化学療法と植物療法の違いとは?両者を知ることで健康や美容に対する考え方も見えてきますよ。そしてなんとなく肌には良さそうというイメージのオーガニックコスメの使い方も分かりやすくなります。オーガニックコスメが気になっている方や身体や肌に良いものを意識し始めた方に必見です。

スポンサードリンク

化学療法と化学化粧品

化学的に合成された成分を配合した薬で病気の治療や予防を行う方法が化学療法です。今まで私たちがお行っている一般的な方法ですね。化学療法では症状に対して直接働きかけるので対症療法とも言えます。直接的に働かけるので効果が高く即効性を感じることができますが、その分副作用も考えなければならない治療法です。

化学療法を長く続けると自律神経の乱れなどを引き起こすことで、免疫力が低下する可能性もあります。化学化粧品も化学療法と似たようなアプローチの仕方です。有効成分をダイレクトに働きかけるので使ってすぐにでも実感しやすいです。また使用感も良く、安定して使い続けらるのも化学化粧品の特徴です。

ですが強い作用で気になる症状に働きかけることが出来ますが、薬の副作用と同様に無理に働きかけることで、本来肌が持つ力を弱めてしまう可能性もあります。そのため根本的な改善ができない場合もあります。

植物療法とオーガニック化粧品

薬用の植物からつくられた薬で治療や予防を行う方法です。ヨーロッパではフィトテラピーとも呼ばれています。日本の漢方の考え方をイメージすると分かりやすいですね。化学療法と比べると緩やかに作用しますが、本来人間が持っている自然治癒力を引き出すことができます。

また続けることで効果を高めることができ、徐々に病気に負けない健康的な身体へと改善されていくので、根本治療とも言えます。

オーガニック化粧品は植物療養の考え方とよく似ています。改善に近いので効果がゆるやかで物足らなさを少し感じますが、副作用も少ないので安心して試すことができます。化学成分を用いることができないので都合よく使いやすくすることができません。そのため相性次第のところもあるオーガニック化粧品ですが、肌に合うものを見つけることが出来れば、5年後10年後の肌が楽しみになりますよ。

オーガニック化粧品の正しい使い方とは

オーガニック化粧品のお手入れとは植物療法と同様に自然治癒力を上げながら身体全体のバランスから総合的に肌を育てていくという特徴があります。化学成分で積み重なった今の肌をシンプルにゆっくりと健康的で美しい肌へと育てて行くのがオーガニック化粧品です。

少しずつ内側から変わっていくので、初めのうちは効果がないと決めてしまいがちですが、ひどい乾燥や肌荒れを起こしていなければ問題はありません。オーガニックコスメの良さを感じるためには、長い目で見て使い続けると良いですね。

オーガニック化粧品の注意点

オーガニック化粧品を初めて試すなら、気になるポイントも押さえておくことがリスクを避ける賢い方法です。注意したい点をご紹介しますね。

1.アレルギーがあることを理解する

化学成分で調整することなく植物由来成分で作られているので、特定の植物やアレルギーの心配のあるものに反応が出てしまうこともあります。使用されている原料や成分をかならず確認するようにしましょう。オーガニックコスメは注目の高さから最近は様々な商品が出回っていますので、アレルギーの心配がない商品もきっと見つけることができますよ。

2.使用期限を意識する

植物由来成分だけで作られたオーガニック化粧品は使用期限が短いものがあります。中には防腐剤を使っているオーガニック化粧品もありますが、一般的な化学化粧品よりも使用期限が短いものが多いです。使用期限を過ぎている化粧品は効果を最大限に発揮できていませんし、劣化している化粧品で肌荒れを起こす可能性もあります。いつも以上に使用期限をマメに確認しておきましょう。

3.清潔に保つようにする

オーガニックコスメには保存料や防腐剤などの化学成分が含まれていないこともあります。そのため開封後は容器を清潔に保つように扱いましょう。人の手には様々な雑菌がたくさんついていますので、ボトルの口に手が直接触れないように注意しましょう。スパチュラなどの道具を利用しても良いですね。

また大気中にも実は雑菌がたくさん存在します。フタを開けっ放しにしていると雑菌が容器に入りやすくなります。使用後はすぐにフタを閉めるように習慣にしましょう。

オーガニック化粧品の効果をアップさせる方法

自然治癒力を上げて肌を整えていくためには、身体の健康についても考える必要があります。疲れや体調が良くない時には肌の調子も良くないこともありますね。まずは身体に摂り入れるものについて。毛穴は第二の排出器官と言われるほど食べたものと肌の調子は大きく係わっています。

そして質の良い睡眠も肌を大きく回復させます。22時から2時までは肌のゴールデンタイムと言われるほど良い肌作りには欠かせない時間帯です。またストレスにもご注意下さいね。

肌にじっくり語りかけながら、ライフスタイルを振り返ってみて下さい。健康で丈夫な肌作りとは今までの自分を見直して自分自身を大切に扱うことのようですね。いつまでも美しく若々しい肌をぜひ目指してみませんか?

スポンサードリンク
オーガニックの関連記事
  • 化学療法と植物療法からオーガニックコスメの考え方を理解する
  • 化学化粧品と無添加化粧品とオーガニック化粧品の使い分け方とは
  • 日焼けによる炎症を抑えるには?正しいアフターケアで肌を守る
  • 日焼け対策を食べ物でする方法とは?NGな食べ物もチェック!
  • オーガニックは意味がない?良いコスメに出会うためにできること
  • オーガニックシャンプーとノンシリコンどちらが良い?選び方とは
おすすめの記事
頭が痛い
目は頭に近いため、目の調子が悪いと頭が痛くなることがあります。そのため、目になんらかの病気がある場合、頭が痛いと感じることもあるのです。 目...