薄毛には実はひどくなる前に前兆があります。その前兆を放置することで薄毛の症状が発生するのです。ひどくなる前に頭皮や毛根に出ているその予兆を知れば、対策を立てることが出来、薄毛の心配がなくなります。今回はひどくなる前の薄毛の前兆の原因とその対策を紹介します。

薄毛は突発的になるわけではない

髪の毛で薄毛になる場合は必ずその原因があります。ですが、徐々に進行するため、その症状の進行に気づいた時には手遅れと言ったケースが多いのが現状です。

しかし、何気ない日常の中で、少しの異変に気づくと薄毛の進行を抑えたり、自分の頭皮環境や食習慣の改善により健康的な体を手に入れることが出来ます。故に、些細な事でも観察して気づくことが何よりも大切です。

最近は弱年齢の薄毛が多くなってきており、自分の年で症状が出るなんてと焦る人もいます。薄毛の症状の進行にはもはや年齢は関係なくなってきているので怪しいと思ったら確認することが大切なのです。

抗がん剤や薬剤による薄毛以外の、前兆に関して今回は解りやすく解説いたします。

頭皮の痒み・フケの発生

もし、自分の頭皮が痒みが発生して、頭を掻くようになった、白い粉が発生するようになった場合は薄毛の前兆になります。

頭皮に痒みが発生するということは、頭皮環境が悪化して、炎症を起こしていることによって痒みがある状態です。痒みが発生しているときの皮膚は、非常にデリケートで、人間の皮膚のバリア機能が劣っている状態になります。つまり、異物や刺激によって、皮膚の炎症が発生しているという状態になります。

頭皮は見えないので、実際に自分自身で状態を確認する術があまりありません。その為、かゆみ発生が、単なるシャンプーやリンスによるものなのか、汗によるものなのかあまり判断できない難しさがあります。ですが、頭皮に使用するものを変えて炎症が発生した場合は、その薬品が原因なので即止めて刺激が無いものを使用することが大切です。

また、痒みが強かったり、掻く頻度が多い場合は、皮膚科での診察をおすすめします。一般的にはシャンプーやリンスの洗い残しが炎症になっているケースや、そのシャンプー、リンスが合わない、頭皮の汗や皮脂が多く、赤くかぶれている事が原因であることが多いのです。

フケが多い場合は、皮膚の角質が剥がれていることになるので、更に炎症が進んでいると考えて良いのです。その為、早急なケアなり、頭皮を洗うときのケアや、洗い残しが無いように注意すること、炎症がひどい場合は病院に行くことをおすすめします。

毛根が細い

自分の髪の毛が抜けたとき、観察をしてみて毛根が細い場合は要注意です。これは、頭皮に生えている毛母細胞が劣化してきたことによって発生します。

解りやすく例えると、植物が根を生やしますが、その根を張る力さえ低下してきているという意味です。つまり、しっかりと頭皮に毛根が生えていない状態になります。その為、知っておいて欲しいのは毛根が細いことで髪の毛自体が抜けやすい環境になっているということです。

では、毛根がしっかり頭皮に映えないということはどういうことでしょうか?その理由は、頭皮に毛根が生えにくい環境であるということです。毛根が生えにくいということは、頭皮が硬い、十分な栄養分が行き渡っていないという状態が考えられます。

その為、頭皮マッサージをして頭皮をほぐすこと、血管の径を広くする栄養分を積極的に摂取することが大切になります。

栄養分を行き渡らせることを重点的にケアすることでこの前兆を改善して、頭皮環境をより良くすることが出来ます。

髪の毛の抜け毛に細いものや短いものが増える

これは抜け毛自体の質の低下によって起こる現象であり、頭皮の毛母細胞の働き自体が悪くなっていることで起こります。髪の毛を作り出す継続時間が短くなっている状態です。

先程の、毛母細胞が弱っているわけではないので、ここで重要なのは頭皮にとっても髪の毛に必要な栄養分を摂ることと十分な睡眠を得る環境を作ることが大切になります。

重要なのは栄養分の他に必要なものとして、毛母細胞によって必要な栄養分が少ないがために髪の毛自体を継続的に本来の質で創れない現象が起こっているのです。

油物ばかりを食べて、ビタミン不足になっていないでしょうか?必要なタンパク質は摂取していますか?髪の毛は人体の中では、生命維持の優先度は低いので、栄養分は他の部位に回されがちになります。その為薄毛の前兆として症状が発生するのです。

頭皮環境を良くするために、ビタミンB群やビタミンE、マグネシウムと言った栄養を積極的に摂取することが大切です。また、薄毛になるまでにかなり栄養分が行き渡っていない期間が長かったと考えられます。根気強く続けていくことが大切になる、薄毛の前兆になります。

おすすめの記事