人間の毛根は食べる栄養分によって、生える量が如実に変化します。髪の毛の環境を整えるのは、日頃の食事が大きな関係を持っています。今回は、やってしまいがちな薄毛をひどくする食べ物、良くする食べ物に関して解りやすく解説します。

薄毛は食べ物によって悪化しやすい

薄毛になる原因は毛根に十分な栄養分が、行き渡るかということと、頭皮の環境を整える為に必要な栄養分が潤沢にあるかどうかで症状の進行速度が変わります。

人間の頭皮は、基本的に生命維持にはあまり優先順位が高くありません。日常生活で栄養分の偏りがあった場合、頭皮の栄養分を他の生命維持に関わる部位に使用する事が多いため薄毛の原因になります。

その為、食事によって進行速度が変わってくるのです。また、薄毛になる原因で知っておきたいのは、頭皮の環境も良くしつつ、髪の毛を作る栄養分もセットで摂る必要があるのです。

頭皮の環境を良くして毛母細胞に栄養を送り込み、更に、髪の毛を作る栄養分を摂取することで、より健やかな髪の毛を作ることができるのです。ですから、悪化しやすい食べ物を変えるだけで改善することが出来ます。

薄毛の症状をひどくする食べ物

薄毛は十分な栄養分が無いと症状が悪化しますが、悪化する食べ物、摂りすぎると良くない食べ物があります。

  • 脂質(動物性)
  • 炭水化物

この2つの摂取が過剰な場合は薄毛の原因になります。最初の脂質は、脂質が多い汗をかきやすい部位の皮脂腺から脂が多く分泌されるようになります。その脂が多いことによって、頭皮では過酸化脂質と呼ばれる脂が発生します。

空気中の活性酸素と結合し出来た過酸化脂質は、頭皮に酸の大きなダメージを与えます。ひどくなると湿疹やかゆみの原因にもなります。また分解される時に、多くのビタミンを使用するため、頭皮に十分なビタミンが回ってこないのも大きなダメージになります。

また、血液の質を悪くする効果もあるので十分な酸素が頭皮に巡らないと言った欠点も持っています。その為、動物性の脂質の摂取は薄毛の原因になるので、入っている食べ物の摂取は控えることが大切です。

また、炭水化物の摂取は、血液の血糖値をあげて、糖分が過剰になると血流が非常に悪化する原因になります。そのため、多くの炭水化物類の摂取は危険なので避けることが大切になります。

食べ物の場合は揚げ物といったものを食べていると原因になるので、注意が必要になります。

髪の毛の栄養分になる食べ物

次に摂取すべきは薄毛に予防効果がある食べ物を紹介します。薄毛に予防効果がある食べ物とは、まずは髪の毛の質を良くする食べ物になります。必要な栄養分は、タンパク質です。

タンパク質を摂取しろというのは筋肉のイメージが有りがちですが、人間の髪の毛もタンパク質で出来ています。ただし、タンパク質の種類が違うのです。食べるべき食べ物の栄養分を紹介すると以下の種類になります。

  • 豆類
  • 脂肪分が少ない肉(ささみ肉等)
  • 魚類

人間の髪の毛を構成するために必要なタンパク質で押さえておきたいのは豆類に入っているタンパク質です。人間の髪の毛の成分のタンパク質は豆類にしか入っていない必須アミノ酸が多く使用されています。それが豊富な豆類はよく食べて摂取すべきタンパク質です。

脂肪分が少ない部位の動物性の肉のタンパク質も必要なタンパク質になります。魚類の場合も必要なタンパク質も含まれており、青魚の場合は脳内の血流も良くするDHAも入っているので、薄毛の予防に大いに役立ちます。

頭皮の血行を良くする食べ物

人間の生えている毛髪には、多くの栄養分が必要ですが、その栄養分が多ければ多いほど人間の健康をよりあげる効果があります。

その為、頭皮の血流の量を増やす、食べ物を食べるのが効果的です。代表例は、以下のビタミンやミネラルが入っているものを勧めます。

  • ビタミンE
  • マグネシウム

ビタミンEは頭皮の血管の径を拡張させる効果があります。血管の筋肉がほぐれることによって、より血液の流れる量が増えて、毛根により多くの栄養分が流れるようになります。その為、また筋肉を柔らかくする効果があるので、肩こり、首こりにも大変効果があるとされているビタミンです。かぼちゃや緑黄色野菜に豊富に含まれています。ジュース等で積極的に摂取するのも効果的です。

マグネシウムは血管の交感神経の緊張をほぐす効果があります。その為、就寝時の交感神経の活性を抑制する効果があります。故に、リラックスする効果があるため、睡眠の質もあげることができるのです。頭皮の血行を良くするために、実際にサプリとしても販売されている成分です。牡蠣や海藻に多く含まれますが、基本的に、サプリメントでも十分摂取することが出来ます。

マグネシウムは片頭痛の効果もあるため、薄毛の対策と共に体の不調も取り除いてくれるおすすめしたい栄養分であり食事で摂取したい成分でもあるのです。

おすすめの記事