オーガニックコスメの中にも美白としての効果を期待できるものがありますが、実は意外と知られていませんね。美白ケアと言えば化学成分を使ったケミカル系コスメの得意分野というイメージが強いですが、オーガニックの化粧水やクリームの中でも美白効果が期待できるものをご紹介しますね。オーガニックの美白ケアの考え方を知って肌に優しい美白を目指してみませんか?

スポンサードリンク

ケミカル系美白化粧水とオーガニック化粧水

美白効果を出来る化粧水は数多く出回っていますが、そんな一般的なケミカル系コスメには、合成界面活性剤などを含むことで外部から肌を守るのバリア機能を破壊して、浸透しやすく作られた美白有効成分を肌の奥まで届けています。

美白系コスメの洗顔料や化粧水ですぐに効果を実感できるものも多くあります。有効成分をダイレクトに届けている分、即効性がありますが刺激が強いというリスクもあります。薬にもある一定の効果が認められますが副作用が存在しますね。化学成分なら同じことが言えるのです。

一方のオーガニックコスメとは合成界面活性剤などの化学成分が含まれていないのでバリア機能を破壊すことはできません。肌本来の力を上げることを目的としているので、ピンポイントでシミの元となるメラニンに直接働きかけることはありません。ケミカル系コスメの考え方で見るとオーガニック化粧水などでは美白ケアはできないことになりますね。

オーガニック化粧品にできる美白とは

そもそも美白ケアとは?

  • くすみをなくして肌を白く見せたい
  • シミをなんとかしたい

美白ケアの考え方は大きく分けてこの2つですね。

このどちらにも大きく係わっているのが正常な肌のターンオーバーです。ターンオーバーが正しく行われていると新陳代謝も良く肌に残りがちな余分な角質をしっかり落とすことができ、くすみ知らずの血色の良い肌に近づきます。

もともとメラニン色素が肌細胞を黒くしてもターンオーバーによって角質となり剥がれ落とす役割を肌は持っているのでシミに悩まされることもありません。また皮脂と水分のバランスも保つことができるので乾燥にも負けない肌作りができます。

ターンオーバーが整っていれば、悩み知らずの健康的で美しい肌を保つことができるのです。オーガニック化粧品の考え方とは、人間の持つ自然治癒力を活かすことで肌の底力を上げてあげること。それは美白ケアにも通じることなのです。

オーガニックコスメの美白有効成分

オーガニックコスメに美白有効な成分として代表的なものをご紹介しますね。コスメ選びの参考にしてみてはいかがでしょうか。

1.ビタミンC

シミの元ととなるメラニン色素の生成を押さえてシミを予防する効果があります。
ローズ、キューカンバ、カモミール、コケモモ、ヒッポファン などに含まれます。

2.ポリフェノール

シミやくすみの原因となる肌の酸化を予防する効果があります。
ローズ、エンゾジノール、月桃 などに含まれます。

3.プラセンタ

動物性と同様に植物性プラセンタにも肌のターンオーバーを促す効果があります。ローズ、アセロラ、アロエ、カッコン などに含まれます。

このほかにも肌を整える効果のあるものや保湿効果、抗炎症作用のあるものなど総合的に美白を促す働きをする成分などがあります。オーガニック化粧品に真摯に向き合っているメーカー各社は天然由来成分の複雑な構造を研究を重ねベストな配合率を追求しています。肌に良いものを選ぶ側も理解しておくことはたくさんありますね。

オーガニックで考える美白ケアの注意点

オーガニック化粧品で美白ケアをすることはできますが、オーガニックコスメだけが万能ではありません。美白ケアにおいての注意点も理解しておきましょう。

1.即効性に欠ける

先に話した通りオーガニックコスメは肌本来の力を引き出す考え方なので少しずつ肌を改善させるものと考えた方が良いですね。長期的は美白ケアなのですぐになんとかしたい方には向いていません。

2.個人差が大きい

オーガニックコスメの成分とは主に天然由来の成分です。とても強力なパワーを持ちますが、その効果は複雑で解明されていないことも多いです。化学成分のように安定して多くの方に効果を上げることができません。

実際に試してみないと分からない相性の部分も大きいのです。気長に使ってみたけど効果を実感できなかったというケースもあるのです。

オーガニックで美白ケア効果を上げるには

1.角質ケアと保湿ケア

美白効果を上げていくには肌の土台を整える準備が必要です。肌がゴワゴワしていると整えることもできません。まずは肌に残っている余分な角質を落とす角質ケアと潤いを与える保湿ケアも意識しましょう。

2.インナーケアで総合的に

健康な身体でなければ、オーガニックの持つ役割を肌本来の力を上げていくことに集中させることができません。特にホルモンバランスは肌にも大きく影響を与えます。規則正しくストレスフリーな生活にバランスの良い食事。総合的な肌作りが大切です。

オーガニック化粧品で美白ケアを考えることは体質を改善させるように長い目で試していくことや生活の見直しなど総合的な取り組みが必要となりますが、理想の肌質に近づけることが出来ればトラブルに悩まさせることもなくなります。5年後、10年後の肌を楽しみにしてみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク
オーガニックの関連記事
  • 化学療法と植物療法からオーガニックコスメの考え方を理解する
  • 化学化粧品と無添加化粧品とオーガニック化粧品の使い分け方とは
  • 日焼けによる炎症を抑えるには?正しいアフターケアで肌を守る
  • 日焼け対策を食べ物でする方法とは?NGな食べ物もチェック!
  • オーガニックは意味がない?良いコスメに出会うためにできること
  • オーガニックシャンプーとノンシリコンどちらが良い?選び方とは
おすすめの記事
頭が痛い
うつ病がどのような病気かご存知でしょうか。周囲にうつ病の方がいたり、ご自身がうつ病になったことがあるという方でなければ、なんとなくしか把握で...
頭が痛い
目は頭に近いため、目の調子が悪いと頭が痛くなることがあります。そのため、目になんらかの病気がある場合、頭が痛いと感じることもあるのです。 目...