辛い便秘の解消に薬を試したいけど、市販薬はたくさんありすぎて、何を選べばいいかわからないという経験はありませんか?ドラッグストアに行くと、たくさんの薬が並んでいて迷いますよね。一口に便秘薬と言っても、含まれる成分や作用は様々です。ここでは、自分に合った便秘薬を見つけるために、市販されている便秘薬の種類と特徴を解説します。

スポンサードリンク

便秘薬には2種類のタイプがある

便秘薬の種類は、薬の効果によって大きく2のタイプに分類されます。腸に刺激を与えて排便を促す「刺激性下剤」と、硬くなった便を軟らかくして排便しやすくする「機械性下剤」です。

腸の働きを促す刺激性下剤

市販の便秘薬のほとんどが刺激性下剤に当てはまります。刺激性下剤は、便秘で悩む人が病院には行かずに手軽に使える薬と言えるでしょう。さらに、刺激性下剤は含まれる成分によって2つに分かれます。

強い作用のあるアントラキノン系・便秘薬

アントラキノン系は植物由来の成分で、センナから抽出したセンノシド、アロエ、生薬の大黄(だいおう)などから作られています。便秘の改善効果は高い薬ですが、腹痛や下痢などの副作用がでることもあります。

市販のアントラキノン系便秘薬

  • コーラック
  • ビューラック
  • スル―ラックS

アントラキノン系便秘薬の注意点

アントラキノン系のメリットは、便秘の改善に即効性があることです。運動や食事など、いろんな便秘の改善方法を試したけど、一向に便秘が改善しない人には期待ができる薬と言えるでしょう。

しかし、強い作用の薬は副作用に注意する必要もあります。アントラキノン系の便秘薬を長期間に渡って飲み続けると、腸の粘膜が黒くなる大腸メラノーシスを発症し、腸の機能が低下してますます便秘を悪化させます。最悪の場合は、下剤がなければ排便できない依存症を招く危険もあります。

穏やかに効くジフェニルメタン系・便秘薬

ジフェニルメタン系は、化学的に作り出された成分のビザコジル、ピコスルファーストなどから作られています。アントラキノン系に比べると、腹痛や下痢が起こりにくく、穏やかな作用で便秘に働きかけます。

市販のジフェニルメタン系便秘薬

  • スル―ラックS
  • コーラックソフト
  • サトラックスエース
  • ビオフェルミン便秘薬

ジフェニルメタン系便秘薬の注意点

ジフェニルメタン系の便秘薬は、アントラキノン系のような即効性はありませんが、副作用が少なく子供や高齢者にも安心して使えます。しかし、服用する薬の量が多くなると、腹痛が起こることもありますので、用量を守って飲むことが大切です。

便を軟らかくする機械性下剤

機械性下剤は、腸と便に水を与えて排便しやすくする便秘薬の総称です。薬に含まれる成分によって、4種類のタイプに分類されます。

膨張性下剤

薬とともに大量の水を飲むことで、便を軟らかくして膨らませ腸を刺激することで排便を促します。薬の主な成分は、寒天、小麦ふすま、プランタゴ・オバタなどが使われており、即効性はありませんが副作用も少ないです。

市販の膨張性下剤

  • ウィズワン
  • サトラックス
  • コーラックファイバー
  • スル―ラックデトファイバー

湿潤性下剤

湿潤性下剤は、便が腸壁に引っかからないように便を軟らかくしてスムーズに移動できるようにします。主な成分に界面活性剤が使われており、副作用の心配は少ないです。効果が穏やかなため刺激性下剤と合わせて使用されることが多いです。

市販の湿潤性下剤

  • コーラックII
  • スル―ラックプラス

湿潤性下剤の注意点

湿潤性下剤は、肝臓疾患のある人は服用することができません。

塩類下剤

塩類下剤は、マグネシウムの性質である浸透圧の高さを利用して、腸内の水分を増やして便を軟らかくする薬です。主な成分は酸化マグネシウムや水酸化マグネシウムが使われています。塩類下剤は長期使用しても副作用が少なく、子供にも使用できる薬です。

市販の塩類下剤

  • ミルマグ
  • スラーリア
  • 3Aマグネシア
  • スルーラックデルジェンヌ

塩類下剤の注意点

塩類下剤は、まれに高マグネシウム血症を招くこともあります。腎臓が弱い人は注意が必要です。

糖類下剤

糖類下剤は、糖類や麦芽糖を主成分に作られた便秘薬です。糖類の性質である浸透圧の高さを利用することで、便を軟らかくするとともに腸の蠕動(ぜんどう)運動をサポートして排便を助けます。さらに、糖類は善玉菌の餌となって数を増やして腸内環境を整えます。副作用は少なく、小さな子供にも使用できます。

市販の糖類下剤

  • マルツエキス
  • モニラック

糖類下剤の注意点

糖類下剤を糖尿病の人が使用した場合は、血圧降下が起こる場合がありますので注意が必要です。

安全に市販薬を選ぶには薬剤師に相談を

手軽に購入できる市販薬ですが、便秘には様々なタイプがありますので、選ぶことが難しいことも事実です。ドラックストアで目に付く刺激性下剤を、ストレスが原因で腸の働きが過剰になっている便秘の人が飲むと、便秘を悪化させてしまうこともあります。

また、妊婦さんや授乳中の人には服用できない便秘薬もありますので、自分に合った薬を見つけるためには、購入の前に薬剤師に相談してみると安心して使用できるでしょう。

スポンサードリンク
便秘解消の関連記事
  • 便秘解消に効果のある食べ物はなに?腸内環境を整える4つの成分に注目
  • 便秘はダイエットの大敵!便秘が痩せにくい体を作っている
  • 痩せる効果のお茶ダイエットは太り方のタイプで選ぶと効果的!
  • 宿便を薬で出すために選ぶ漢方薬5選!知っておきたい注意点
  • 宿便を出す方法に選ぶ断食の正しいやり方と覚えておきたい注意点
  • 大腸検査の下剤で宿便がとれる!?知っておきたい市販薬との違い
おすすめの記事
頭が痛い
うつ病がどのような病気かご存知でしょうか。周囲にうつ病の方がいたり、ご自身がうつ病になったことがあるという方でなければ、なんとなくしか把握で...