いつも髪の毛が抜けてしまうと悩んでいるあなた、どうして抜けてしまうのか?抜けるという現症に対してよく調べると原因が多く複合していることがあります。今回はそんな髪の毛が抜ける現象を如何に減らすポイントを紹介します。

スポンサードリンク

髪の毛が抜けるその原因は様々

今回は髪の毛が抜けると言った項目を中心に紹介します。一般的に髪の毛が抜けると言っても、抜け方や毛根の状態によって危険な抜け毛と、生理的な抜け毛で問題が無いものの区別をつけることが出来ます。一般的に抜ける本数に神経を尖らせがちですが、重要なのは抜ける髪の毛の本数よりも、髪の毛の太さや、毛根の状態が判る髪の毛の根本の症状になります。

ショックで抜けてしまった髪の毛を捨てるのではなくて、抜けてしまった髪の毛を観察することがまずは第一歩です。自分では頭皮の状態を見ることは難しいですが、髪の毛で抜けたものなら簡単に見ることが出来ます。その為、抜ける現象ではなくて、抜けてしまった髪の毛の質を見ることが何よりも大切なのです。

髪の毛が抜けるのは生理現象気にし過ぎは禁物

髪の毛が抜ける症状は非常に、イライラする症状でとても多くの人が気に病みます。しかし、知っておいて欲しいのは髪の毛は常に同じ毛根がずっと生えている状態が続いているわけではないのです。髪の毛が生えている期間と、その機能が劣る時期、一旦生えなくなる時期があります。

それぞれ、生育期、退行期、休止期と呼ばれていて、男性の場合は2~3年の間の周期、女性の場合は4~6年の周期で繰り返されます。その為、抜ける時期があるので、心配のしすぎは禁物です。

また、髪の毛の抜ける現象の場合で、最も神経質になるのが、季節による髪の毛の抜ける本数が多くなる時期になると、病気で抜けたと勘違いしてしまうケースです。この場合は、夏から秋に掛けてで、人間の頭皮にあたる紫外線の量が多くなることで、髪の毛が抜ける本数が増えます。頭皮のダメージは照射された紫外線の量から2~3ヶ月後に頭に来るので、ダメージが増え、髪の毛が抜けるようになるのです。

その為季節によって抜ける本数が増えたことによる抜け毛は、髪の毛が異常に抜ける現象ではありません。故に、この段階の抜け毛では髪の毛が抜ける対策をする必要が無いのです。

髪の毛の抜ける場所が同じ

髪の毛の抜ける場所が同じ場合や、集中して同じ箇所の髪の毛が抜ける場合は基本的に危険な髪の毛の抜ける現象です。この場合は、家で自分でなんとかできるものではなくて、病院に行くレベルになります。頭皮の環境がその部分だけ特別に悪いという診断ならまだしも、円形脱毛症といった専門的な治療を必要とするレベルになります。

また、服用している薬剤によって、抜けている可能性もあるので、安易に判断するのは禁物な事例です。その為、部分的に髪の毛が抜けている場合の症状がある場合は、その部分が抜け出した時期を記録するのはもちろん、実際に抜けた髪の毛の状態を確認、差し支えなければ医師の診察の際に持っていける状態にすることが大切です。

またその部分の箇所の髪の毛の洗髪やブラッシングには注意することも大切な点です。抜ける要因が見当たらない場合でも日常生活で変化が起こっている要因があると思ったらメモを取ることも大切になります。

問診が抜け毛の場合は大きな原因を突き止めるポイントになるので、しっかりと話をする際には注意が必要なのです。

抜けた髪質が以前よりも違う

髪の毛が抜けるには、抜ける原因があります。その抜ける原因で多いのが毛髪の毛根が細くなっていることで発生します。

抜け毛の原因で最初に見て欲しいのが、髪の毛の毛根です。髪の毛の毛根と髪の毛の太さは、変わりありません。正常な場合は髪の毛の太さは、毛根の太さに差が無いのです。たまに頭皮がついていることもありますが、一本の髪の毛の太さが変動することは無いのです。

髪の毛の太さが、毛の根元に向かえば、向かうほど細い場合は毛母細胞が劣っていることになります。この太さが徐々に細くなっている場合は、毛母細胞の機能の低下によって抜け毛の原因になります。

また、太さにムラがある場合は栄養分が不足している場合になります。髪の毛に必要な栄養分にムラがある場合は栄養分に偏りがある場合に発生します。その偏りがある状態があって、栄養分が戻っている場合は、髪の毛の太さにムラが有るようになるのです。

髪の毛が細くなっていたり、ちぎれる場合は髪の毛に必要な栄養分自体が不足していることになります。タンパク質や髪の毛に必要な栄養分をしっかりと摂取することが優先事項になります。

油物を食べていなかったか、睡眠不足な時間帯がなかったか、生活習慣を確認して改善することはとても大切です。根本に皮脂が多い場合は現在の生活習慣を見直す必要があります。

スポンサードリンク
薄毛の関連記事
  • 髪の毛が抜ける原因と正しい対策方法とは?
  • 薄毛の原因は抜け毛の本数ではなく抜け方?
  • 髪を増やすホルモンは存在する?ホルモンの働きを最大限に発揮する方法とは?
  • 薄毛に育毛剤は効果あるの?育毛剤の効果と正しい選び方
  • 頭皮のニオイは薄毛の前兆?危険な頭皮のニオイとは?
  • 一日に抜ける髪の毛の量ってどれくらい?抜ける量を減らすことはできるの?
おすすめの記事
頭が痛い
蕁麻疹(じんましん)になったことがあるという方は少なくないでしょう。アレルギー反応だというイメージが強いかもしれませんが、特にアレルギーがあ...