20代と言った若年層でも最近は薄毛が増えています。薄毛の原因は多岐に及んでいますが、若い年齢であるとふとした無関心で気づいたら手遅れという事例も少なくないのが現状です。今回は、そんな薄毛の原因とその対策に関して解りやすく解説します。

20代でも頭皮環境が悪化する原因

最近の20代は頭皮環境が悪化することが多く、そのため薄毛の原因になるケースが殆どです。大きく分けると以下の原因で頭皮環境の悪化によって発症することが多いとされています。

・頭皮環境を駄目にする染色・パーマ

  • 合わないシャンプー・リンス
  • ストレス

最初の髪の毛を染める場合ですが、ブリーチとかパーマをする場合は、頭皮の大きなダメージがかかります。頭皮に薬品が塗布された時に合わない医薬品の場合は、かぶれの症状が発生するようになるのです。ですが、すべての人がそのような症状を発症する訳ではなくて、その後の頭皮ケアをしっかりしていない場合も薄毛の原因になります。

合わないシャンプーやリンスも抜け毛の原因です。頭皮の毛穴に洗い落としていないシャンプーやリンスがある場合も抜け毛の原因になります。また、頭皮環境の悪化させる化学物質が入っている場合も注意です。

最後のストレスですが、今はバイトや就職活動20代でも多大なストレスを抱える人が増えています。このような場合も、薄毛の原因になります。

20代の薄毛の原因・パーマ、ブリーチ

20代で多いのがパーマやブリーチによる髪の毛のアレンジに関する事が原因で髪質が劣化してしまうケースが多いのが特徴です。ファションといいつつ使用する薬剤には多くの頭皮を痛みつける成分が多く使用されています。

その為、知らない間に髪の毛の質が劣化するような原因が多く見られるようになるのです。
パーマやブリーチは髪の毛の形状を買える成分や必要な薬剤が使用されていますが、知っておくべき特徴に、髪の毛に使用する薬剤だとしても頭皮についてしまう可能性を知っておくべきなのです。

例えば、パーマの場合も髪の毛の根本に薬剤がついてしまいます。パーマの薬剤に含まれている成分は基本的に頭皮の髪の毛の細胞のケラチンの構造を変える成分が入っています。その為、髪の毛の形状を変えるには必然的に髪の毛の細胞のタンパク質を変える成分が必要になります。その為、人間の頭皮の細胞もタンパク質の一種なので、頭皮が傷んでしまうのです。

ブリーチは、髪の毛の色素を抜く段階での薬剤によって頭皮が傷んでしまいます。髪の毛の細胞を壊して、元の髪の毛の色素を抜き自分にあった髪の毛の色を入れることによって髪の毛を染めます。この髪の毛の色味を抜く段階の薬剤が頭皮についてしまうと、頭皮が痛む原因になるのです。

対策としては、髪の毛を染める際に使用する薬剤や、パーマをする際には、薬剤の成分を確認すること、頭皮の状態が悪い時に染めるようなことをやめるのが大きな前提になります。

合わないシャンプーとリンス

合わないシャンプーとリンスこれも20代で多い頭皮の状態の悪化の原因であり薄毛の原因になります。また、あっているシャンプーでもリンスとかしっかり洗い流していないのも多い薄毛の原因です。

合わないシャンプーとリンスとは、シャンプーの場合は頭皮にある必要な油分を洗い流してしまうことで、頭皮が乾燥して抜け毛になってしまうケースが多いのが実状です。界面活性剤やシリコンと言う成分は頭皮の刺激になることも多く、洗っている間に頭皮を痛めつけているケースがあります。

リンスの場合は、髪の毛の成分を補うための物であり、頭皮に残っている場合は、髪の毛が抜けてしまう大きな原因になります。頭皮を塞いでしまうことで、頭皮の髪の毛が抜けてしまうことになるからです。故に合わないシャンプーとリンスは、頭皮を知らない間に痛めつけてしまうのです。

また、きちんとすすいでない場合は頭皮の毛根を塞いでしまいます。シャンプーの場合だと、洗浄成分が頭皮に居残り続けていることになるので、本来残っていてほしくない成分と共に汚れも残っていることになります。ですから、しっかりと洗浄することが何よりも大切なポイントになるのです。

ストレスも大きな原因

ストレスも薄毛の発生の原因です。ストレスがあることによって、毛根の生育に関する栄養分の補給や毛母細胞の本来の働きを損ねる作用があります。

ストレスが毛根が生きるために必要な頭皮環境の悪化や、十分な栄養分の補給と言った部分に関して、多大なダメージを与えます。最近は若年層のストレスが原因での薄毛の原因も多くなってきています。

睡眠不足による不眠症や食べ物のどか食いも大きな原因です。その為、薄毛になるケースもあるので注意が必要になります。我慢のしすぎによって、体に出てしまうという方もいます。薄毛の症状によって手遅れになる段階以前で気づくケースもありますので、自分のストレスとの賢い付き合い方は知っておく必要があります。

おすすめの記事