髪の毛が抜ける本数が増加することで、薄毛が知らない間に進行してしまうことがあります。薄毛の症状は放置しておくとそのまま非常に重篤な症状になるケースが多く注意が必要になります。今回は、そんな薄毛の大きな原因に関して、紹介します。

薄毛と言っても原因は様々

薄毛の症状は非常に多くの原因があります。その理由は発生する年齢によって症状が大きく変化すること、体の内部による原因なのか?そうでないかによって、薄毛の原因が大きく異なります。その為、薄毛と言っても単にその原因に関して大きな違いがあるのです。

年齢関係なく起こる原因は、髪の毛のブリーチやパーマです。20代と言った若い年齢で発生しがちですが、体質に合わない白髪染めによっても発生の原因になります。その為、20代が多いと言っても比較的年齢が広いとされている薄毛の原因です。

次に、薄毛の原因に食生活があります。髪の毛の育成に十分な栄養分が無いと言った場合はこのような原因によって髪の毛が薄毛になることになります。最後にストレスです。理不尽なストレスや、睡眠不足と言った物に大きなダメージが発生します。薄毛と言ってもこのように原因は様々なので、対策を練ることが大切なのです。

薄毛の原因―体外の物質による影響―

頭皮のダメージがあると薄毛の原因になります。頭皮のダメージというのはどのような事を指すのでしょうか?頭皮のダメージは必然的に、頭皮の皮膚の乾燥や皮脂の過剰分泌と言った物が大きな原因になります。

頭皮のダメージで多いのは、自分に合わないパーマやブリーチ剤による物が主流です。髪の毛を染めるという作業は必然的に本来の髪の毛の形状を変化させたり、色味を変えるといった大きな作用を持っています。

そのため、その成分が頭皮に残ってしまうことで、頭皮環境が荒れてしまい、本来生えている毛根周辺の皮膚の状態に異常が発生することで薄毛の原因になってしまうのです。

ダメージが大きいのはパーマ、ブリーチ剤の順になります。パーマに使用する薬剤は、髪の毛のタンパク質を変形させて、好きな形に変化させる薬剤になります。その為、この薬剤、人間の頭皮の肌の皮膚のタンパク質も変形させてしまうので、頭皮環境が非常に大きなダメージを受けてしまうのです。

また、ブリーチ剤は、髪の毛に入っているメラニン色素を薬剤で抜いて、好きな色を注入するのが作業になります。その為、必然的に髪の毛の状態が変わってしまうのです。故に、ブリーチ剤が頭皮にダメージを与えてしまうようになります。その為、白髪染めの段階でも大きなダメージの原因になるので、注意が必要になるのです。

また、頭皮に合わないシャンプーやリンス、髪の毛を洗った後に頭皮を洗ってないといった場合でも、同様に髪の毛が抜ける原因になります。シャンプーは頭皮にある油分をしっかり洗いながすために使用します。しかし、界面活性剤やシリコンが頭皮の細胞膜をボロボロにしてしまうケースがあります。それによって頭皮が乱れてしまうので、必然的に髪の毛の薄毛の原因になるのです。

またリンスやコンディショナーは髪の毛に有効成分を与えるのが大きなメインの作用です。その為、頭皮に残っている場合は、頭皮をボロボロにする原因になります。髪の毛のキューティクルから有効成分が逃げないようにするのが目的です。その為、頭皮の毛穴を塞いでしまうのが大きな原因なのです。

薄毛の原因―生理的ストレスー

薄毛の原因はストレスがありますが、このストレスの原因ですが、生理的ストレスと生活習慣ストレスの大きく2つに分けることができます。

生理的ストレスの場合は、避けることができないものを指します。生理的ストレスは髪の毛が抜ける原因が、気温やホルモンバランスの変化によるものを指します。

人間の髪の毛が誰でも抜ける本数が増えてしまう時期があります。その時期は、秋です。夏の紫外線による頭皮のストレスがあることによって髪の毛が抜けるようになります。

紫外線による頭皮のダメージは大きく、春の時期よりも秋の方が人によって二倍抜けることもあります。これに生活習慣の変化や、食生活の偏りがあるとよりダメージを受ける事になるので注意が必要になります。

薄毛の原因―ホルモンー

生理的原因によるストレスは女性の場合はホルモンの変化もあります。女性は年齢が増すことでホルモンの分泌量が変化します。エストロゲンのホルモンが変化することで、どうしても高齢になると髪の毛が抜けやすく薄毛の原因になります。

エストロゲンの作用は、頭皮環境を整えつつ、安定させる作用があるのです。故に高齢になることで髪の毛が抜けやすくなります。

男性の場合は、男性ホルモンの分量が減少して、分解物のジヒドロテストステロンが減少すると抜け毛の原因になります。男性ホルモン自体は抜け毛の原因になりません。ですが、テストステロンの量が減少し、ジヒドロテストステロンを作られる量が多くなると薄毛になるのです。その為、40代から薄毛が多くなるのはこうした原因が関係しています。

おすすめの記事