薄毛になるスピードは、年齢・性別によって進行の度合いが大きく異なります。その為、進行が遅いと思ったらはげてしまうということもあるので早めの対策が必要です。今回は薄毛の進行に関する素朴な疑問を解説します。

薄毛になる人とならない人何故いるの?

最初に、薄毛になる人ならない人の何故いるのか?薄毛の進行に関して、個人差があるのは何故なのでしょうか?

薄毛になるには、遺伝も関係しています。男性の場合は、特に遺伝の要因が多く、男性の男性ホルモンのテストステロンが多いと、何も対策をしない場合は薄毛の傾向があります。これはテストステロンの分解酵素がジヒドロテストステロンを作り出すために起こります。

男性の分泌量は人によって個人差があるので、薄毛になる家系があると言われるのはそのためです。しかし、それは要因であり必ずハゲるわけでは無いのです。

つまり、遺伝要因によって要因を持っている人とそうでない人では、同じ生活習慣をしていても薄毛になりやすくなりますし、進行も早くなります。
環境要因によって大きな差になるので注意が必要になります。

薄毛になる時間は年齢・性別によって違う

薄毛というと進行が早いと思われがちですが、実際に進行が早いのは40~50代ぐらいになります。40~50代は、毛根の毛母細胞の働きも低下しており、休止期になる髪の毛の本数が非常に増える様になります。

つまり、薄毛になる原因で多いのはこの毛母細胞の働きが低下することで発生します。2ヶ月抜ける髪の毛の分量が増えてきたと感じた場合は、早急に対策を立てることが大切です。また、食生活や睡眠といった要因も抜け毛を助長するので、その対策も必要になります。

弱年齢の20~40歳の場合は、一年かけて薄くなることが多いのが特徴です。抜ける髪の毛の本数が多くなってくるペースも徐々に増えてくるようになるため、あまり気づかないことも多いのが現状です。しかし、一番髪の毛が抜ける時期の秋と同じ本数の場合は要注意です。同じ本数の髪の毛が抜ける場合は、明らかに薄毛が進行している目安になります。元々、人間の髪の毛は季節によって変化します。その変化が多くなっていきしまいに本数に変動がない場合は、薄毛の対策は必要なのです。

薄毛が進むのは年齢によってスピードが違うので、しっかりと年齢別の情報を集めることが大切です。

また女性よりは男性よりも頭皮が薄いので髪の毛の毛根が衰えることによる薄毛が多く、男性の場合はジヒドロテストステロンの影響による、生育期の髪の毛でも抜けると言った症状になります。

性別に合わせた商品を使用することも大切な要素です。

薄毛の進行の原因―ヘアケアー

薄毛になることで、注意してほしいのはヘアケアです。薄毛の老化による進行は完全に食い止める事はできませんが、薄毛のヘアケアをしっかりすることで、早く抜けてしまう髪の毛の本数を減らすことができます。

頭皮が大切という人もいますが、実は、髪の毛のキューティクルが傷んでいる、いないは、薄毛の進行を特に左右します。長髪の場合は、ブラッシングの時に、髪の毛が絡むことで知らぬ間に髪の毛が抜けてしまうようになります。ですから、ヘアケアをして、髪の毛の枝毛のケアをすることは非常に大切な点です。

絡まることで何気なくやっている手入れでも、髪の毛に毛根を引き抜いてしまうと、同じ箇所から髪の毛が生える本数がかなり減少します。その為、薄毛の進行の原因には、普段の髪の毛のケアも非常に重要なことなのです。

ヘアケアをしっかりすることは、頭皮だけという考えを持っている人もいますが、髪の毛の手入れをすることも薄毛の進行をより遅くすることができるのです。

また、ヘアケアをする場合は頭皮に使用できる薬剤かそうでないかもとても大切なポイントになります。頭皮に使用すべきでない髪の毛のトリートメントを使用すると、場合によっては頭皮の荒れる原因になるので注意が必要になります。

薄毛の進行が病気のケースもある

突然生活習慣やストレスに問題が無いにもかかわらず、薄毛になってしまう要因に病気が大きな関係を持っているケースがあります。

男性の場合はテストステロンの量が減少したり、女性の場合はエストロゲンの量が減少すると本来の毛根の育つ環境を維持できなくなるので、髪の毛の薄毛の進行が非常に進むようになります。

またこの場合は、薄毛の症状以外にも体調不調や気だるさ、不快感がひどく続くようになります。このような、ホルモン系の病気でなくて病院に行く段階でなくても、薄毛の原因に首こりや肩こりと言った症状によっても薄毛の原因になります。

つまり、知らない間に他の体の不調によって、抜け毛が進行しているケースがあります。規則正しい生活や以前と生活リズムが異なっていないのに、体の不調が治らないと言った症状がある場合は注意が必要です。

髪の毛や頭皮以外にも薄毛の原因になるので、しっかりと、自分の薄毛の原因を今一度確認して対処することも大切になります。

おすすめの記事