喉が痛いときの対処法は、原因や症状によりさまざまですが、はちみつが喉に良いということを聞いたことはあるでしょうか。なんとなくはちみつが体にいいことは知っているという方はいるかもしれませんね。

はちみつは自然食品ですから、薬と違って副作用もありませんし、はちみつで喉の痛みが抑えられたら、理想的だと思いませんか。ここでは、喉の痛みとはちみつについて掘り下げていきましょう。

はちみつは何故喉の痛みにいいのか

喉が痛いとき、はちみつを食べることで症状を和らげることができます。100%純正のはちみつであれば、特に種類は問いません。安いものでも大丈夫です。美容や健康全般的にいいため、常備している方もいるのではないでしょうか。

はちみつが何故喉に効くかというと、1つには殺菌作用があるからです。この殺菌作用で、喉についている菌を死滅させることができるのです。

また、はちみつには炎症を抑える作用もあります。この作用で、喉の炎症を緩和することができます。風邪のときは喉にウイルスや菌がいる状態ですし、喉を酷使しすぎたときには喉は炎症を起こしています。

つまり、はちみつはあらゆる喉の痛みに有効だということです。栄養価も高いですから、体調を崩しているときにはとても便利な食べ物です。

喉の痛みを抑えるはちみつの食べ方

基本的に、はちみつはそのままをスプーンですくって舐めるように食べるだけで、十分です。飲み込むときには必ず喉を通っていきます。甘過ぎて食べにくい方や、一緒に水分補給もしたいという場合でしたら、お湯に溶かして飲むのもいいでしょう。あまり熱過ぎるとのどに負担がかかりますから、飲みやすい熱さまで冷ますようにしましょう。

発熱がある場合は、すりおろしたしょうがをちょっとだけ加えると、更に効果が増します。チューブしょうがでも構いません。喉の痛みとともに咳も激しいようであれば、はちみつ大根がおすすめです。

大根が喉や咳に良いというのも結構有名ですよね。はちみつと大根を合わせて食べるとその効果は絶大なものになります。

一見、合いそうにないと思うかもしれませんが、「はちみつ大根」という食べ物はとても簡単に作れますから、喉の痛みと咳を併発しているときに是非作ってみて下さい。はちみつの中に切った大根を入れて漬けるだけです。

このはちみつをお湯等に溶かして食べたりします。大根もそのまま食べても大丈夫です。詳しい作り方は、インターネット上に色々載っているので、作りやすい方法で作ってみて下さい。

喉の痛みの原因と対処法 | 喉が痛い時に見るサイト


おすすめの記事