髪の毛の薄毛で気になるのは、一日に抜けてしまう髪の毛の量です。多いと気になるし、少ないからと言って神経質になるのもよくありません。髪の毛が抜ける量とはどのような量が適切なのか?知って損はない気になる一日に抜ける髪の毛の量に関して紹介します。

そもそも髪の毛って何本生えているの?

皆さん、髪の毛が抜ける本数を気にする前に髪の毛自体がどれくらい生えているのか、知っておく必要があります。髪の毛の本数に関して、知っておいて、その生えている割合でどれくらい抜けるのか?知っておく必要があるのです。

日本人の平均は、実は10万本髪の毛があると言われています。その10万本生えている髪の毛のうち85%が正常に生えている髪の毛です。残りの15%って何かというと、髪の毛の毛母細胞の機能が低下している退行期、髪の毛自体の生える速度が落ちている休止期になります。

季節や頭皮環境の変化で季節の関係で一日に抜ける本数に変動があるのです。この15%を如何に増やさないようにするかが髪の毛を抜ける本数を減らすポイントになるのです。

一日で抜ける髪の毛の本数、正常は何本?

ここで重要なのは、一日で抜ける髪の毛の本数は正常では何本という事実です。これには実は変動があります。

それは頭皮ダメージの有無ですが、正常な人手も頭皮ダメージの原因になるものがあります。それは紫外線です。紫外線は、人間が地球で生きていく以上必ずあたるものになります。その為、紫外線があたることで、頭皮にダメージがいく関係と、退行期の髪の毛のタイミングがあたると本数が増えるのです。

その為、一日に抜ける髪の毛の本数が季節によって変動します。一番少ないのは春です。頭皮環境に影響を与える紫外線の量が少ないのは、冬です。単純な理由で、日光が出ている時間が短いためです。その為、抜ける本数が少なくなります。冬の場合は単純に退行期になった毛根が抜けるのと同じで一日平均50~100本抜けるようになります。

対して秋は一番本数が多く200本ほど抜けることもあります。実は、紫外線は5月や6月の照射量が多いので、こうした本数の変動があるのです。その為必然的に抜ける本数で季節柄変動するのです。

だから、秋になって急に本数が増えたと焦ることもあると思いますが正常範囲なのです。ただし、抜ける髪の毛の本数も大切ですが見落としては行けないポイントがあります。それは、同じ場所で抜けるか抜けていないかです。その部分をしっかり確認することが大切なのです。

男性・女性で抜ける髪の毛に差があるの?

一日に抜ける髪の毛の本数は女性の方が実は男性よりも多いのです。その理由を列挙すると如何のような特徴があるからです。

  • 頭皮ダメージの影響が与えられやすい
  • 女性の方が毛根の周期サイクルの時間が長い

最初の頭皮ダメージの影響が出やすいというのは、男性よりも女性の方が、頭皮の厚さが異なります。女性の方が男性よりも頭皮が薄いため、髪の毛を生やしている頭皮環境が著しく悪化してしまうのです。その為、男性よりも女性の髪の毛の抜ける本数が多くなってしまうのはこうした原因があります。

つまり、女性は男性よりもそれ以上に頭皮環境に関してしっかりとしたケアをしないと髪の毛の一日あたり抜ける本数が増加してしまう傾向になるのです。

女性の方が毛根の周期サイクルの時間が長いというのも大きな原因です。女性は毛根のサイクルが6年と非常に長いスパンになります。その為、退行期が来てしまうとその分退行期も長くなってしまうのです。故に、抜けやすいのはもちろん、休止期ではない退行期も長いので、ブラッシングで抜けてしまう可能性があります。

その為、抜ける本数が男性よりも女性の方が多いとされているのはそれが大きな原因です。

一日に抜ける髪の毛自体を減らすことができる方法

一番重要なのは先程紹介した髪の毛の本数の中で如何に退行期段階の髪の毛の抜け毛を減らすことができるかという事実です。退行期は髪の毛の毛母細胞が劣ってきているときなので、髪が抜けやすくなります。この抜けやすい状態を防ぐことが大きなポイントなのです。

髪の毛を抜けないようにする対策として知っておくべきポイントは、髪の毛の毛根をいたわりながら、頭皮環境を守ることが何よりも大切になります。ブラッシングで無理に引っ張るような状態でないと髪を梳かせないという人は注意が非常です。くせ毛があったり、キューティクルがガサガサなのも抜けやすい原因になります。

また、髪の毛では無くて頭皮環境の悪化も大きな一日に抜ける髪の毛の量が増える原因です。その為、髪の毛が抜けることに関してはとてもブラッシングと頭皮環境両方の側面で気を配ることが大切なのです。

髪の毛に十分な栄養を与えるためにも食生活や睡眠、ストレスの解消はもちろん、しっかりとしたケアが本数を減らす大きなポイントになります。

おすすめの記事