時には唾が飲み込めないほどにもなる、辛い喉の痛みを手っ取り早く治せたら嬉しいですよね。喉が痛いときの対処法はさまざまですが、即効性のあるものはないのでしょうか。色んな方法を併用することで、喉の痛みが早く治るかもしれません。

ここでは、喉の痛みを治すための様々な方法をまとめてみました。

食べ物で治す

喉に良い食べ物を摂取することで、回復を早めましょう。代表的なものは、はちみつです。はちみつの中でも、マヌカハニーは飛び抜けて効果があります。難点は、マヌかハニーは高いということです。スーパーで市販されている安いはちみつでもちゃんと効果はありますから、そちらを使っても良いでしょう。

また、大根をはちみつに漬けた「はちみつ大根」もおすすめです。大根には消炎作用があるので、喉の腫れにとてもよく効きます。はちみつにつけなくても、大根おろしを汁ごとたべたりするのも効果的です。

その他、ねぎ、洋梨、山芋、生姜、れんこんなども喉の痛みに効くと言われていますから、喉が痛いときにはこれらを摂取しましょう。

さまざまな対処方法で治す

喉の痛みをこれ以上悪化させないのも、治すのを早めることにつながります。まずは、マスクをつけて喉を乾燥させないことです。乾燥はどんな喉の痛みにとってもよくありません。

口呼吸は喉を乾燥させるので、喉が痛いときには控えた方がいいのですが、鼻が詰まっていてどうしても口でしか呼吸が出来ないという時は、マスクをつければ乾燥が緩和されます。鼻づまりの対策をして、鼻づまりが治まるまではマスクをつけましょう。緑茶や紅茶、塩水でのうがいもおすすめです。

そして一番大事なことは、喉が痛いときには喉を休めるということです。刺激物を取ったり、必要以上に声を張り上げたりはしないようにしましょう。

薬で治す

喉の痛みに対する薬は、市販のものでも病院で処方されるものでも、さまざまな種類があります。錠剤の痛み止め、のどに直接スプレーするタイプ、漢方薬、のど飴、トローチなど、色々な商品がありますから、自分にとって使いやすいものを選びましょう。

薬には副作用があるので、複数の薬を併用したい場合には、医師や薬剤師の方に必ず相談をしてください。ひどい喉の痛みは大変なものですが、上で紹介した方法のいくつかを併用することで、回復を早めることができます。

また、症状や体質により合う・合わないもありますから、いくつかを組み合わせると、そのどれかは効いてくれるでしょう。但し、薬の併用については、専門家に相談するようにしてください。

喉の痛みの原因と対処法 | 喉が痛い時に見るサイト


おすすめの記事