オーガニックに敏感肌用、低刺激など肌に優しそうな日焼け止めアイテムは沢山見かけますが、赤ちゃんでも使えるような低刺激なものとオーガニックとではどちらの日焼け止めの方が肌に優しいのでしょうか?オーガニック化粧品や肌の弱い方でも使える化粧品についてまとめてみました。日焼け止め選びの参考にしてみて下さいね。

スポンサードリンク

オーガニックの日焼け止めとは

化学成分を使わず育てられた素材のみで作られたものがオーガニックコスメです。余分なものは極力加えず、人間が自然治癒力を上げていくことで肌ケアをするのが目的です。オーガニックの日焼け止めも同様に化学成分が含まれていません。

一般的な日焼け止めには紫外線吸収剤という防止剤で紫外線対策を行いますが、効果が高い分、刺激が強く肌荒れを起こしやすくなります。それに対してオーガニックの日焼け止めには紫外線錯乱剤という成分で紫外線対策を行います。

天然由来成分より作られる紫外線錯乱剤はノンケミカルなので肌への負担が少なくなりますが、アレルギーの問題や肌に合うかどうかの個人差が大きいのもオーガニックの特徴です。すべての人に優しいものとは言い切れない側面があります。

赤ちゃん用の日焼け止めとは

赤ちゃんの皮膚は大人と比べると半分程度と薄くとてもデリケートな肌です。そのため赤ちゃん用に作られた日焼け止めは低刺激で肌への負担を軽減させています。 こちらも酸化チタンなどの紫外線散乱剤を使っているノンケミカルタイプがほとんどで無添加、無香料処方のものが多いです。赤ちゃん向けの日焼け止めにもオーガニック製品もありますし、オーガニックではないタイプでも天然由来成分をベースとした肌に優しい製品がそろっています。

どちらのタイプも肌に優しいのでお湯や石けんで簡単に落とせるのが特徴です。

どっちを選べば良い?

どちらも肌への優しさを考えて作られたものなので、肌への負担の部分だけを考えると両者にはあまり違いがないと言えます。どちらでも良いのです。ですが大人でも使える日焼け止めと赤ちゃん向けの日焼け止めには用途に違いがあります。その違いからご自身に合う紫外線対策としての選んでみると良いですね。

赤ちゃん向けの日焼け止めとは赤ちゃんの肌のために優しさを最優先として作られています。肌に優しすぎるものは日焼け止めとしての効果は少し弱くなります。赤ちゃんが紫外線を浴びる屋外に長時間居続けることも考えにくいですね。

また肌に優しいものでも日焼け止め、化粧下地と塗り重ねて摩擦などの肌への刺激を加えるよりは、UVカット効果のある色付きの化粧下地だけを塗る方が手軽ですし肌への負担は軽くなります。

優先順位が紫外線対策なのか、肌への負担なのかは人それぞれです。その日の状況によっても変わりますね。状況に合わせて細かく対策を変えることが大切です。

肌に優しい日焼け止めを選ぶには?

紫外線錯乱剤タイプのもの、なるべく無添加なものが肌に優しい日焼け止めの選び方ですが、その他のポイントもご紹介しますね。

日焼け止めを選ぶポイント

  • シンプルな配合のもの
  • 石鹸で落としやすいこと
  • SPFが高すぎないこと
  • ナノ粒子を使用していないもの
  • 保湿成分を含んでいるもの

オーガニックの場合、アレルギー反応に対する問題があるので配合成分がシンプルなものを選ぶとリスクが低くなります。クレンジングも刺激になるので簡単に落とせるものがいいですね。また紫外線カットの効果を示すSPFが高いほど負担がかかります。適切な数値を選ぶようにしましょう。

ナノ粒子とは細かい分塗りやすく肌の馴染みも良いのですが、肌の奥まで入り込んでしまう問題があります。入り込んでしまうと代謝されにくく肌へのダメージが大きくなります。そして負担の軽い紫外線錯乱剤でも肌を乾燥させます。保湿成分を含んでるものがおすすめですね。

どの化粧品でも言えることですが、合う合わないの個人差があるので成分の確認とパッチテストなどしっかり行うことが大切です。紫外線対策は帽子や日傘、または飲む日焼け止めなど色々な方法で肌への負担を軽くすることもできます。

オーガニックや赤ちゃん用の注意点

1.オーガニック日焼け止め

使用感を良くする化学成分が含まれていない分、ムラやギトギト感、白浮きなどの使い心地に問題がある場合もあります。また紫外線対策としては少し効果が弱く落ちやすいです。こまめに塗り直す必要があります。また防腐剤なども含まれていないことからケミカルの日焼け止めと比べると劣化が早いです。

国内においてオーガニックコスメには認証機関も基準もありません。そのためわずかな成分量しか含んでいなくてもオーガニックコスメと表記されているものもあります。内容が不透明な分、厳しい目で選んで下さいね。

2.赤ちゃん用日焼け止め

オーガニックと同様に紫外線対策としては効果が弱く、落ちやすい日焼け止めなのでこまめに塗り直す必要があります。また、赤ちゃん用と記載されている日焼け止めでも紫外線吸収剤が入ってものや天然由来成分をわずかしか含んでいない製品もあります。

安価過ぎるものや、品名や広告の内容だけで選ぶのは注意が必要です。どちらの日焼け止めでも自分の肌を守るためには成分や構造を理解してチェックしてから選ぶことが大切ですよ。

スポンサードリンク
オーガニックの関連記事
  • 化学療法と植物療法からオーガニックコスメの考え方を理解する
  • 化学化粧品と無添加化粧品とオーガニック化粧品の使い分け方とは
  • 日焼けによる炎症を抑えるには?正しいアフターケアで肌を守る
  • 日焼け対策を食べ物でする方法とは?NGな食べ物もチェック!
  • オーガニックは意味がない?良いコスメに出会うためにできること
  • オーガニックシャンプーとノンシリコンどちらが良い?選び方とは
おすすめの記事
頭が痛い
寝付けなかったり、夜中まで遊んでいたりして、寝不足になってしまうということは誰にでもあります。寝不足でも、1日くらいなら何とか乗り切れるかも...