喉の痛みや違和感は、アレルギーの症状としても出やすい症状です。喉に違和感を感じて、風邪だと思って放置していたら、なかなか治らない・・・というときには、アレルギーが疑われます。

特に、元々アレルギーではなかった方が、喉の違和感を感じたときには、風邪だと思っていますでしょう。ここでは、アレルギーで喉が痛いときの対処法などをご紹介しましょう。

アレルギーによる喉の症状

アレルギーが原因で起こる喉の症状には、喉が痛い、喉に違和感を感じる、声がかれる、咳が出るなどがあります。喉に違和感を感じたり、痛みを感じるのは、アレルギーにより喉が炎症を起こしているためです。

アレルギーの原因となる食べ物を食べた時にも、食べ物は喉を通過しますから、喉に違和感を感じることもありますし、空気中のハウスダストなどにアレルギーのある方でも、空気を吸うとその空気は喉を通るため、喉が痛くなったり、咳が出たりします。

花粉症でも喉の痛みや不快感を感じるでしょう。アレルギーによる症状では、喉の痛みの他にも、口の中がかゆかったり、ひりひりしたりという症状も出てきます。その他の部位の症状では、眼の充血、鼻水、鼻づまり、眼のかゆみなども症状として現れます。

アレルギーで喉が痛いときの対処法

アレルギーの原因が何であるかを突き止めるのが、まずは重要です。例えば、食物アレルギーの場合は、何の食べ物に反応しているのか突き止めることができれば、それを食べなければ、症状は発症しません。

花粉の場合は、マスクをすれば症状を軽減できるでしょう。どんな場合でも、一度は病院での検査を受け、アレルゲンを特定してから、対処をしましょう。病院でアレルギー用の薬を処方もしてもらえるでしょうから、それを服用することも対処になります。

アレルギーで喉が痛くなってしまった場合、マスクなどをして悪い空気や乾燥から喉を保護しましょう。必要なら痛み止めも有効です。

食物アレルギーの場合は、それを食べなければいいのですが、花粉症やハウスダストの場合は発症しないように予防するということは大変困難ですから、症状を抑えるための薬を飲みながら、喉を労りましょう。

咳がでるときも、喉に負担があまりかからないような咳の出し方が出来ると安心です。

花粉症用ののど飴なども市販されていますから、こういったものを食べるのもおすすめです。その他、緑茶も炎症を緩和させます。家に帰って来た時は手洗いうがいを忘れないことも重要です。

喉の痛みの原因と対処法 | 喉が痛い時に見るサイト


おすすめの記事