人間の薄毛は、その症状が多くあります。その中でも罹患率が多く、進行が早いとされているのがM字はげです。今回はそんなM字はげとその症状、そして対策といった必要情報をわかり易く紹介します。

M字はげってどんな症状?

M字はげの症状は、人間のM字を描くように人間の髪の毛の生え際が交代する形で薄毛になる特徴があります。M字はげは、まさにMを描くように中心部分が手前に残り、左右の部分が置くばる形で、生え際が後退する特徴を持っています。

その為、M字の文字が見えるように呼ばれるため、M字はげと呼ばれています。なりやすいのは男性で、40代以降がメインの罹患患者ですが、最近では弱年齢でも多く発生しているはげになります。

その為、弱年齢の場合は生え際がちょっと後ろになったぐらいで、まさかはげが進行しているだなんて思いもせず、気づいたら症状が進行して悪化が酷いケースが後を絶たないはげです。

M字はげになりやすい人

M字はげは生活習慣だけでなくて、なりやすい人が実際にいます。実は、遺伝の要因もあるので、M字はげになりやすいか、なりにくいか事前に知ることが出来ます。少し、生え際が後退してきたら、自分の身内にこのような人がいないか確認することが大切です。

  • 身内にもM字はげの人がいる
  • AGAの人がいる

最初の身内にもM字はげの人がいる場合は、自分自身にもM字はげになる要因があると考えても良いのです。M字はげになる特徴というのは、生え際の部分を含めた毛髪の毛母細胞の生育環境が大きな関係を持っています。この中でも、頭皮が大きく関係をするのですが、頭皮環境は肉親で類似する傾向があります。M字はげになりやすい人は特に頭頂部の血流が減少する傾向があります。

また、AGAの人がいる場合も注意が必要です。先ほどと同様に頭皮環境が悪化する傾向があります。また、頭皮の老化のスピードも早いので注意が必要なのです。

つまり、頭皮環境が悪化の要因が遺伝によって影響されることで、M字はげになりやすいと言われています。ですから、生え際が薄くなったら、自分の身内にいないか確認をして、人よりも数倍頭皮のケアをする必要があるのです。

M字はげはジヒドロテストステロンの影響が高い

M字はげに切っても切れないのは、ジヒドロテストステロンというホルモンの分解物です。テストステロンから生成される物質は、頭皮の毛母細胞の本来の活動を阻害する効果を持ちます。

人間の体内に放出されたテストステロンは長時間人間の体内にいすぎると、いろんな障害を起こします。その為、一定時間が経過したホルモンは分解される必要があります。分解に使用するホルモンがリダクターゼと呼ばれる酵素になります。この酵素が多いと、ジヒドロテストステロンが多く生成されるようになるのです。

このジヒドロテストステロンの生成酵素は、食事によってある程度活性を減らすことが出来ますが、実際には、遺伝による生成の量に個人差があります。その為、M字はげになりやすい人はこの生成量が多いので、はげやすいとされています。

このジヒドロテストステロンの生成を抑制する育毛剤も現在は多く販売されており、使用することがM字はげの対策のメインになります。育毛剤を使用することで、頭皮にいる酵素の働きを抑制して、本来の毛髪の発育を助けることができるのです。

また、使用する薬剤は、ドラックストアでも購入が出来ますが、M字はげの場合は進行が早いので、軽度の段階で一回診察をして、成分等確認することが大切です。成分の分量によっては、効果が得ることができなかったと言ったケースもあるので、確認することが大切になります。

M字はげの対策

まず、M字はげだと思ったら、生活習慣の改善を早急にすることが大切です。最初は、睡眠時間の改善です。不規則な時間に睡眠をとっている、そして、睡眠の質が悪いと言った場合は、改善することが大切です。

人間の毛根の生育には睡眠が非常に大切で、睡眠時間の間に、十分な酸素や栄養分を得ると同時に成長ホルモンの効果やテストステロンの効果で毛髪がより健康に育つことが出来ます。その為、本来の強いコシのある髪の毛を育てることが出来ます。ですが、乱れてしまうことで、十分な栄養分を得ることが出来ないがため、M字はげの進行が早くなります。

生えていない毛髪の髪の毛の生育も促進させるには紙の毛が育ちやすい環境を整えることが何よりも大切になります。次に、十分な毛髪に対する栄養分を生活習慣で摂取できているかです。良質なタンパク質や、ビタミン、ミネラル、バランスの良い食事をすることが大切です。足りないと思っているならまずは、マルチビタミン等を摂取することも大切なケアになります。

ですが、脂質のとりすぎはM字はげの症状の進行になるので、注意が必要になるのです。M字はげの症状は非常に厄介なはげです。しかし、適切なケアをすることで進行を抑制することが出来ます。

おすすめの記事