オーガニックにボタニカル、スカルプ、ノンシリコン。髪や頭皮に良さそうなヘアケア商品は増える一方ですが、シャンプーの種類も多すぎてどれが良いのか分かりにくくなっていますね。シャンプーの説明や広告でも一番よく見かけるオーガニックシャンプーとノンシリコンの違いについてまとめてみますね。髪や頭皮の健康を見直してみたい方や髪の毛に抱えるトラブルを改善させたいと考えている方はぜひ参考にしてみて下さい。

スポンサードリンク

ノンシリコンとオーガニックシャンプー

ノンシリコンとは

まず、シリコンとは科学的に処理された合成樹脂(シリコーン)のことです。シリコンとは医薬品から食品、雑貨まで幅広く使われているとても身近な素材ですね。形状も様々でシリコン製品でよく見かけるゴム状のものからオイル状のものまで用途に合わせて変わります。

シャンプーなどのヘアケア商品によく使われているシリコンの効果とは、髪の毛の表面をコーティングするように保護することで指通りの良いを滑らかさを出すことが出来ます。これにより使用感の良さや髪同士の摩擦などを軽減することができます。

またツヤやしっとり感を出すことができるのでヘアトリートメントやワックスなどの整髪料にも使われています。原料自体も低コストで使い心地の良さから一般的なシャンプーには当たり前のように使われていた成分です。このシリコンを含まないシャンプーのことを「ノンシリコン処方」や「ノンシリコンシャンプー」などと呼ばれています。

シリコンのメリット・デメリット

シリコンのメリット

使用感の良いシリコンには強いコーティング力があるので、サラサラした感触を持続させることができますし、髪をまとまりやすくしてくれます。朝の忙しい時間でもまとまりの良い髪なら短い時間でスタイリングを完成させることができます。

シリコンのデメリット

強すぎるコーティング力なので水で流すことができません。皮膚に残ったシリコンは毛穴をふさいでしまいます。頭皮や首回り、背中にニキビができやすくなったり、頭皮環境が悪くなることで髪にも良くない影響を与えることがあります。コーティング力が強いことでそのほかの美容成分が浸透しにくくなります。

オーガニックシャンプーとは

オーガニックとは有機栽培で作られた植物のことです。肥料や薬剤など化学的成分を一切使わないで栽培されたものを指します。化学成分を含まない天然由来の植物成分で作られたオーガニックシャンプーは環境にも肌にも優しいことから商品によってはシャンプーとしてだけでなく全身を安心して洗うことができます。

オーガニックの考え方とは余計なものを与えず本来人間の持つ自然治癒力を最大限に生かすお手入れ方法です。体質を少しずつ改善させるようにゆるやかに働きかけます。化学成分のような即効性を感じることは出来ませんが、トラブルに負けない健やかな髪と頭皮を目指すことができます。

シリコンの成分表示について

シリコンが配合されているかどうかはパッケージの成分表で確認することができます。

シリコンを示す成分

  • ジメチコン
  • シクロメチコン
  • アモジメチコン
  • ジメチコンコポリオール

大きく分けてこの4つの種類があります。ノンシリコン処方、無添加処方など髪に良さそうな記載がされていても成分に含まれていることがあるのでご自身で成分表を確認し、疑問に思う成分は自力で調べるほど慎重になることが大切です。

オーガニックシャンプーの使い心地

化学成分のシャンプーに慣れ親しんでいる髪にはオーガニックシャンプーを使い始めることで指通りが悪かったり、髪のキシキシ感、使い心地が悪いと感じる場合もあります。頭皮や髪の本来持っている力を底上げしていくには少し時間がかかります。余裕をもって様子を見て下さい。

ただシャンプーにも相性があるのでオーガニックシャンプーでも合わない場合があることは把握しておきましょう。髪や頭皮の変化をしっかりチェックして下さいね。またかゆみや炎症などを起こした場合はすぐに使用を中止して下さい。

オーガニックシャンプーの注意点とは

イメージの良いオーガニックシャンプーでも選び方次第では効果を感じられるどころか肌トラブルを起こす可能性もあります。注意点も確認しておきましょう。

1.なんちゃってオーガニックに注意!

オーガニックには明確な基準がないため、ごくわずかなオーガニック原料しか含まれていないオーガニックシャンプーもあります。添加物をたくさん含む一般的な化学成分シャンプーと変わらない場合もあります。

薬品を使わない有機栽培とは手間ひまのかかるものなので、当然商品の価格にも反映されています。安すぎるオーガニックシャンプーは要注意です。広告やキャッチコピーに惑わされない冷静な選び方をして下さい。

2.アレルギーに注意

オーガニックシャンプーの原料は主に天然由来成分なのでアレルギーを起こす場合があります。主な原料となる植物性油にはオリーブ油、ココナッツ油、アマニ油などがありますが、アレルギーがある人は必ずチェックして下さい。

3.かならず試すこと

都合よく安定させることのできる化学成分を含んでいないので、合う合わないの個人差も大きくなります。人気や評価の高さだけを判断基準にはしないで、試供品でしっかり試してから選ぶことがリスクを避けることにつながります。

選ぶ基準をしっかり把握しておくと、ご自身に合う満足できるシャンプーを見つけることができますよ。

スポンサードリンク
オーガニックの関連記事
  • 化学療法と植物療法からオーガニックコスメの考え方を理解する
  • 化学化粧品と無添加化粧品とオーガニック化粧品の使い分け方とは
  • 日焼けによる炎症を抑えるには?正しいアフターケアで肌を守る
  • 日焼け対策を食べ物でする方法とは?NGな食べ物もチェック!
  • オーガニックは意味がない?良いコスメに出会うためにできること
  • オーガニックシャンプーとノンシリコンどちらが良い?選び方とは
おすすめの記事