帽子をかぶることによって髪の毛が剥げやすいと勘違いしていませんか?実は帽子を被ることによって髪の毛がはげやすくなってしまうのは、1つの要因であり、被ることによって必ずしもはげるとは限りません。今回は、そんな帽子ではげるという原因を解りやすく解説します。

帽子をかぶる人は剥げやすいのは本当?

帽子をかぶる人は普通の人に比べてはげやすいのは本当なのでしょうか?実際に調べてみると、被らないで働いている職業の人と、被って仕事で必要な人とでは髪の毛のはげ具合が大きく異なります。

やはり、帽子等を常に被っている人の方が髪の毛が禿げやすいのは事実です。ですが、ここで知ってほしいのは、被っている人でも禿げる人と、禿げない人がいます。ですから、帽子はあくまで禿げる要因の一部でしかなく、被っているからと言って必ずはげる訳ではないのです。

帽子によって頭皮環境にどのような変化があるのか?

帽子をかぶることによってはげが増す原因、これを冷静に解説していきます。まずは帽子を被ることによって頭皮環境がどうなるのか?考えて見る必要があります。

帽子を被ることによって頭皮環境に変化が出るのは、帽子を被ることによって、湿度が上がります。湿度だけではなくて汗も発生するようになります。帽子を被ると汗をかきやすくなるということですね。汗をかくことによって実は人間の頭皮にはダメージが加わるようになります。

汗は元々酸性の性質を持っています。その為細胞膜が酸によって、タンパク質にダメージが来るようになります。酸は頭皮のタンパク質を溶かすことによって、ケラチンの構造を変化することがあるので、頭皮にダメージが行くようになるのです。

つまり、帽子をかぶっている人は、頭皮環境を引き起こしやすく汗もかきやすいため、しっかりと手入れをすることが何よりも大切なことになるのです。帽子を被るということはその分リスクが上がるということなので、普通の人よりも手入れが何よりも大切になります。

帽子を被る注意点

帽子を私服で利用する場合は工夫をすればはげる要因にならずに済みます。その為、帽子を被る際に被る帽子をしっかり選ぶことが大切です。

特に汗をかきやすい夏場の場合には注意が必要で、頭皮に出る汗の分量をなるべく減らす効果が高いものを選ぶのがポイントになります。そのポイントは以下の2つです。

・通気性がよい素材を選ぶ
・帽子の色を熱がこもりにくいもの

最初の通気性が良い素材ですが、日本の場合は一番は麦わらが向いています。麦わらは軽く発汗性もいい素材であり、熱がこもりにくいのも大きな特徴なのです。そして、一番は折りたたみできる素材を選ぶことで、汗をかいた時に手早く脱いでケアをすることができます。

帽子の色で熱がこもりにくい色味を選ぶのも大切なポイントです。熱がこもりやすいのは黒系の色が中心になります。黒系の色の場合は基本的に熱を吸収します。その場合、頭皮の汗が出やすくなるので、夏場には黒系の暗い色味の帽子は向いていないとされる理由です。

帽子の黒系をどうしても欲しい場合は、発汗素材や熱をこもりにくい商品を購入することがおすすめです。汗をかいたら、手早く脱いでケアをできるようにするのも大切なポイントになります。

仕事で帽子を被る場合

仕事で帽子を被る場合は、基本的に制服なので、素材での対策はできません。その為、被った後の頭皮のケアや日常生活でバックアップをすることが何よりも大切になります。

仕事で帽子をかぶった場合は、頭皮で汗がたくさん出ています。その為、頭皮の皮脂が過酸化脂質にならないように手早くシャンプーで頭皮のケアをすることが大切です。

汗をかいた後に放置をしていると、頭皮の汗が酸性に偏り、頭皮ダメージの大きな原因になります。こうした状態を避けるのも大切なポイントになります。
頭皮環境を護るためには必然的に汗が酸化することで頭皮のダメージがひどくならないようにすることは何よりも大切なのです。

次に、ずっと同じ位置でかぶり続けない、業務の間に帽子をかぶらない時間帯を作ることも大切なポイントです。ずっとかぶることで、帽子の中の空気と湿気を追い出すことができます。
それによってかぶり続けるよりも汗が出にくいようになるので、髪の毛の抜ける本数が減るようになります。

故に、仕事で帽子をかぶり続ける場合は注意が必要であり、まめに管理することが何よりも重要なのです。また睡眠不足や食事の面でも髪の毛に良い生活習慣をすることが何よりも大切なのです。

おすすめの記事