「ヘルパンギーナ」という病気を聞いたことがありますか?お子さんがいらっしゃらない方は耳馴染みがないかもしれません。これは夏風邪の一種で、子供がかかりやすい病気ではありますが、大人がかからないというわけではありません。

このヘルパンギーナは咽頭炎ですから、喉が痛いという症状が主な症状になります。ここでは、このヘルパンギーナについてまとめてみました。

ヘルパンギーナとは

ヘルパンギーナとは、簡単に言うと夏に大流行する急性咽頭炎のことです。ウイルス感染により発症し、6月から8月にかけて感染者が多くなります。

主な症状は、38度以上の高熱、口内炎、水疱、喉やその周辺の炎症です。熱に伴って、関節の痛みや全身倦怠感、また小さな子供だと熱性痙攣なども起こしてしまいます。

もしも大人が感染する場合は、子供が感染するよりも重症化する場合もあるため、子供がヘルパンギーナに感染した時には自分には感染しないように注意が必要です。

特に妊婦の方は気をつけなければなりません。妊婦の方が感染してしまうと、お腹の中の子供にまで感染してしまう恐れがあります。

ヘルパンギーナは予防できるワクチンなどがないため、感染してしまうと症状を緩和させるような薬物療法を行い、症状が回復するまで安静にする必要があります。

重症化してしまうと、髄膜炎や心筋炎を起こしてしまうこともあります。その場合は自宅療養ではなく、入院する必要があります。

ヘルパンギーナの喉の症状と対策、注意点

ヘルパンギーナは急性咽頭炎の一種ですから、喉の痛みは必ず生じます。しかも、通常の風邪とは違い、激しい喉の痛みを生じます。喉には水疱ができ、それが破れて染みてしまうという、とても辛い症状が現れます。

水分をとることさえままなりません。その喉の痛みは数日から1週間程度続きます。ヘルパンギーナは特効薬がありませんから、回復するまでその喉の痛みは続きます。

痛み止めなどで痛みを緩和することは出来ますから、病院で処方してもらうといいでしょう。

また、家族がヘルパンギーナにかかってしまった場合、周りの方は予防策にも努める必要があります。飛沫感染、接触感染が感染経路ですから、うがいや手洗いはこまめに行い、体力の低下にも気をつけましょう。

患者を看病するときには、マスクをつけましょう。また、患者の手などを清潔にしておくことも重要です。

喉の痛みでどうしても食べたり飲んだりが困難な場合には、一度医師に相談してみましょう。点滴が行われる場合もあります。

喉の痛みの原因と対処法 | 喉が痛い時に見るサイト


おすすめの記事