラソンや水泳と言った体を動かす運動になります。

運を動かすという言葉通り動くことでその人間の悩みを消す効果があります。イライラは、人間の頭に血や水分が過剰に溜まることで発生するという漢方の考え方の理にかなっています。その為、運動をすることで、血流を良くすることで体内に溜まっている水分のめぐりも良くする効果があるのです。実際に、運動を取り入れたことでイライラが減少し、体重の増加の幅も減った、むくみやすい時期でも解消できたという結果があります。

次に、実際にいらいらする時期と何にイライラするのか把握をすることです。PMSの症状が一番ひどいのは、PMSだと自分がわかっていないために悩むことで症状が悪化します。その為、PMSの症状が悪化してしまってようやくその症状だと気づくケースがほとんどなのです。

この時期はイライラしやすいんだ、こんな事で悩むのかと把握しておけばその要因を取り除くことができ、加えて、悩む心配もなくなるのです。つまり、自分のPMSの症状を知っておくことはイライラの軽減にもつながるのです。

PMSの軽減法―食事編―

PMSの症状の改善には食事が不可欠です。その中で取り入れたいのがナッツ類です。PMSのはビタミンEがその症状の緩和につながることが知られています。また、ビタミンBも摂取することができるので、生理時期に不足しやすいビタミンB6 も摂取ができ、イライラの症状の鎮静に一役買います。

また、イソフラボン含む大豆製品はPMSのイライラに効果的ですが、イソフラボンが吸収しにくい体質の人にはあまり効果がありません。その為、サプリメントでエクオールの物を摂取することでカバーすることができます。

またカフェインや急激に糖分をあげる成分に関しては、PMSの症状の悪化の原因になるので注意が必要になります。それぞれ摂取することで、一時的に体の自律神経に作用しますが、その後体にだるさをもたらすのでより症状が悪化するのです。

おすすめの記事