美白ケアに欠かせない美白美容液。近年の皮膚科学や技術は進化し続けているので購入しやすいプチプラコスメでも優秀なものが多いです。シミの予防だけでなく、できてしまったシミにも働きかけるものなど様々なタイプでご紹介しますね。実際に試された方の感想や口コミから特に高評価の美容液を厳選しました。そして美白美容液についても知っておくとより効果的に使いこなすことができますよ!

スポンサードリンク

どれを選ぶ?美白美容液のチェックポイントとは

美白が期待できる効果とは「シミの元となるメラニンを予防する作用」と「シミを薄くする作用」のふたつに分けられます。

美白有効成分の主な効果

予防する

アルブチン:メラニンの活性化を抑える効果。
トラネキサム酸:メラニン生成を抑える作用と炎症を抑える作用でシミ、そばかす、肌荒れに有効。

薄くする

ハイドロキノン:メラニンを作る細胞メラノサイトを減少させる作用。
プラセンタエキス:血行を良くして肌の新陳代謝を促すことでメラニンを含む古い角質を落ちやすくする。

予防して薄くする

ビタミンC誘導体:メラニンの活性を抑える効果と肌の新陳代謝を促してシミを薄くする効果。

医薬部外品は重要なポイント

効果を求めるなら医薬部外品(薬用)かどうかは大きなポイントです。化粧品に明記されている医薬部外品とは「医薬品と化粧品の中間に位置し、作用は緩やかで機械器具でないもの」です。つまり医薬品ほどの効果はないが、一般的な化粧品より効果があると法律で認められています。

日本では薬事法によって薬と薬以外の分類が厳しく定められているためこのような明記が必要です。そのため化粧品の効果を見極める基準になりますね。

美白ケアで効果アップを狙うには

美白効果のある美容液を選ぶことも大切ですが、普段の生活やお手入れの仕方次第でプチプラコスメでも美肌効果をアップさせることが出来ますよ。

顔全体にたっぷり塗る

美白有効成分とはメラニンの生成を抑えてシミを予防する作用と、できてしまったシミには肌の生まれ変わるサイクル(ターンオーバー)の活性を利用しシミを薄くする作用が主な役割です。肌の奥に潜んでいるシミ予備軍のメラニンにも働きかけるので、シミのない部分にも顔から首全体にたっぷり塗ることが大切です。

習慣にしたい美白のための心がけ

  • 季節を問わず紫外線対策を行う
  • 洗顔やお手入れで顔をこすらないようにする
  • バランスの取れた食生活を意識する
  • ストレスや睡眠不足には気をつける

美白を手に入れるには美容液だけでなく日々の積み重ねも大切です。肌はとてもデリケートで敏感なので普段の生活も影響を与えます。肌の正しい扱い方も身に付けましょう。

おすすめのプチプラ美白美容液

美白美容液は惜しみなくたっぷり使った方が良いのならコストは抑えたいですよね。そこで1000円~2000円で購入できるプチプラ美白美容液をご紹介します。医薬部外品で実際に試された方の特に評価の高い美容液を集めました。

ちふれ 美容液W

  • 美白有効成分:アルブチン、安定型ビタミンC誘導体のL-アスコルビン酸2-グルコシド
  • 価格帯:1100円前後

ノンアルコールタイプなので肌にも優しいです。敏感肌や肌に不安のある方にもおすすめです。

美白美容液が価格帯により1000円以下から何種類かあるので選ぶことができます。

無印良品 美白美容液

  • 美白有効成分:ビタミンC・2-グルコシド、抗炎症剤のグリチルリチン酸2K
  • 価格帯:1400円前後

岩手県釜石の天然水を使用し水からこだわっています。無香料、無着色、無鉱物油、パラベンフリー、アルコールフリーなので敏感肌の方でも安心な高保湿タイプの美容液です。女性誌でもプチプラコスメでありながら美容液部門で1位を獲得するほど注目されています。

ダイレクトホワイトEX 美白美容液

  • 美白有効成分:ビタミンC誘導体の3-O-エチルアスコルビン酸、トラネキサム酸
  • 価格帯:1500円前後

化粧品として高い実績を持つポーラ・オルビスのウォータータイプの美容液です。角質層まで浸透しやすく、ダイレクト浸透処方なので手持ちの化粧品とも組み合わせやすいです。

ハダラボ白潤 薬用美白美容液

  • 美白有効成分:アルブチン
  • 価格帯:1800円前後

ロート製薬の美白美容液です。ヒアルロン酸Naなど保湿成分もしっかり配合しているので乾燥が気になる方にもおすすめです。乳液タイプでベタつかずサラッと肌に馴染みます。無香料、無着色、鉱物油フリー、アルコールフリーの弱酸性で低刺激タイプです。詰め替えボトルがあるのでコストを抑えることができます。

ハーバー 薬用ホワイトレディ

  • 美白有効成分:L-アスコルビン酸リン酸エステルナトリウム、グリチルリチン酸ジカリウム
  • 価格帯:1400円前後

笹ミネラルのチシマザサ水とビタミンC誘導体のリン酸エステルタイプを配合し、相乗効果で日やけによるシミ予防に期待できます。サラッとした使い心地ですが乾燥対策も兼ねています。天然由来成分で無添加処方なので肌にも優しいです。

簡単に美白と名の付くものを選ぶだけでなく、有効成分の働きを知ることで自分の目指すケアに合うものを選ぶことができます。ぜひ参考にしてみて下さいね。

スポンサードリンク
オーガニックの関連記事
  • 化学療法と植物療法からオーガニックコスメの考え方を理解する
  • 化学化粧品と無添加化粧品とオーガニック化粧品の使い分け方とは
  • 日焼けによる炎症を抑えるには?正しいアフターケアで肌を守る
  • 日焼け対策を食べ物でする方法とは?NGな食べ物もチェック!
  • オーガニックは意味がない?良いコスメに出会うためにできること
  • オーガニックシャンプーとノンシリコンどちらが良い?選び方とは
おすすめの記事
頭が痛い
頭痛持ちの方には、すでにお気に入りの常備頭痛薬というものがあるでしょう。しかし、あまり頭が痛いことに慣れていない方が市販薬を買う場合、どれを...