薄毛になったら使用するのが育毛剤、しかしその正しい成分や使い方を知っておくことはとても大切なことです。育毛剤の本来の効果と、その使用するメリット、選ぶポイントを解りやすく解説します。

スポンサードリンク

そもそも育毛剤って種類多いけどどんな種類があるの?

育毛剤は多くの種類の商品が販売されていますし、値段も多彩で高いものだと5000円台するものもあります。その違いは入っている成分の違いであり、選ぶポイントがあるのです。

育毛剤には、種類があります。頭皮の油分の環境を整える効果がある商品、頭皮の栄養分を補給するための商品、実際に薬効がある成分の3つに大まかに分けることができます。
ここで重要なのは、髪の毛を生やす効果も重要ですが、その人が目的にあった商品を選ぶことが大切なのです。

そしてその基準が、医薬部外品、○類医薬品といった記載です。記載があることによって、効果の違いや価格が大きく異なります。医薬部外品はあくまで効果があるような環境を作るための薬剤です。○類医薬品の場合は、薬なので、効果や副作用含めて調べているため価格は張りますが、効果は保証されています。ですが、使用できる人と使用できない人がいるので注意が必要なのです。

頭皮環境を良くする育毛剤

育毛剤の種類で一番安価で、利用し易いのが頭皮環境を良くするために必要な成分が入っている育毛剤になります。頭皮環境で一番頭皮ダメージが大きいのは、非必要な皮脂が頭皮に残っている場合の状態です。

不必要な脂質は過酸化脂質を呼ばれており、過酸化脂質の特徴は、頭皮のタンパク質を痛めつけ、非常に厄介な状態を作り出します。頭皮のタンパク質を溶かしてしまう作用なので、必然的に頭皮の毛母細胞周辺の皮下組織にダメージを出してしまうのです。

頭皮環境を良くする育毛剤の特徴は、頭皮にある皮脂を落しやすくする作用があります。との場合は、髪の毛を洗う前に使用する商品もあれば、朝に使用して汗が出にくいようにする作用があります。この場合は、頭皮の汗腺に作用して、汗をかきにくくすることが大切な商品なので、直接毛母細胞に対して作用して髪の毛が生えるといった作用があると言うわけでは無いのです。故に、注意点として、いくら頭皮を綺麗にしてこういったたぐいの育毛剤を使用しても生えるまでに時間がかかります。

髪の毛を生やしたい場合は、生やす作用を持っている育毛剤を使用することが大切なのです。その為、注意点が非常に必要であり、大きなポイントになります。最低でも、頭皮環境を整える商品を使用する際には、効果が出るまで一ヶ月は様子を見たいところです。

頭皮に栄養分を与える育毛剤

頭皮がガサついている場合は基本的、髪の毛に必要な栄養分が不足します。土壌が必然的に衰えている状態になるので、土壌の状態を外から補給する役割を持っているのが、頭皮に必要な栄養分を与えるタイプの商品になります。

このタイプの大きな注意点は、頭皮に栄養分を与えれば必然的に髪の毛が生えると思ってしまう錯覚になります。確かに頭皮に栄養分を与えることで、状態を改善することは良いのですが、栄養分を与えることでは、一時しのぎであり、いちばん重要なのは体の内部から栄養分を与えることが重要なのです。

頭皮に十分な栄養分を与えることが大切なのであれば、同時に体の内面も一緒にケアをすることが大切です。一見すると難しいように思えますが必要な栄養分は食事の改善も大切ですが、簡単に、サプリと併用するとより効果が出やすくなります。

外からも栄養分を与えつつ、必要な栄養分を補給することも同時に大切になります。その為買ったから安心と言って生える効果が得られると勘違いするのは良くないのです。

ですが、知っておいて欲しいのは、頭皮の育毛剤を使用したから問題がないと言うのではなくて、生活習慣が乱れたら一発で問題が発生し、育毛剤使っているのに効果が無いと嘆くケースが多いので注意が必要です。

第一種医薬品の育毛剤は使用する際には副作用を確認

育毛剤で一番強力とされているのは、ミノキシジルが入っている商品です。第一種医薬品に分類されているこの商品は薬剤師がいる店舗でないと商品を購入することができません。ミノキシジル自体が非常に副作用を強い成分のため使用する際には注意が必要になります。
効果があるということはその分、リスクも有るという事実を知ってほしいのです。
ミノキシジルは、元々心臓病の薬の一種であり、急な息切れといった、心臓の心拍が弱まることによって体の異常をきたす薬剤に使用されていました。

服用したところ頭皮に髪の毛が生える作用を応用して、これをメインに商品として販売されるようになったのが始まりです。

その為、心臓病の薬と同様の成分なので、副作用も厳しく制限されている様になっています。購入の際には、注意が必要な薬剤であり、薬歴がある人は購入の前に、相談もしくはおくすり手帳を持ってくるとスムーズに購入することができます。

スポンサードリンク
薄毛の関連記事
  • 髪の毛が抜ける原因と正しい対策方法とは?
  • 薄毛の原因は抜け毛の本数ではなく抜け方?
  • 髪を増やすホルモンは存在する?ホルモンの働きを最大限に発揮する方法とは?
  • 薄毛に育毛剤は効果あるの?育毛剤の効果と正しい選び方
  • 頭皮のニオイは薄毛の前兆?危険な頭皮のニオイとは?
  • 一日に抜ける髪の毛の量ってどれくらい?抜ける量を減らすことはできるの?
おすすめの記事
頭が痛い
誰しも頭が痛いという症状に悩まされたことがあるでしょう。頭が痛いときの原因には、さまざまなものが考えられます。頭痛の原因は体調不良だったり、...
頭が痛い
蕁麻疹(じんましん)になったことがあるという方は少なくないでしょう。アレルギー反応だというイメージが強いかもしれませんが、特にアレルギーがあ...