薄毛になる原因にブリーチとパーマであることが大きな原因になるケースが殆どです。今回は、そんな薄毛の発生原因に関して解りやすく解説いたします。素敵な髪型を楽しむためにも知っておきたいポイントを紹介します。

ブリーチとパーマは20代でも薄毛になる

人間の頭皮環境が整って一番安定していると言われている20代でもブリーチとパーマによっては薄毛の原因になります。

それだけ最初にブリーチとパーマはキツイ薬品を使用していると自覚して欲しいのです。ブリーチは薬剤を使用して、元々ある髪の毛の色素を抜いて新しい色を注入するのが基本です。つまり薬剤によって元々ある色を抜きます。この時、髪の毛の細胞を破壊する必要があるのです。

このブリーチの薬剤は頭皮まで付くことが多く、根本までの髪の毛を染めるのが殆どです。その為、頭皮の細胞にも薬剤が付くため、髪の毛の根本の毛母細胞が大きなダメージの原因になります。

パーマの場合は髪の毛の結合を一旦切って、好きな状態の形に再形成した後に、固定する液で好きな髪型にします。その為、パーマはブリーチよりも薬剤が強力なので、ダメージが非常に大きいのが特徴です。

この施術を両方することによって髪の毛が非常に痛みやすく、薄毛になるとされている原因です。

ブリーチとパーマ両方施術は危険なのか?

ブリーチ、パーマの両方施術は、片方だけよりも髪の毛のダメージの大きな原因になります。つまり、それだけリスクが上がるということです。ですが、両方かけても髪の毛が綺麗な人もいます。

その為に対策をするにはどのような点を気をつければいいのでしょうか?

ポイントはブリーチをかけたあとの施術です。ブリーチの時点で、髪の毛はいたんでいます。その為、ブリーチの後に髪の毛を護るための施術を行うことが大切です。髪の毛のブリーチは先程の紹介したとおり、髪の毛の色味を決める施術で、キューティクルを壊すため、非常に髪の毛の表面がザラザラした状態になります。このザラザラし状態を改善することで、パーマのダメージを減らすことができるのです。

ブリーチをかけた時点で枝毛が発生していると考えて、ここで正常な髪の毛の状態に戻すことが大切になります。ブリーチをかけた場合は、トリートメントをすることが大切なのです。

しかし、ブリーチの種類の場合によっては、薬剤の種類によって非常に髪の毛のダメージを増やすことになります。市販で使用されている薬剤はあくまで染めるためだけのものなので髪の毛のケアは入っていません。

ですから、髪の毛を染める場合はヘナや美容室で染めてもらうのが一番です。ヘナは天然素材のため、髪の毛の質を化学薬品よりも痛めません。美容室の場合はプロですので、強力な薬剤を使用したとしても、髪の毛にダメージが来る前に止めることができます。

ブリーチとパーマの日にちを変える

ブリーチとパーマを同時に施術することで、髪の毛に大きなダメージが行くようになります。ですが、注意してほしいのは、髪の毛のダメージがある状態を二回重ねないことも大切な点です。

つまりブリーチとパーマを同時にかけないことでも、薄毛の原因の対策になります。ブリーチした髪の毛は先程行ったとおりダメージを受けています。そのダメージから回復する時間を設けることで、髪の毛の薄毛の予防にもなるのです。

髪の毛の薄毛の原因はこのような施術を分けることで、対策を練ることができます。目安は最低でも一週間開けるのが基本です。施術によって分けるのが面倒という人がいますが。美しい髪の毛を見せたいが為に施術をしているにも関わらず、髪の毛が抜けてしまっては本末転倒です。

もし、施術までの間がダサいとか悩む場合は、分ける前提で、髪の毛のカットをしてもらうというのも1つの方法です。パーマ前と後で楽しめる髪型にすれば、2度楽しめて美味しい思いをします。また一度に施術費が飛んでいかないようになるので、お財布にも優しいのも嬉しい点です・

パーマ、ブリーチ、トリートメントの店を変える

美容室によって実は得意な部分が違います。カットした店ですべて終わらせる人もいますが、別の店にするのも1つの方法になります。

特に、トリートメント専門の店があるほど最近はヘアケアに関して、専門的な店も増えてきています。髪の毛の質を護るためにも、店を変える選択も1つの有効的な手段なのです。

同じ店ですべての施術を受けなければならないというルールはありません。割引はあるものの、数千円の割引で、髪の毛のダメージがある方と、その分上乗せでキューティクルが光るようなパーマの髪型になるのでは大きな違いになります。

枝毛があるとブラッシングの時点で髪の毛が絡まり、薄毛の原因にもなります。頭皮のケアを考えても、自分にあったケアをしてくれる店をその都度変えるのもとても重要な対策になります。

おすすめの記事