花粉症はアレルギーの一種ですが、今まで花粉症ではなかったという方でも急に発症することのあるアレルギーです。その症状は喉の違和感・痛み、鼻水などと風邪に似ているため、最初は風邪だと思って放置してしまう方も少なくないでしょう。

ですが、風邪と花粉症は大きく異なるものですから、放置していては花粉症は緩和できません。ここでは花粉症について、症状と対処法などをまとめてみました。

花粉症の症状

花粉症になると、喉の違和感や痛み、鼻水鼻づまり、眼のかゆみなど、顔の周りに症状があらわれます。喉の痛みは全員が感じる症状ではありませんが、珍しいものでもありません。この喉の痛みがあるため、今まで花粉症ではなかったかたは、風邪だと思ってしまうことが多いのです。

しかし、風邪と違って花粉症はなかなか治りません。花粉が飛んでいる間はずっと花粉症の症状がでてしまいます。因みに風邪と見分けるには、眼のかゆみがあるかどうか、症状が1週間以上長引いているかなどで花粉症と判断できます。

喉の症状については、違和感や痛み、かゆみなどが主な症状です。症状が重い場合には、嚥下痛(つばを飲み込むときの痛み)もあります。

また、花粉によって喉が炎症を起こしているところに、鼻づまりからくる口呼吸で喉を乾燥してしまい、結果喉の痛みが悪化するという悪循環が起こりやすいのが花粉症です。そのため、乾燥対策はとても重要になってきます。

花粉症で喉が痛いときの対処法

口呼吸をしないでいられるといいのですが、鼻がつまっているとどうしてもそうはいきません。花粉症用の薬などを服用して、鼻づまりを抑え、なるべく鼻で息ができるようになるのが理想的です。

そして、部屋の湿度にも気を配りましょう。のど飴や水分補給も有効です。特にのど飴だと、花粉症用ののど飴なんかも市販されていますから、こういったものを食べれば乾燥を抑えることができるでしょう。

喉の炎症はアレルギー反応ですから、これを直接治すということは大変困難です。症状を緩和させるためには、痛み止めなどが有効ですが、種類の違う薬を服用するときには、一度医療機関に相談しましょう。

このアレルギー反応により咳や痰が出て、喉を痛めてしまうこともあります。特に咳はあまりに激しくすると、喉の炎症を悪化させてしまいますから、なるべく抑え気味に出来ると喉の負担を軽減できます。

アレルギーは自分の力だけでは症状を緩和させることが難しいですから、症状が酷い場合いは、医療機関にお世話になった上で、こういった対処をしましょう。

喉の痛みの原因と対処法 | 喉が痛い時に見るサイト


おすすめの記事