肌に優しいイメージのあるオーガニック化粧品ですが、実際使ってみた方の中には肌に違和感があったり、肌荒れを起こすという話も良く聞きます。今の肌を改善させたくて肌に良いものを使いたくても、トラブルを起こすリスクは考え物ですね。そこでオーガニック化粧品の考え方や、肌荒れリスクを避ける始め方についてご紹介します。安心して試すことができますよ。

スポンサードリンク

オーガニック化粧品ってどんなもの?

オーガニック化粧品とは農薬や肥料に化学合成成分を一切使わずに栽培した有機素材を原料として作られた化粧品です。素材の持つ効能を利用して肌の自然治癒力で肌をお手入れする考え方です。石油系化学成分を含まないことで長い目で見ると肌への刺激が少ないのが特徴です。

オーガニック化粧品以外の化粧品は化学成分を配合しているのでケミカル化粧品とも言われています。そのためケミカル化粧品からオーガニック化粧品に切り替えることを「脱ケミカル」と言います。

オーガニック化粧品による肌荒れの原因とは

オーガニック化粧品には相性がある

ケミカル化粧品からオーガニック化粧品に切り替えた時に乾燥や肌荒れを起こすケースもありますが、単にオーガニック化粧品の成分が肌に合わない場合もあります。また天然素材の効能がダイレクトに肌に届くので、アレルギー反応を起こすこともあります。

ケミカル化粧品とは薬みたいなもの?

ケミカル化粧品には様々な成分を含んでいるので、炎症を起こさなくさせる抗炎症作用のある成分を含んでいる商品もあります。厚生労働省の規制により現在では全成分表示の義務が設けられていますが、それは肌に危険のあるものの表示義務です。

言い換えれば危険性さえなければ都合よく作ることも可能なので、肌にどんな影響を与えているのか不透明な化粧品も中にはあります。肌荒れを起こしにくく安定して使える利点もありますが、ケミカル化粧品に慣れていると肌の機能が低下している可能性はあります。

ケミカル化粧品に含まれる合成界面活性剤は肌を守るバリア機能を壊して侵入し肌の奥に美容成分を浸透させるものもあります。即効性を実感できますがバリア機能を低下させて皮膚を薄く弱くさせるリスクもあります。

つまりオーガニック化粧品に切り替えたことで肌荒れを起こしているのではなく、化学成分で抑えていた元々の肌の症状が出てしまうケースが多いのです。

脱ケミカル時に起こる症状とは

  • 肌の乾燥
  • 肌の赤み
  • 肌がガサガサ、ゴワゴワ
  • 細かいプツプツ
  • 肌のピリピリ感

これらの症状はケミカル化粧品でまるで薬漬けのようになっていた肌の本来の姿です。できればオーガニック化粧品とご自身の持つ自然治癒力を信じて様子をみるようにします。個人差はありますが、遅くても一か月弱ほどで肌に変化を感じるようです。

ケミカル化粧品を止めたばかりは肌がとても弱まっている状態なので、摩擦や刺激になるものは避けて下さい。またケミカル化粧品との併用はしないようにしましょう。

肌にかゆみや違和感を感じたら注意が必要です。湿疹がひどい、痛みがある、腫れているような症状などが出た場合はすぐに使用を中止して様子を見て下さい。皮膚科に相談するようにして下さいね。

肌荒れに迷った時の対処方法

炎症が起きるほどの症状が出たらすぐに使用を中止した方が良いですが、ちょっと高価な化粧品を購入した場合やシリーズでまとめて購入してしまった場合はもったいなく感じてしまいますね。実際無理して使い続けることで肌荒れが悪化するケースもよくあります。

そんな時はメーカーの相談窓口を利用するようにしましょう。肌トラブルが起これば返金や返品などの対応してくれます。取り返しのつかないことになる前に、やるべき対処は取りましょう。

肌荒れのリスクが低いオーガニック化粧品のはじめ方

メーカーの選び方

1.企業のこだわりを知る

日本にはオーガニック化粧品の認証機関がないので、わずかな量を含んでいるだけでも「オーガニック化粧品」になる現状があります。広告や商品名だけで判断するのではなく、企業の目指しているものやこだわりを必ず確認して選びましょう。

2.肌に優しいだけではない

またオーガニック化粧品とは自然の素材をそのままに使われているので肌に合わないことやアレルギー反応を起こすケースも多いです。単に肌に優しい化粧品ではないことを理解しておきましょう。アレルギーに不安のある方は使用されている素材や成分を必ず確認して下さい。

3.まずは試す

試供品から試してみましょう。肌への刺激を考慮しておいた方が良いのでパッチテストを行うなど、いつも以上に慎重に試すようにします。どれを選べばいいのか迷っている方は日本人の肌に合わせている日本製のものから選ぶと安心ですね。

洗顔料からはじめてみる

スキンケアの基本は洗顔です。間違ったお手入れ方法として最も多いのが洗いすぎによる肌荒れです。一般的な洗顔料には界面活性剤が使われています。界面活性剤は安価で洗い心地の良さから多くの洗顔料に含まれていますが強すぎる洗浄力で肌の健康を守る必要な皮脂まで取り除いています。

正しい洗顔で肌の健康を取り戻してから問題がなければ、ファンデーションや日焼け止めを見直してみると肌へのリスクを避けることができます。

安心して試せる方法を知っておけば肌へのトラブルを回避することができます。ぜひご自身で納得できるスキンケアの方法を見つけて下さいね。

スポンサードリンク
オーガニックの関連記事
  • 化学療法と植物療法からオーガニックコスメの考え方を理解する
  • 化学化粧品と無添加化粧品とオーガニック化粧品の使い分け方とは
  • 日焼けによる炎症を抑えるには?正しいアフターケアで肌を守る
  • 日焼け対策を食べ物でする方法とは?NGな食べ物もチェック!
  • オーガニックは意味がない?良いコスメに出会うためにできること
  • オーガニックシャンプーとノンシリコンどちらが良い?選び方とは
おすすめの記事
頭が痛い
蓄膿症という病気について、知っているでしょうか。蓄膿症とは、副鼻腔炎という名前でも知られていて、文字の通り鼻に関する病気です。 この蓄膿症に...
喉の痛み
喉の痛みはさまざまな要因から引き起こされるため、誰もが一度は喉の痛みに苦しんだことがあるでしょう。なかなか治らない場合もありますが、薬を飲む...